toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

原理主義の罠

カルト可視歴史観とネオリベの野合、安倍国家主義がもたらす日本の危機!/国民主権(日常生活と未生・未来)を守るため「原発、格差、非効率税制イロ―ジョン(min.10兆円/年当の税収取漏れ)」切り口の財政改革が急務

(プロローグ)「レーゲンスブルク大聖堂、シャルトル大聖堂、シャルトル・ブルー」を 人間的「可視歴史観」で想像する ・・・ドイツのゴシック教会の代表であるケルン大聖堂と似ているとされるレーゲンスブルク大聖堂(左上画像)は、二本の尖塔(高さ105m…

『私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム)』と対峙し苦闘するEUの深層にあるもの、見据えるべき二つの歴史的原点

【参考動画】Lara Fabian "A Gottingen" (1997/独連銀・金評価替問題が厳格なドイツ財政規律意識の原点) ・・・ティートマイヤー元独連銀総裁、http://xtw.me/XhgKv53 より。 独連銀・ティートマイヤー総裁は、東西統一後の財政赤字で苦しむ独政府からの…

自分の現実だけを国民へ押付ける原子村&財務省主計局の傀儡、野田民主党の錯誤増税政策

山中千尋 - YAGIBUSHI (LIVE IN TOKYO) フェイスブックのCEOザッカーバーグ氏(27歳)は年収1ドルに、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120204/t10015779411000.html ただ、ザッカーバーグ氏が保有する株式28%を1千億ドルと仮定すると、その評価額…

国民主権(三権分立)を無視し核・放射能拡散ゾンビ「国策原発」の保証人を務める“お白洲型” 日本司法官僚の犯罪(続、原発輸出編)2/2

【抜粋−1】 ・・・[3−2「国策原発の保証人を務める“お白洲型”日本司法官僚」と「野田政権の原発・二枚舌国際ショー」の相乗効果によって高まる、天文学的な巨額国民負担発生の可能性]より・・・ <原子力ルネッサンス>について『原発の不都合な真実http:…

国民主権(三権分立)を無視し核・放射能拡散ゾンビ「国策原発」の保証人を務める“お白洲型” 日本司法官僚の犯罪(続、原発輸出編)1/2

【抜粋−1】 ・・・[3−2「国策原発の保証人を務める“お白洲型”日本司法官僚」と「野田政権の原発・二枚舌国際ショー」の相乗効果によって高まる、天文学的な巨額国民負担発生の可能性]より・・・ <原子力ルネッサンス>について『原発の不都合な真実http:…

国民主権(三権分立)を無視し核・放射能拡散ゾンビ「国策原発」の保証人を務める“お白洲型” 日本司法官僚の犯罪(1/2、国内編)

【参考動画1】ドイツZDFテレビ「福島原発労働者の実態」 (原発植民地型化した日本偽資本主義の象徴) 【参考動画2】Lara Fabian‐Voir un ami pleurer (泣く友を見る) This song is performed by Jacques Brel and appears on the album Les Marquises (19…

フクシマが象徴する「原子力政策=国家スキャンダル(国家犯罪)」についての論考、「放射能を必要以上に怖れる母親らは真正カルトなのか?

【参考動画】Die Folgen von Fukushima ドイツTV 福島原発、その後(日本語字幕) 1 人間が辿りつく過酷な地獄の極みを描いた恐るべきゴヤ芸術の真髄、それは現代日本の<狂気の原発一穴型擬装資本主義>に通底する異常な男性原理の暴走 <注記>原発一穴擬…

未だに脱原発を異端視する気配の日本が真執に学ぶべき独・仏の原発事情(傲慢な『原発一穴資本主義』終焉への予感)

【プロローグ動画&画像】 Lara Fabian - Je suis Malade(I'm Sick) P.ブリューゲル『狂女フリート』 ・・・Pieter Brueghel the Elder(ca1528-1569)「Dull Griet(Mad Meg)」c. 1562 Oil on panel 117.4 x 162 cm Museum Mayer van den Bergh Antwerp ・…

