toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

仙台、晩秋の風景ア・ラ・カルト

toxandoria2008-11-15



<注記>右上の画像は、昨秋の「円通院・ライトアップ」画像より。その他も含め大きな画像は下記URL◆にあります。


http://picasaweb.google.com/toxandoria/200705#


この秋、9月以降の仙台地方は天候不順で雨と曇りの日が多かったためシャッターチャンスが少なく、11月になり漸くお天気が続くと思ったら既に晩秋に入っていました。


このような訳で、例年より少ない写真の中から秋らしいと思われる画像を思いつくまま並べてみたものです。取材範囲は、およそ「松島町(円通院)・大崎市(鳴子)・太白区・仙台中心部(青葉区)・泉区」辺りです。


なお、カバー音楽がテレサ・テンとなったのは、約80年前の「世界大恐慌」と現在の「金融大パニック」の決定的な違いが理解できない森元総理・小泉元総理・安部元総理・渡部昇一らと精神“老化”年齢が相似形のアナクロ・ゾンビ軍人(八紘一宇の理想郷を夢想した石原莞爾“風”を化粧する(装う)餓鬼ゾンビ?)、つまり、くだんの“田母神−アパ論文”騒ぎのせいかも知れません。その辺りの詳しい事情については下記★の末尾(追加記事)をご覧ください。


★2008-11-12付toxandoriaの日記/「田母神・論文、アパ、渡部昇一ら極右支援『奥の院』関連情報」の観察、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20081112


(関連参考情報)


(深刻化する民主党のKY体質?)田母神問題、民主党鳩山幹事長に返り血?それとも「問題にせず」でウヤムヤに?、http://ameblo.jp/m60036856/entry-10161954293.html


「アパ」田母神氏の「核武装談義」 民主鳩山幹事長も出席していた、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000001-jct-soci


田母神&自民党と同じアパの『毒ワイン』を呷(あお)った民主党の弱腰が、政府見解を屁とも思わぬ餓鬼ゾンビを増長させている?、http://netallica.yahoo.co.jp/news/55086


11/11参議院で行われたのは「与野党が田母神さんの意見を「聞く」会だった?」/「田母神論文」問題の本質は“決起”の危険性、http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20081114/112539/


麻生首相ぶら下がり詳報】田母神論文表現の自由は有ります」(11日夕)、http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/194756/


日本の麻生マンガ御大尽が、田母神と共有するアナクロな本心を隠しつつ内外に<計12兆円>をバラ蒔いたから“歴史的なサミットになった?”、http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081116AT3K1600716112008.html


森、小泉、安部らが純粋培養したゾンビ軍人に牛耳られる自衛隊の危機?/アブない制服組に牛耳られる自衛隊http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02039206/1.htm


空気も漢字も読めない新たな「KY」/麻生政権「壊れている」(週刊朝日2008.11.28号)、http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9930


関連団体から献金も!麻生首相がマルチ企業で講演してた(同上)、http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9930


田母神論文は「上杉謙信が女だった」という珍説と同じだ(同上)、http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9930



(田母神将軍の“日本は侵略国家であったのか?!”を考えるための参考資料・・・この資料はネットの浮遊空間から採取/日本がこれ以上壊れないために!/右下の画像は、http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/11/post-3d6a.htmlより



     正しい読み     あそう読み

有無  うむ         ゆうむ
措置  そち         しょち
踏襲  とうしゅう      ふしゅう 
詳細  しょうさい      ようさい 
前場  ぜんば       まえば
頻繁  ひんぱん      はんざつ
未曽有  みぞう      みぞゆう
物見遊山   ものみゆさん   ものみゆうざん
実体経済  じったいけいざい   じつぶつけいざい
思惑  おもわく    しわく
低迷  ていめい    ていまい
順風満帆   じゅんぷうまんぱん  じゅんぽうまんぽ
破綻  はたん    はじょう
焦眉  しょうび    しゅうび  
詰めて  つめて   つめめて
完遂    かんすい         かんつい


【画像1】テレサ・テン、ア・ラ・カルト


心凍らせて、愛人


つぐない


【画像2】仙台、晩秋の風景ア・ラ・カルト


















































【visionary image】清水寺ライトアップ(右下の画像はhttp://yaccyann.maxs.jp/kiyomizuyakei/1.htmlより)・・・征夷大将軍として蝦夷討伐に向かった坂上田村麻呂(伝、中国からの帰化人)は、恭順の意を示したアテルイ平安時代初期に東北地方一帯を支配していた蝦夷軍の領袖)を京都まで連れてきたが、朝廷側はこの田村麻呂とアテルイの和平交渉の意図を裏切って、アテルイを騙まし討ちし、鴨の河原で斬首の刑に処した。このアテルイの鎮魂のため田村麻呂が清水寺の開山に尽力したと伝えられる。