toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

『1439年、東西統一公会議』の現代的意味(2)

toxandoria2006-04-19


ポントルモ『(大)コジモの肖像』 Jacopo da Pontormo(1494-1556) Cosimo il Vecchio c. 1520 Oil on panel, 86 x 65 cm Galleria degli Uffizi, Florence

【画像説明】

1520年頃、イタリア・ルネサンスの絵画は盛期ルネンサンスを越えて新たな個性の時代、いわゆるマニエリスムの時代(ほぼ後期ルネサンスの時代に重なる)にさしかかっていました。ポントルモは、このマニエリスムの代表的な画家の一人であり、すぐれた肖像画を残しています。マニエリスム(Manierismus、Mannierism/http://www.salvastyle.com/collect/00_mannierism.html)は、カトリック側からの反宗教改革の気分とも結びついており、緊張・不安・熱情などの人間の内面世界を表出しています。

この『(大)コジモの肖像』は、それより以前に描かれた既存の肖像画などを参照しながらメディチ家の“創業者”である(大)コジモを称賛する目的で描かれたものです。このため、いわゆる写実的肖像画ではなく偉大なるメディチ家の卓越した“創業者・(大)コジモ”(Cosimo il Vecchio/Vecchioは英語のelderに相当する語で、後のトスカーナ大公コジモ1世(Cosimo1/1519-1574)らと区別するためCosimo il Vecchioと呼ぶ慣わし)を『象徴する絵画』の創造を意図して描かれた肖像画です。
(参照、下記引用:http://www.wga.hu/html/p/pontormo/1/06cosimo.htmlより)

Ordinarily, Pontormo painted portraits studied from life, with a deeper attention to the rendering of appearances than character and personality. The subject of this rewarding portrait is Cosimo il Vecchio, the founder of the Medici clan and the preeminent citizen of Florence during most of his explosive expansion in culture and finance in the fifteenth century. It is, of course, a posthumous representation painted, according to Vasari, for Goro Gheri da Pistoia, secretary to the Medici. It is based upon previous portraits, and particularly a medal, and is thus more a symbolic than a true physical likeness.

余談ながら、後期ルネサンスを彩るマニエリスム流の新しいリアリズム(人間の内面を表出する新しい手法)のヴィジョン(ヴィジュアル・イメージ)は、ヴェネチア派の色彩と一部共鳴しながらバロック絵画、ロマン主義絵画そして19世紀末の象徴主義絵画へと伝えられてゆくことになります。他方、15世紀のヤン・ファン・アイク(Jan van Eyck/ca1390-1441)など個性的な中世ネーデルラント絵画の精緻なリアリズムを受け継ぐ17世紀フランドルのバロック絵画、つまりレンブラント(Rembrandt Harmensz van Rijn/1606-1669)、フェルメール(Johannes Vermeer/1632-1675)なども、このマニエリスムの流れを引き継いだ精華であると見做すことができます。

そして、この二つの流れを創り出した人物、つまり内面のリアリズムの出発点を準備した人物こそが[『1439年、東西統一公会議』の現代的意味(1)]と[同記事(Intermission)]で取り上げた、フランドルの油彩技法を初めてイタリアへ伝えたとされるイタリアの画家アントネッロ・ダ・メッシーナ(Antonerro da Messina/ca.1430-1479)だと考えられます。

・・・・・・・・・・

  ウンベルト・エーコの小説『薔薇の名前』の舞台となった「1327」年から113年後の1439年、ビザンツ東ローマ帝国)皇帝ヨハネス・パレオロガス8世(Johannes VIII. Palaiologos /1392-1448)を筆頭に多くの司教・神学者・官僚たちから成る総勢700人を超える大集団が、コンスタンチノープルからフィレンツェにやってきました。これは、1434年に政敵アルヴィッツイ(Alvitti Family)の国外追放に成功して、フィレンツェの実質的な支配者となっていたメディチ家の(大)コジモ(Cosimo de' Medici/ 1389-1464)が、深謀遠大な政治的配慮から「東西統一公会議」をフィレンツェに誘致したためです(イタリアで初めての公会議は1437年からフェラーラで行われていたが、フェラーラの財政的困難と疫病流行に直面したため、教皇庁の金融を請け負うメディチ家の(大)コジモの申し出を受けて公会議フィレンツェへ移転した)。コジモは、ラテン語ギリシア語・ヘブライ語アラビア語・ドイツ語・フランス語を理解できる人文主義的な高い教養とともに権謀術数の政治感覚と希代のビジネス感覚を併せ持つ異能の人物でした。コジモの内心の政治的狙いは、自分が大衆(ポーポロ・ミヌート/Popolo Minuto/小市民=ポピュリズムの語源)の味方であることを上辺で徹底的に装うことでした。この点、(大)コジモは天才的な偽善的策士でもあったようです。それは絶対多数を占める大衆(国民の過半を占める小市民たち)の反感・羨望・嫉妬を招かないように上手く仕向ける技に長けていたということです。