「大連立(大政翼賛)、原発一穴主義、TPP」必要論(買弁特権層・経団連・メディア合作)に潜む「ウソ吐き原子村パラドクス」の罠

<注記>「ウソ吐き原子村(自己言及)パラドクス」の罠なるループ型フローについて ⇒ 日本は強い国だから、皆で原発と放射能を喰らって頑張ろう! ・・・当記事の表題に書いた<「ウソ吐き原子村(自己言及)パラドクス」の罠>が意味するところをフロー(流…

パソナで1億円、竹中の不敵な笑み“自由は選挙の時だけ、それが終われば皆奴隷”エヘヘ

【プロローグ/画像】Lara Fabian - Il Ne Manquait que toi 【画像】ドイツの花と犬たち(Souvenir Ser. 2007年4月、撮影) ・・・この他の画像はコチラ → http://photo.thi.jp/v/toxandoria/?g2_page=1 ・・・・・ ・・・前、略・・・ そのように「構造改…

自民崩壊の必然=医療保険改革で“弱者”を凝視するオバマ、“弱者”をホンネで見捨てる麻生

【画像】仙台近郊、8月の風景(2009.8.27) <注記> 当内容は、下記の続編の位置づけなので、コチラも是非参照乞う。この記事(★)には、<米国における医療保険制度の現状=恐るべき惨状>が纏めてある。 ★2009-08-25toxandoriaの日記/米国民『オバマ国民…

米国民『オバマ国民皆保険』拒否の謎、“ランディアンカルト感染症“への警戒の勧め

<注記> この内容は、初めの表題が分かりにくかったので、いったんUP済みの下記★を再掲するものだが、若干の加除・修正と省略部分がある。 ★[原理主義の罠]ポスト総選挙に向けて、“ランディアンカルト感染症への警戒”の勧め、http://d.hatena.ne.jp/toxando…

ポスト総選挙に向けて/“ランディアンカルト感染症への警戒”の勧め

[副題/Souvenir] 2009年春/チェコ・プラハの印象(1) 仙台近郊、8月の風景(2009.8.24) (Souvenirヘのプロローグ/“ランディアンカルト感染症への警戒”の勧め) 8月21日にバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が“世界的な経済成長の回復への見通…

検察審査会・関連“法改正”に漂う「小泉⇔検察」蜜月が漏らしたスカシ屁の名残

[副 題] “政権与党&司法”蜜月の日本! そのザマで“イラン国策大統領選”を嘲笑えるか? <注記>この内容は、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090622の[副題]と当初の[表題]を入れ換えたもので、内容はほぼ同じです。 【画像1】「プラハ城、聖ヴィート…

“政権与党&司法”蜜月の日本! そのザマで“イラン国策大統領選”を嘲笑えるか?

[副 題] 検察審査会“法改正”に漂う「小泉⇔検察」蜜月が漏らしたスカシ屁の名残 <注記>右上の画像『カレル橋とプラハ城の風景』はhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/ias/soukain/introduction/section/civilization/domain/area.htmlより。 【画像1】「プラハ…

「米国型『市場原理主義』の『狂信徒集団』たる経団連&自民党の“錯誤・狼狽ぶり”の笑止」の残響

【画像1】映画『宮廷画家ゴヤは見た』 → 10月4日から全国ロードショーが開始します(http://www.beltek.co.jp/goyasghosts/) ・・・この画像は、http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD13343/gallery/p004.htmlより 【画像2】Goya's Ghosts - Tra…

米国型「市場原理主義」の「狂信徒集団」たる経団連&自民党の“錯誤・狼狽ぶり”の笑止

【画像】コロー『モントフォンティーヌの想い出』 Jean-Baptiste Camille Corot(1796-1875)Memory of Montefontaine 1864 Oil on canvas 65 x 89 cm Louvre Paris 、 France. コローの時代は、29歳で夭折したドイツ・ロマン派の詩人、ノヴァーリス(Novali…

「市場原理によるデータ主体権の破壊」に抗うEU、政局優先で「その破壊傾向」を隠蔽する日本政府

<当【加除修正版】のプロローグ/新しい権利概念“データ主体権”について> 当記事は、下記★の【加除修正版】です。市場原理の牙が破壊しつつある「人権」は啓蒙思想に由来する概念ですが、アンバンドリング、デュー・デリジェンス、ベスト・エフォートなどIT…

