toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

“形象不可能なるものの形象への降臨、受胎告知図”からの反照

toxandoria2006-05-30


<注>この記事は[2006-05-29付、“形象不可能なるものの形象への降臨、受胎告知図”についての考察]へのコメント&レスなどを纏めて、新しい記事としたものです。[2006-05-29]の記事(http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20060529)と併せてお読みください。


・・・・・


【添付画像】ヤン・ファン・アイク『受胎告知』 Jan van Eyck(ca1390-1441)「The Annunciation」 Before 1435. Oil on wood transferred to canvas. The National Gallery of Art, Washington D.C., USA.
・・・お手数ですが、大きな画像は下記URLをクリックしてご覧ください。
http://www.abcgallery.com/E/eyck/eyck19.html


■toxandoriaの日記[2006-05-29“形象不可能なるものの形象への降臨、受胎告知図”についての考察] へのコメント、レス & et al


#renshi  to 『toxandriaさま


この論考は、鋭いと思います。今は、余裕がないので、十分には述べられませんが、イタリア・ルネサンスの可能性に触れているからです。


私は、ルネサンス肯定派で、プロテスタンティズム否定派です。これは、差異と同一性に換言できると思います。
イタリア文化のベースには、差異があると思います(cf.エトルリア文化)。これが、ルネサンスで発出したと思っています。しかし、ギリシアの古典主義的発想に強く囚われています。しかし、初耳のカルロ・クリべりには、イタリア文化本来の過剰性があるように思えました。


つまり、形象不可能なるものが、基本的にイタリア土着文化にはあり、それが、クリべりに表出したのではと思います。


思えば、ダ・ヴィンチミケランジェロにも過剰性はありますが、それを古典主義に収めてはいけないでしょう。
イタリア文化の形象不可能なるもの、これが、現代において、もっとも重要ではと思います。


プロテスタンティズムは、私見では、この反動です。現象的形象に閉じられていると思います。現象リアリズムです。


受胎告知とは、不連続的差異論的には、イデア界のメディア界化ではないかと思います。これは、母権的神話に表現されているものだと思います。イシス・オシリスキュベレー・アッティス、ヴィーナス・アドニース等と同様でしょう。キリスト教もこのパターンが本来でしょう。聖母マリアとイエスです。今は、ここで留めます。』



#toxandoria to renshi 『コメントありがとうございます。



“イタリア・ルネサンスの可能性”、“プロテスタンティズムにある誤謬の芽”(すべてが誤謬とは思っていませんが・・・)、“イタリア文化のベースに差異がある”などについて、まったく同感の想いがします。



一般的には誤解されるであろうことを承知で述べますが、世界中の人々が、また日本人の多くがイタリアに憧れ続ける深層には、これらの問題が潜んでいると思います。恐らく、それは無意識に近いことだとは思いますが。



そして、実はこのイタリアの魅力の大部分は、日本人の場合もそうだと思いますが、もはや現実には失われてしまった自らの国々の土着文化の反照を見ているのだと思います。



それは、例えば、今、郷里で過ごされているrenshiさまが感じている“田舎の空気、風のそよぎ”のような土着的なスピリット(気配/http://ameblo.jp/renshi/entry-10012984866.html)のようなものではないでしょうか。それが、高度な美術や建築物あるいは魅力的な街並みや自然景観として現実に存在するのがイタリアではないでしょうか。



これから、少し前に書いたヴェネチア派に関する考察を新しい記事としてレニュアルしてみたいと思っております。



それから、参考までとして、toxandariaが加入しているML付属の掲示板に於いて遣り取りしたレスの一部を下に転載しておきます。偶然ですが、話題が、同じような方向へ進み始めているようです。


#イオン 『Toxandoria様


前回はどうも「釈迦の耳に説法」的なコメントで失礼しました。



さて今回のrenshi様のコメントに付け加えるとすれば、マリアへの受胎告知はイスラーム聖典クルアーンコーラン)でも記載されています。クルアーンの第19章は「マルヤム(マリア)の章」と題されています。「聖霊」がやってきてマリアに受胎を告げ、イエスを出産し、イエス預言者であると宣言するまでの物語は同章第16節から第34節を御覧下さい。



