toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

続、「日本核武装論と日本政府」の背後に潜むヤクザ・暴力団(ゴロツキ徒党政治)の伝統

toxandoria2009-08-19



【画像】東京・横浜、夏の風景ア・ラ・カルト


横浜美術館、フランス絵画の19世紀(オルセー美術館展/2009.8.18)
・・・『フランス絵画の19世紀、保守アカデミズム vs 革新派』のHPは
コチラ → http://www.france19.com/






ベルギー・ビールの店『ブラッセルズ神田店』で休憩(2009.8.18)
・・・ベルギー・ビールの店『ブラッセルズ』のHPは
コチラ → http://www.brussels.co.jp/index.html



奥多摩・せせらぎの里 美術館犬塚 勉 展/2009.8.19)
・・・“せせらぎの里 美術館”の案内はコチラ → http://www.okutamas.co.jp/seseragi/information.htm




犬塚 勉『縦走路』(犬塚 勉・展のパンフレットより)・・・NHK日曜美術館での『犬塚 勉の解説』は
コチラ → http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0705/index.html




奥多摩の風景(2009.8.19)






ブリジストン美術館、企画展『うみのいろ うみのかたち』(2009.8.19)
・・・ブリジストン美術館のHPはコチラ  →  http://www.bridgestone-museum.gr.jp/



・・・・・・・・・・


(プロローグ)


・・・以下は、[2009.8.16付記事/「日本核武装論と日本政府」の背後に潜むヤクザ・暴力団(ゴロツキ徒党政治)の伝統、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090816]へのコメント&レスの転載である。


tokumei


『警察の動きを厳しく監視しよう。


野口美佳の逮捕は秒読みといわれてますが・・・。


もしも、野口美佳が逮捕されなかったら警察上層部が押尾学と同程度のレベルに汚染されて堕している証拠でしょうね。


現に麻布警察署の動きは初動から揉み消しに躍起になっているような怪しさで誰が見ても不自然です。


あまりの惨状(地元闇勢力とズブズブ)のため本庁から監察官が入りテコ入れしてるらしいですが。


野口美佳が逮捕されるまでみんなで警察の動きを厳しく監視しましょう。』(2009/08/17 03:29)


toxandoria


フランス革命期の恐怖政治でも、ハプスブルク支配末期のオーストリアでも、ナチス・ドイツでも、軍事国体論が蔓延った時の日本でも、暴政の重宝な内政コントロールの道具と化したのが「警察組織とメディア」であったことが想起されます。


これらの場合、暴政そのものに対し、軍事組織は殆ど無力でした・・・。』(2009/08/19 21:19)


(本 論)


[2009.8.16付記事/「日本核武装論と日本政府」の背後に潜むヤクザ・暴力団(ゴロツキ徒党政治)の伝統、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090816]の中で書いた下の部分『戦後のドイツで、ナチス的なものが最も長く生きながらえたのは司法界であった』が意味するのは、『ナチス批判をせずにやり過ごしてきた裁判官を消極的なナチス協力者と見なし、彼らをドイツ法廷から一掃すべきだ』という考え方が1960年代以降のドイツの中で広がったということだ。このような意味でドイツ国民の“政治的衛生観念”にはあらためて驚かされる。


・・・戦後のドイツで“ナチス的なもの”が最も長く生きながらえたのは司法界であった。しかし、それは1960年代以降の「ドイツ司法改革」(“稲川会”系の小泉政権以降に日本で行われた新自由主義イデオロギー下の“偽装”司法改革とは根本的に異なる)で徹底的に除去された。この「ドイツ司法改革」の詳細については下記★を参照乞う。


★ドイツの裁判制度の現況/1960年代・司法改革の成果としての・・・、
http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090521・・・


他方、日本では[2009.8.16付記事/「日本核武装論と日本政府」の背後に潜むヤクザ・暴力団(ゴロツキ徒党政治)の伝統、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090816]で“机上の妄想”したことが、驚くべきほど極端な形で“事件化”し始めたようである。こんなザマでは、日本が誇るべき伝統文化までもが世界の笑い物となりそうで、“本格的な正統保守の復権” も並大抵のことではなさそうだ。


ここでは、これ以上の私見は述べずに、村野瀬玲奈さまの記事[極右と警察が一緒に動く日本(日英仏語) / In Japan, the radical right activists and the police act together. / Au Japon, l’extrême-droite et la police vont de pair.、http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1369.html]をそのまま転載しておく。


・・・以下、転載・・・



[極右と警察が一緒に動く日本(日英仏語)/In Japan, the radical right activists and the police act together. / Au Japon, l’extrême-droite et la police vont de pair.]