「市場原理」の人権破壊に抗うEU、国民へ向かうその牙を擬装・隠蔽する日本政府

【画像1】デオダ・ド・セヴラックの風景(右上の画像はhttp://www.geocities.co.jp/MusicHall/6119/museum/severac/より) Deodat de Severac(1872−1921) ・・・この画像は、http://www.hmv.co.jp/search/artist/works/000000000046297/より セヴラックの故…

福田総理『あわわわわ〜!』のもう一つの真相

【画像0】平原綾香 アリエスの星 【画像1】Jupiter - 平原綾香 ・・・やはり、平原綾香さんの「ジュピター」が京都には似合うと思います。 【画像2】京都、晩秋の風景2007/嵐山周辺 【画像3】京都、晩秋の風景2007/常寂光寺 【画像4】京都、晩…

国家情報評価に透ける“日米軍事同盟”原理主義の錯誤

【画像1】京都、晩秋の風景/ライトアップ・清水寺(2007年12月1日、撮影) 【画像2】京都、晩秋の風景/東福寺(2007年12月2日、撮影) ????? これらの画像は、当記事内容と直接の関係はありません。 ・・・・・・・・・・ 2007年12月3日に 発表された米国…

日本の軍需・防衛利権にたかる「五匹のハエ」とは?

<注1> 当記事は、[2006-09-25付toxandoriaの日記/2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/Appendix3、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20060925]の内容を補正し、一部加筆のうえ[原理主義の罠]及び[Souvenir Ser.]として再度UPするも…

もう一つのイタリア美術都市、パルマから見えた「美しい国」の欺瞞性

[画像の解説] 【画像1】コレッジョ『聖母被昇天』(Parma Duomo) Correggio(Antonio Allegri/ca1494-1534)「Assumption of the Virgin」 1526-30 Fresco 1093 x 1195 cm Duomo 、 Parma パルマのドウオーモ(Duomo Parma) http://www.aboutromania.com/…

『美しい国の暗いシナリオ』と論憲の視点

下記のシリーズ記事で『美しい国』の暗いシナリオが浮き彫りとなりました。 2007-05-19 「むき出しの斧」を欲する“美しい国の妖しい情熱”(1)、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070526 2007-05-22 「むき出しの斧」を欲する“美しい国”の妖しい情熱(2…

「観念的同時」と「権力の暴力的本性」について

東ローマ皇帝・ユスティニアヌス1世 Wikipedia、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Meister_von_San_Vitale_in_Ravenna_004.jpgより kaisetsuさまの記事[内なる光の構造]、http://blog.kaisetsu.org/?eid=552060からヒントを得て、連想が働…

「日本人のカルト性」をめぐる対話

ドイツの風景(フュッセン) 2007.4.8、toxandoria撮影 国民投票法案が、5月14日に参院憲法調査特別委員会で採決され、与党の賛成多数で可決しました。しかし、問題は安倍普三・首相らが目指す“改憲のホンネ”が冷静な議論の俎上に上っている“部分的な”<改憲…

“狂女フリート”が黙示する「美しい国」のシミュラクール

<注1>この記事は、[日本政治の「カルト&バイオポリティクス」化への懸念、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070513]のコメントへお返ししたresponseに少しだけ加筆し、rewrightしたものです。 <注2>初期キリスト教の『黙示』(apocalypsis)とは、…

日本政治の「カルト&バイオポリティクス」化への懸念

聖ローレンツ教会(ニュルンベルク、toxandoria撮影2007.4.6) <注>当記事は[改憲論に潜入するカルトの誘惑(4/終章)、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070512]への補足的な位置づけです。 最近の記事内容に関し、“toxandoriaは護憲の立場を言い募る…

「日本改革の美」に酔う「擬装右翼」の妄執的感性の危険性

[当記事の前提となること=当《試論》の原点] 安倍政権が掲げる「美しい国」が現実的に何を目指すかが一向に理解できないだけでなく、今や、その政策が悉く矛盾の壁に突き当たっていることは周知のとおりです。この小論は、その個別の齟齬を論(あげつら)う…

<妄想>世界同時株安と円高ドル安の観察

<注>この記事はまったくの<個人的妄想>であり、論理整合性と事実関係は一切無視している。また、上の「チャート図」は当記事の内容とは無関係である。 ・・・・・ 「六カ国協議」を進展させることになった「北朝鮮とアメリカの手打ち」のための予備会談…