  そこでコジモが採った戦略は、現代風に言えばメディア・コントロール(情報操作)です。政治形態に関しては、表向き・形式的な(建て前上)の「共和制」を絶対に破ることがないように気を配る一方で、各種の専門・審議委員会や行政機関が親メディチ派で占められるよう背後から徹底した人選に目配りをする(財政・資金面が絡む人事権を独占)一方で、ゲシュタポ的な秘密警察組織を巧みに活用しました。また、「情報操作」のために「メコネサンス象徴」としての芸術・文学・学問及び祭り(今風に理解すれば祭りの主催はメディア戦略)の活用が有効であることに気づいており、そのための主要な手段の一つが御用学者たちを総動員することでした。(メコネサンスの詳細については、以下のBlog記事を参照、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20050419)コジモは、このように周到な政治的配慮の下に1439年の「東西統一公会議」をフィレンツェに誘致したのですが、その具体的目的は下記の二点(●)にありました。

キリスト教・東西教会の融和の仲を取りもつことで、ヨーロッパにおけるフィレンツェの政治的・文化的地位を高める

ビザンツとの親交を背景にして東方貿易に有利な立場をつくる

  いずれにせよ、この会議を誘致した効果は絶大で作戦どおりにコジモの名声が一挙に高まりました。一方、ビザンツ側には、ひしひしと迫り来るオスマン・トルコの脅威に対抗するため、西方教会カトリック)側、つまりヨーロッパ諸国へ支援を求めざるを得ないという背に腹を変えられぬ事情もあったのです。つまり、ティムール帝国(建国者ティムール(Timur/1336-1405)が15世紀前後に中央アジアから西アジア辺りを支配した/彼らはイスラム化したモンゴル人であり、シルクロードを結ぶ東西貿易の利益で栄えたが内紛とウズベク族の侵入で衰退する)の滅亡後に勢いを増していたオスマン・トルコがビザンツ攻略を虎視眈々と狙っていたのです。しかし、このような努力もむなしく、1453年にコンスタンチノープルオスマン・トルコの第七代スルタン、メフメット2世(Mefmet 2/1482-1481)によって滅ぼされることになります。その時、哀れにも誇り高い皇帝ヨハネス・パレオロガス8世の首は円柱に高く吊されました。また、15世紀末頃にはヴェネチアの画家ジェンティーレ・ベッリーニ(Gentile Belline/ca1429-1507/ヴェネチア派の画祖とされるベッリーニ一族(父ヤコポ、長男ジェンティーレ、次男ジョバンニ)の中で最も優れていた)がヴェネチアの友好使節としてトルコを訪問してエキゾッチックなメフメット2世の肖像画(http://www.abcgallery.com/B/bellini/gentile5.html)を描いたというエピソードがあります。

  ところで、この会議に参加した文化的先進地・ビザンツからの来訪者たちはギリシア語を使っていたため、会議では通訳が必要でした。しかし、これが契機となってフィレンツェではギリシア語のブームが巻き起こり、ギリシア語の学習とギリシア文化の研究が盛んに行われるようになります。この時に来訪した学者たちの中にはベッサリオン(Johannes Bessarion/ca1395-1472)、ゲミストス・プレトン(Georgius Gemistosr Plethon,/ca1355-1452 )などのきわめて優秀なギリシア哲学者(古代ギリシア哲学の研究者)たちがおり、特にプラトン学の最高権威であったプレトンは、コジモから懇請されたこともあってフィレンツェに暫くのあいだ逗留することになります。この時、ギリシア語の原典に基づくプラトン派とアリストテレス派の激烈な対立論争の熱風がフィレンツェ中に巻き起こりました。やがて、それはヨーロッパ中に大きな波紋となって伝播することになりますが、特にフィレンツェでは哲学分野での古代ギリシア研究が熱心に行われるようになります。このような動向の中で、(大)コジモは1440年に「プラトン・アカデミー」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC)を創設します。この学園の中からマルシリオ・フィチーノ(Marsilio Ficino/1433-1499)に代表される「フィレンツェプラトン主義」(新プラトン学派)のアカデミズムが興隆します。このような歴史的な背景の中から、別に言えば壮大な“東西文化融合の坩堝”の中から、極限まで洗練されたヴィジュアル・イメージを伴う非常に完成度が高い「フィレンツェルネサンス文化」が開花することになったのです。

  既に、[『1439年、東西統一公会議』の現代的意味(1)]で触れたとおり、これに先立つ時代にもギリシア語からラテン語への翻訳、あるいはアラビア語の文献からラテン語への翻訳の流れ(イスラム文化との交流ルート)が複数存在しており、それらの影響も受けながら、特にイタリアでは他の地域に先駆ける形でウッチェルロ(Paolo Uccello/ca137-1475)、フラ・アンジェリコ(Fra Angelico/1387-1455)、フラ・フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi/1406-1469)、サンドロ・ボッティチェリ(Sandro Botticelli/ca1444-1510)らが活躍を始める「初期ルネサンス」(1420年頃〜1500年頃)の時代に入っていました。そして、この1439年の「東西統一公会議」の大きなインパクトを受けることで、さらにイタリアはフィレンツェを中心としてレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci/1452-1519)、ミケランジェロ(Buonarroti Michelangelo/1475-1564)、ラファエロ(Raffaello Santi/1483-1520)らが活躍する「盛期ルネサンス」(1500年頃〜1570年頃)の時代に入るのです。

(To be continued)