toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

机上の空論

ブルターニュのシンガーソングライター、ノルウェン・ルロワ/ボーダーランドにおける正統保守の意義の再発見

・・・<注記>右上端の画像は、ブルターニュ地域圏の中心都市レンヌ市の紋章。 (プロローグ)正統保守の意味を忘却し、亡霊の如き「近世日本における伝統テロリズム」(追憶のカルト)の精神構造にドップリ嵌り、殆ど「うすら馬鹿」と化した安倍晋三らの深…

小泉・竹中『市場原理ポルノ劇場』が陵辱した日本社会の愛のエクリチュール

(注記0) 当記事は、下記★を参照しつつ新しい情報に基づいてrewriteしたものです。 ★2008-05-01付toxandoriaの日記/『小泉ポルノ劇場』が毒牙にかけた日本社会のエクリチュール、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20080501 【画像】ベルリン、カイザー・…

“「触知型崇高美」への無理解で「擬装右翼の暴政」に凌辱される日本国民の不幸”の反照

<注記>右上の画像はハイデルベルクの精霊教会(2007年4月、撮影) ●下記記事◆へのコメント・TB&レスを関連記事[007-08-01付toxandoriaの日記/2007年春、ドイツ旅行の印象[ハイデルベルク編]/副題:「原発の未来」に必須の「環境リスク・コミュニケーショ…

「触知型崇高美」への無理解で「擬装右翼の暴政」に凌辱される日本国民の不幸

【画像1】ガルミッシュ・パルテンキルヒェンから「ヴィースの巡礼教会」(Wieskirche)へ向かう道(2007年4月、撮影) 【画像2】札幌、夏の風景(2008年8月、撮影) 【画像3】Lara Fabian -La difference (アナクロな擬装右翼政党の暴政に凌辱・蹂躙され…

パワハラ同然の「対日規制改革要望」評価の“二重擬装呼ばわり”に肝を潰す福田政権

その大いなるもの−時の残照ー Something Great vol01(この記事の枕詞) (プロローグ/パワーハラスメントの定義) パワー・ハラスメントとは、『職務上の上位にある者が、本人が意識する、しないにかかわらず、その地位及び職務上の権限を背景に人権を侵害…

「市場原理に犯され続ける」日本政府の愚鈍と「アイルランドの“ノー”に目覚める」EUの知恵

La Boheme-Charles Aznavour Lara Fabian - Tout <注記> ●当記事は[2008-06-15付toxandoriaの日記/「自公政権の人権無視」&「傲慢・横暴化する福田政権」の深層、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20080615]へのコメント&レスを再録したものです。 ●た…

日光・月光が暗示する、自公型の「政治的事故」を回避する知恵

La Boheme- Charles Aznavour ・・・右上の小さな画像は、http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fm20070201a1.htmlより 【画像】日光、月光菩薩像(平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」/5/31観賞、於・東京国立博物館) 日光菩薩像 月光菩薩像 ・・・日…

薔薇は理由なく咲き、自公はわけなく朽ち果てる

<注記> ●テーマが見えにくかったので、【A.ジレジウス『薔薇は理由なく咲く』、その人間的実存の意味】を改題して再度UPしました。 ●本日、ようやく野党は福田首相に対する問責決議案を参院へ提出するようです。J.ロック流に言えば“絶対多数の国民の支持”…

A.ジレジウス『薔薇は理由なく咲く』、その人間的実存の意味

[副題/スーベニール・シリーズ]2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/ゲント編/ 『啓蒙とは、人間が自分のせいでとどまっている未成年状態から脱却することである』(イマニュエル・カント) ・・・これは、フランス革命が勃発する以前に…

ヒールをヒーローと偽り、セーフティネットを壊した自公政権とマスコミの知的不誠実

<注記1> この記事は、[2008-05-10付toxandoriaの日記/暴政権力をもて“遊”ぶ小泉前首相らに媚びつつ『大衆の狂気』を煽る愚劣なマスゴミ、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20080510]への[反照(TB&レス)]に若干の補足を加えUPしたものです。 <注記2>…

暴政権力をもて“遊”ぶ小泉前首相らに媚びつつ『大衆の狂気』を煽る愚劣なマスゴミ

<注記> この記事は、下記(シリーズ記事◆)に代わるものです。『大衆の狂気』(戸惑う、不安な現実感覚)を煽るための“ウソづくしであった小泉劇場”の計略に嵌った多くの日本国民が、貧富差の拡大、止め処ない凶悪犯罪の増加、中枢暗黒・利権政治の温存、後…

「タリバン大仏破壊、廃仏毀釈、小泉的なもの、ポスト福田」のデジャヴュ的妄想

[副題]「『小泉ポルノ劇場』が毒牙にかけた日本社会のエクリチュール」の反照 【画像1】Lara fabian - Je suis mon coeur (Live) 【画像2】 Pas san toi - Lara Fabian もう約7年も前のことですが(2001年3月)、アメリカの経済制裁下で窮地に嵌ったアフ…

【復刻版】『小泉ポルノ劇場』が毒牙にかけた日本社会のエクリチュール

<注記> この記事は[2005-08-29付toxandoriaの日記/『小泉H.C.ポルノ劇場』が蹂躙するエクリチュール]を【復刻】したものです。 ただ、この記事の内容は、無残にも[・・・?????????????ecriture???????????????????u????????????H????・??????????????????]…

冷血・外道で悪徳まみれの『小泉・前首相カムバック』に国民は何を期待するのか?(2)

【画像】ヤン・ブリューゲル『木製花瓶に生けた花』 Jan Bruegel the Elder(1568-1625/ピーテル・ブリューゲルの次男) 「Flowers in a Wooden Vessel」 ca.1606-07 Oil on Wood panel 98×73cm Kunsthistorisches Museum 、Wien(右上の画像は“角館の桜”の…

冷血・外道で悪徳まみれの『小泉・前首相カムバック』に国民は何を期待するのか?(1)

【画像1】ジェリコー『エプソンの競馬(1821年のダービー)』Theodore Gericault(1791-1824)「The Derby at Epson 1821」 Oil on canvas 92 x 123 cm Louvre 、 Paris ジェリコーは大作『メデューズ号の筏』(1819、Louvre/参照、http://www.abcgallery.co…