またrenshi様の言われる「イデア界のメディア界化」とは難解で今ひとつ理解出来ないのですが、私なりに一言加えさせて頂きます。受胎告知をする天使ガブリエルはイスラーム哲学のイブン・スィーナー(アヴィセンナ)などでは知性世界を形成する十の知性体のうちの最下位の存在に結びつけられることがあります。


またこの第十の知性体はアリストテレス主義の伝統の知性論でいう人間の知性を現実化する能動知性と結びつけられますし、またイブン・スィーナーによればこの知性体=天使がこの月下世界=地上世界の造物主となります。つまり知性世界(=イデア界、叡智界)の中でも地上世界に関わりの極めて深い存在となります。(以上H. Davidson, ”Alfarabi, Avicenna, and Averroes on Intellect” (New York/Oxford: Oxford UP, 1992), H. Corbin, ”Avicenna and Visionary Recitals,” tr. W. trask (Princeton: Bollingen Foundation, 1960)など参照)。


この天使が地上世界のマリアに現れて受胎告知するのですから、イブン・スィーナ−などの表象を借りれば、マリアのいる風景を一瞬だけでも叡智界=知性世界化すること、と言えないこともないでしょう。それを絵画化や物語の中で表彰することを、叡智界=知性世界がメディア化する、という意味に私なりに解釈しております。どうも失礼しました。


Toxandoria様、いつもながら思索へと人を強く促す論考を有り難うございました。またrenshi様にも興味深いコメントで思索させて頂きましたこと御礼申し上げます。』


# イオン 『申し訳ありません。


文章が乱れていますので、訂正致します。


クルアーン第19章「マルヤムの章」についてですが、「「聖霊」がやってきてマリアに受胎を告げ、イエスを出産し、イエス預言者であると宣言するまでの物語」を


聖霊」がやってきてマリアに受胎を告げ、マリアがイエスを出産し、イエスが自分が預言者であると宣言するまでの物語」と訂正致します。失礼しました。』



# toxandoria 『イオンさま、コメントありがとうございます。


こちらこそ、駄文をお読みいただくことになり申し訳ないと思っております。


「マリアのいる風景を“一瞬だけでも”叡智界=知性世界化する」ということからすると、“形象不可能なるものの形象への降臨”、つまり「受胎告知図」の真理を理解することがなかなか困難であることが分かるような気がします。


それから、renshiさまも触れていますが、ブッシュ大統領のような世界の覇権を握る王的な存在(つまり、謙虚さに欠けたプロテスタントのマッチョな王)が聖母(マリア)の真理を理解(信仰)できないことが現代世界を“現象リアリズム傾斜”の方向へ向かわせているような気がします。


つまり、これが“悪魔の思う壺”(=冷戦後にカルト的なエセ思想である新自由主義の奔流が生まれたことの悲劇的な意味)なのかも知れませんね。


ただ、大航海時代に入り、新大陸からの銀の大量流入によって急激な物価上昇(インフレ、価格革命)が起こった16世紀において、スペインのサラマンカ大学(創設1218年、世界最古の大学の一つ/http://www.usal.es/web-usal/Ingles/Universidad/Historia/Historia.shtml)のイエズス会派の神学者(サマランカ学派)たちが「公正な価格とは自然な交換(市場での交換)で決まる価格の上でも下でもない」と定義しており、これはその後の新古典派の「限界効用の理論」を想起させるユニークなものとなっていることもわすれるべきではないと思います。


このため、ハイエクは“資本主義の基盤をつくったのはイエズス会の教義だ”とさえ述べているようです。なお、このサマランカ学派の経済思想との関連性は定かでありませんが、16〜17世紀の“日が没することなきスペイン帝国”(ハプスブルグ時代)は、エンコミエンダ(encomienda)と呼ばれる収奪的・暴力的で残忍きわまりない過酷な植民地政策の歴史を残しており、その象徴的な出来事がF.ピサロによるインカ帝国の破壊と殺戮(1532)です。このようにマリアの意味を誤解したカソリック圏の歴史があることも忘れるべきではないと思います。


