toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

露呈した「ブッシュ政権による『地球温暖化研究』への圧力」問題

【画像解説】


『水惑星、地球のイメージ』 presented by 『About:goegraphy』、http://geography.about.com/cs/worldpopulation/a/mostpopulous.htm


●かつて、アメリカでは石油関連の業界団体が『Global Climate Coalition』という連携組織をつくり地球温暖化に懐疑的な世論を誘導・形成するための活動を活発に展開していました(この組織は2002年に解散)。そして、現在のアメリカでも、様々に利害が対立する集団の間では新聞・テレビ・インターネットなど各種のメディア上でお互いに世論を操作(メディア・コントロール)しながら味方を増やすための激しい戦いが進行中です。


●特に『地球温暖化問題』(greenhouse gas emissions)を矮小化しようとする石油関連業界団体の強い意志が存在することは、現在のアメリカ社会が直面する最大の課題の一つであり、ブッシュ大統領が「京都議定書」を離脱した背景には、このようなアメリカの現実問題があったのです。また、石油関連業界が大きな政治資金提供者の一部を構成することから「ブッシュ政権が『地球温暖化問題に関する研究などの発表』へ圧力をかけているという噂は以前から流れていました(参照、下記URL★)。

★『青木陽子の東京-ロンドン行ったり来たり』、http://blog.cafeglobe.com/archives/fromeditor/2006/09/
★『European Selection』、http://plaza.rakuten.co.jp/europeans/backnumber/200609
★『癒し処れいかの日記的帳面』、http://blog.goo.ne.jp/hs-reika/e/e6db740409f67bb2d89ca3d8af7a7215


●ところで、昨晩、たまたま耳に入ってきた「NHKラジオ・ニュース(2007.1.31、PM9:00〜)」から「ブッシュ政権による、米政府機関の地球温暖化研究に対する歪曲強要(政治的圧力)の話題」が飛び込んできて驚かされました。その概要は凡そ以下(■)のとおりです。


●しかし、このニュースは只この一回限りであったようで、その後はNHKラジオでも同テレビでも報じられていないと思われます(無論、全てのニュースはチェックできませんが・・・)。また、ネット・ニュースでも、新聞及び民放テレビなどの報道でも、このニュースは報道されていないようです(toxandoriaが現在までチェックした限りのことですが・・・)。


●ともかくも、この「NHKラジオ・ニュース2007.1.31、PM9:00〜)」の報道内容が事実であるならば、ブッシュ政権による地球上の全人類に対する犯罪的行為だと思われます。それに、日本でも、ブッシュ政権と阿吽の歩調を合わせたような、この問題に関する「報道管制かメディア・コントロール」が存在するならば・・・?それは、まことに恐るべきことです。


・・・・・・・・・・


ブッシュ政権による米政府機関の地球温暖化研究の結果に対する歪曲強要(政治的圧力)の問題」の概要[NHKラジオ・ニュース(2007.1.31、PM9:00〜)]


アメリカの民間団体である「憂慮する科学者同盟(UCS)」と「政府責任究明プロジェクト(GAP)」は、ブッシュ政権が米連邦政府の気象関係機関に勤務する多くの科学者に対し、彼らの研究結果を改竄するように政治的圧力を与えていたことを1/30に明らかにした。


それによると、米政権下で連邦政府機関に勤務する気象学者のうち150人が、過去5年間で延べ435回にわたり「気候変動」という言葉を報告書から削除したり研究結果を政権の方針に合わせるよう求められるなどの「政治的介入」を経験していた。


ブッシュ政権は、温暖化防止対策を定めた京都議定書から離脱し、最近まで地球温暖化と経済活動の因果関係を疑問視する姿勢を維持していたが、昨年11月の中間選挙での与党共和党の大敗の結果、大統領は1月23日の一般教書演説で温暖化は「深刻な問題」との認識を示した。しかし、ブッシュ政権は相変わらず連邦レベルでの温室効果ガス規制には難色を示している。UCSは今回の調査で「政権ぐるみの気候科学への介入が明らかになった」と同政権を厳しく非難している。


この調査関連の結果は下院政府改革委員会の公聴会でも報告された。それによると、約300人の政府関係機関の気象学者のうち、46%が「気候変動」「地球温暖化」という言葉を削除するよう圧力を受けたことがあると回答しており、同じく、その43%が研究結果の科学的意味づけが変わってしまうような内容の変更を強いられていた。また、彼らは米石油業界関係者でホワイトハウス環境評議会の幹部が、研究報告書に手を入れて地球温暖化の影響の印象を弱めようとしたと主張している。