田母神俊雄演説に平穏に抗議した非暴力の外国人に警察と右翼が圧力をかけた事件」の続きです。


Ce post a été rédigé en français, en anglais et en japonais dans cet ordre.
This article was written in French, in English and in Japanese in this order.
三か国語によるこの記事はフランス語、英語、日本語の順番で書かれています。


Au Japon, l’extrême-droite et la police vont de pair.


A l’occasion d’un entretien avec un entretien avec un ancien cadre de l’armée d’auto-défense japonaise (Jieitai), Toshio TAMOGAMI (Voir cette vidéo : http://www.youtube.com/watch?v=dVZXLXzrLKg), donné au sanctuaire Yasukuni (Tokyo) qui est connu comme ‘le temple de la guerre’ à l’étranger, et organisé par une chaîne de télé payante de l’extrême-droite ‘Channel Sakura’, il s’est passé quelque chose de grave et surprenant. Voici ce qui s’est passé.
Après ce discours de Tamogami, un Canadien s’est adressé calmement aux organisateurs de ce discours, en leur faisant remarquer que ce genre de discours irait à l’encontre de la loi anti-nazi si c’était en Allemagne par exemple.


Les organisateurs de l’extrême-droite n’ont pas caché leur colère à l’égard de cette remarque et ils lui ont adressé des mots violents. Ce Canadien, en comprenant qu’il n’était pas possible de faire une conversation raisonnable avec ces gens-là, a voulu partir, sans être agressif lui-même.
Cependant, ces activistes de l’extrême-droite l’ont empêché de partir, en saisissant son sac à dos, pour le retenir. Pendant ce temps-là, des policiers japonais sont arrivés. Ce Canadien a voulu partir calmement mais ces policiers et ces activistes de l’extrême-droite l’ont suivi obstinément. Au bout de quelques minutes, de plus en plus de policiers sont arrivés, ils l’ont entouré et ils ont fini par l’emmener à la police. Il paraît que l’interrogatoire à la police a duré plus de 2 heures et que la police a fini par lui faire jurer par écrit qu’il ne devrait pas empêcher ces activistes-là (qui sont de l’extrême-droite) de se consacrer à leurs activités.


En fait, tout cela a été filmé par ces activistes de l’extrême-droite eux-mêmes et a été uploadé sur Youtube par eux-mêmes. (Voir cette vidéo : http://www.youtube.com/watch?v=zwyB4p8f0Uo) Par exemple, l’explication sur cet interrogatoire à la police est un extrait du sous-titre de cette vidéo. Ce qui est plus intéressant, c’est qu’après que certains internautes les ont critiqués, ils ont coupé une séquence de cette vidéo où ils avaient lancé des propos violents à ce Canadien et ils l’ont uploadée de nouveau. (Voir cette vidéo : http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#play/uploads/3/b2t3LgYMQxw)


■In Japan, the radical right activists and the police act together.


On the occasion of a interview with an ex-executive officer of the JSDF (Jieitai), Toshio TAMOGAMI (See this video : http://www.youtube.com/watch?v=dVZXLXzrLKg), in the Yasukuni sanctuary (Tokyo) that is known as ‘the war shrine’ in foreign countries, organized by a radical right pay-TV station, Channel Sakura, a grave and surprising event happened.


After Tamogami’s speech, a Canadian man talked calmly to the organizers of this speech conference, saying that this kind of speech could be against the anti-nazi law if it were in Germany for example. The radical right organizers did not hide their anger towards this comment and they pronounced violent words to this Canadian man. He understood that it was not possible to discuss reasonably with these radical right activists and he tried to leave, without being aggressive himself.


But these radical right people prevented him to leave, grabbing his rucksack, to retain him. During this time, some policemen arrived. This Canadian man wanted to leave calmly but the policemen and these radical right activists followed him persistently. Within some minutes, more and more policemen arrived and they surrounded him. Finally, they took him to the police. It is said that this interrogation with this Canadian man in the police lasted over two hours and that the police made him declare in writing that he would not prevent these people (the radical right activists) to devote themselves to their activities.


In fact, all this event was filmed by these radical right activists themselves and uploaded on Youtube by themselves. (See this video : http://www.youtube.com/watch?v=zwyB4p8f0Uo) For example, the explanation on that interrogation in the police is an extract of the subtitles in this video. What is more interesting is that after some internet users criticized these radical right people on internet, they cut a sequence of this video in which they had addressed him violent words and that they uploaded it anew. (See this video : http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#play/uploads/3/b2t3LgYMQxw)


■極右と警察が一緒に動く日本


極右の有料テレビ、チャンネル桜の主催で、海外では戦争神社として知られる靖国神社(東京)で行われた元自衛隊幹部の田母神俊雄との「インタビュー」(このビデオ参照: http://www.youtube.com/watch?v=dVZXLXzrLKg)の機会に、重大で驚くべき事件が発生しました。