このような観点から見ると、例えば、EUが市場競争の原理を受け入れつつもアメリカとは異なり社会的連帯、公正、平等など人間の尊厳を守る方向をギリギリの線で模索していることは非常に重要だと思われてきます。


因みに、マリアを意味するヘブライ語のミリアムには「平和の子」という意味があるそうです(http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0359.html)が、これにも宜なるかなの感がしております。


今後とも、よろしくご教示をお願いします。』


・・・ML付属「色々な話題ML用掲示板」のレス“toxandoria to 「真」さま”・・・


『Worldly Goods』の著者Lisa Jardineは、この天から降る光線については特に詳しい説明は書いておりません。ひょっとするとスピルバーグは、例の映画『未知との遭遇』でUFOが天空の雲の渦巻きの中から出現する場面をこのクリベリの絵から着想したのかも知れませんね。


ただ、次のようなことを書いています。


・・・この絵で先ず目を引くのは天空から降りてくる一条の聖なる黄金の光線であり、それは、偶然にも開いていた小窓を通してまっすぐにマリアの頭上に射している。光源に近い空間では聖なる使いの象徴であるハトたちが群れており、この光が特別に聖なるスピリットの流れであることを知らせている。しかし、この絵で聖なるものといえば、この光線と室内のマリア以外では窓の外に居る大天使ガブリエル(左)と聖エミディウス(右)だけである。それ以外に描かれているものは装飾壁や夥しいばかりの高価な品々で溢れかえっている。・・・


なお、有名なフラ・アンジェリコの『受胎告知』では聖母とガブリエルの頭上には光輪が描かれています。光線が描かれている事例は少ないようですが、添付画像のヤン・ファン・アイクのThe Annunciation(http://www.abcgallery.com/E/eyck/eyck19.html)では、やはり左上の聖なる方向から複数の黄金の光線がマリアの頭上に射しこんでいます。


当然のことですが、光線は天なる神のスピリットの可視化であり、これは悪魔が住まう闇を切り開く道具です。余談ですが、光輪が聖人の頭上に描かれているケースが多いのは、もし光輪がないと聖人たちはみな只の浮浪者(今風に言えば路上生活者?)に見えるからだという嘘のようなホンマの話があります。


ところで、この文章を書いたときは構想がまとまっていなかったため脈絡のない内容となり、却ってご迷惑をかけたようですが、本日UPした記事で詳しく書いておりますので、ご覧いただければ有難いです(参照、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20060529)。


なお、日本人が好戦的かどうかの点ですが・・・、戦争好きなことについては東西の区別はないと思っています。欧米人も、アジア人も、日本人も残虐さについては全く同じだと思います。問題は、その残虐さ(悪魔的な部分)をコントロールする知恵を学ぶことが大切であることを理解できるか否かだと思います。「聖母マリアの受胎告知」の意味するのも案外こんなことかな、思った次第です。


それから・・・大事なことを忘れていました・・・クリベリが何故にかくも熱心に豪華な世界中の品々の描写をしたかという問題です。それは、この頃の画家と絵の注文主との利害が完全に一致していたことによるものだと考えられます。この絵はアスコーリ・ピチーノ市からの注文で描かれたものですが、スポンサーたる市当局にとっては、できるだけ多くの豪華な品々を克明に描いてくれる絵が完成すれば、それは市の誇りとなり対外的な威信の高まりという利益が手に入ります。一方、画家クリベリの立場からすれば、豪華な品々をできるだけ多く描く契約をすればするほど実入りが大きくなるという訳です。このような意味での“豊かさの享受”という感覚は、現代社会では殆んど見られないものです。


現代の消費社会は「悪魔」の思う壺に嵌っていますが、歴史の中から“様々な豊かさの享受の仕方があったこと”を掘り起こすべきではないかと思っています。全国いたるところで発生しているシャッター通りや歴史的な街並み空間の陳腐化の問題、あるいは伝統的な美しい自然景観の崩壊などを復元・救済しながら、現在の消費スタイルとは異なるタイプの消費活動の姿(=心の豊かさを追求できる消費のかたち)を再発見できるのではないか、と夢想しています。