政府改革委員会(民主党)は、政権が気象関連研究の結果を操作しているとの批判が長年あったと指摘し、同委員会が調査目的で関連書類を求めてもホワイトハウスなど連邦機関が拒否している、と強い不快感を示した。 また、「政府責任究明プロジェクト(GAP)」のマッサラーニ代表は“政治目的のための科学への干渉(これが継続的であった)を防ぐために新しい議会行動に着手しなければならない”と述べている。

UCS=Union of Concerned Scientists、http://www.ucsusa.org/
GAP=the Government Accountability Project 、http://www.commondreams.org/news2005/1209-01.htm


・・・・・・・・・・


(参考)UCSのHPから関連部分の記事を以下に転載しておきます。

January、30、2007
Investigation Reveals Widespread Suppression of Federal Climate Research


WASHINGTONーAn investigative report by the Union of Concerned Scientists (UCS) and the Government Accountability Project (GAP) has uncovered new evidence of widespread political interference in federal climate science. The report, which includes a survey of hundreds of federal scientists at seven federal agencies and dozens of in-depth interviews, documents a high regard for climate change research but broad interference in communicating scientific results.


"The new evidence shows that political interference in climate science is no longer a series of isolated incidents but a system-wide epidemic," said Dr. Francesca Grifo, Director of the UCS Scientific Integrity Program. "Tailoring scientific fact for political purposes has become a problem across many federal science agencies." UCS distributed surveys to 1,600 climate scientists, asking for information about the state of federal climate research.


The scientists who responded reported experiencing at least 435 occurrences of political interference in their work over the past five years. Nearly half of all respondents (46 percent) perceived or personally experienced pressure to eliminate the words "climate change," "global warming," or other similar terms from a variety of communications. Forty-three percent of respondents reported they had perceived or personally experienced changes or edits during review of their work that changed the meaning of their scientific findings. And nearly half (46 percent) perceived or personally experienced new or unusual administrative requirements that impair climate-related work.


In contrast, scientists at the independent but federally-funded National Center for Atmospheric Research, who are not federal employees, reported far fewer instances of interference.
The GAP investigation, consisting of 40 in-depth interviews with climate scientists and a review of 2,000 agency documents, revealed that agency media policies often unnecessarily hinder scientists' interaction with the media rather than facilitate public dissemination of their research. For instance, Dr. Drew Shindell, an ozone specialist and NASA climatologist, submitted a press release to announce the publication of a paper on climate change. Press officers significantly watered down language that described his findings, and the new research received little notice by the media.


"Increasingly, scientists and support staff at federal research facilities have been getting signals that climate science is a 'sensitive' topic," said GAP Staff Attorney Tarek Maassarani. "With an issue of this significance, we should be encouraging scientists to tell us what they know about it, and we should listen."


While a large majority of respondents (88 percent) agreed that federal climate research is of generally excellent quality, respondents reported decreasing job satisfaction and a worsening environment for climate science in federal agencies. Two-thirds of respondents (67 percent) said that today's environment for federal government climate research is worse compared to five years ago. At NASA, three in five scientists reported decreased job satisfaction.


"Every day that the government stifles climate science is a day we fail to protect future generations and our planet from the consequences of global warming," said Dr. Grifo. "We need reforms that affirm the right of scientists to fully communicate their research and to blow the whistle when important science is suppressed."


The report urges the federal government to ensure basic scientific freedoms and support scientists in sharing their research with the public, including respecting scientists' constitutional right to speak about any subject in their private lives and allowing scientists to make ultimate decisions about the communication of their research.


"The new Congress must act to prevent the continued interference with science for political purposes," said Maassarani. "A good first step would be for Congress to amend current whistle blower protections to specifically protect the rights of federal government scientists."



===============【ご案内】===============


◆『コメント』は、下記URLの<掲示板>にお書きください。多少のタイムラグは生じますが、<コメント内容の承認後>にレスをつけて該当ページのコメント欄へ公開します。
http://mypage.odn.ne.jp/home/rembrandt200306

◆『トラックバック』は、通常の使い方です。
・・・「toxandoriaの日記、アートと社会」内でノイズが発生することを防ぐためのポリシーです。よろしくご協力をお願いします。


===================================