田 母神氏の話の後、一人のカナダ人がこの主催者に静かに話しかけ、このようなスピーチは、たとえばドイツだったら反ナチ法違反であると指摘しました。この指 摘に怒りを隠さなかった極右の主催者は暴力的な言葉を彼に浴びせました。このカナダ人は、この人たちとの理性的な話し合いは不可能であると理解し、彼自身 攻撃的になることなくその場を立ち去ろうとしました。


しかし、その極右の人々は彼が立ち去るのを邪魔して、リュックサックをつかむなどして引き留 めました。そうするうちに日本の警官がやってきました。このカナダ人は静かに立ち去ろうとしましたが、警官と極右はしつこく彼の後をついてきました。数分 でだんだんと多くの警官が加わり、彼を取り囲み、最終的に警察に連行しました。警察での尋問は2時間以上続き、しまいには警察はそれらの人々(極右活動 家)の活動を妨げないことを誓約する書面を作らせたそうです。


実は、これらのいきさつすべてはこれらの極右の人々によって撮影され、ユーチューブに彼ら自身によってアップロードされたものです。(このビデオ参照: http://www.youtube.com/watch?v=zwyB4p8f0Uo) たとえば、警察での尋問についての説明はそのビデオの字幕の一部から取ったものです。さらに興味深いのは、何人かのインターネットユーザーがこの極右たち を批判すると、彼らはこのカナダ人に暴力的な言葉を浴びせるシーンをビデオからカットして再びアップロードしたことです。(このビデオ参照: http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#play/uploads/3/b2t3LgYMQxw


こ の記事は、日本人、外国人、必要に応じて外国の公的機関や報道機関(たとえば在日カナダ大使館、カナダ政府、外国の新聞社や通信社、外国人の外国語ブログ など)に広く知らせる目的で、日本語とカナダの公用語であるフランス語と英語で作成されました。出所を明記してもしなくても、部分的引用ではなくて三か国 語全文または二か国語全文または各国語全文であれば、二次利用、引用、転載することを歓迎します。


このビデオの中の発言にフランス語または英語(またはその両方)の訳を付けたい人がいたら、セリフを日本語で書きだしてもらえたら私が訳すことができます。コメントまたはトラックバックまたはメールで連絡してください。


関連記事 (随時追加)


●米国からの便り
■過去の侵略行為を美化するとドイツでは逮捕される、非核地帯条約を結んでいる国一覧
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-517.html


■昨日のユーチューブの映像に関して
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-518.html


■昨日の映像をカナダ大使館に送り カナダ政府直々に日本政府に抗議してもらうのはどうだろ。
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-519.html


■田母神発言の英訳完了
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-521.html


●たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
■<緊急報告>日本の恥!国辱画像!
http://takashichan.seesaa.net/article/125889927.html


■カナダ大使ジョナサン・T・フリード殿
http://takashichan.seesaa.net/article/125967448.html


●カナダde日本語
靖国神社での田母神の演説に抗議したカナダ人が事情聴取を受ける
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1775.html


■自エンドまであと11日:政権交代したら侵略戦争を肯定する軍国主義者を取り締まる法律を
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1777.html


●あなたは悪くない
■意識についての考察
http://manysided.blog85.fc2.com/blog-entry-34.html


愛する人、大切な人を守るために
http://manysided.blog85.fc2.com/blog-entry-36.html


●雪裏の梅花
日本でもダメでしょ(^_^;)
http://seturibaika.blog72.fc2.com/blog-entry-57.html


●Afternoon Cafe
靖国内は、日本国憲法が適用されない「治外法権
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-333.html


■ 村野瀬玲奈さんより転載】極右と警察が一緒に動く日本(日英仏語) / In Japan, the radical right activists and the police act together. / Au Japon, l’extrême-droite et la police vont de pair.
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-339.html


●大脇道場!
NO.1312 「ドイツでは(憲法違反で)逮捕されますよ。」
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1346.html


●YAMACHANの@飛騨民主MAVERICK新聞
チャンネル桜が得意になってアップロードした馬鹿画像
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/066f5bd8cf745a4d3a17b528ec9707cc


●『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu
In Japan, the radical right activists and the police act together.
http://blog.kaisetsu.org/?eid=793668


●安禅不必須山水
チャンネル桜撮影クルーの快挙!
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1180213/


●クイナハウス
Violence by war adorer in YASUKUNI
http://jitoh.seesaa.net/article/126003866.html


●クリームな日々
日本はこんな国・・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/cream3/diary/200908180000/


●gingami1stの日記
In Japan, the radical right activists and the police act together.
http://d.hatena.ne.jp/gingami1st/20090819/1250652475


●どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は阿呆な政治家に支配される)
<馬鹿ウヨと警察がつるんだ外国人弾圧>日本の恥!国辱画像! 【YouTube
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10323853559.html