toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

自民党政権の犯罪が総括できぬまま、再び世界潮流から外れ非民主的な利己的国家(国家主義)へ漂着しつつある日本

toxandoria2010-04-14



twitter ⇒ http://twitter.com/hanachancause


【プロローグ動画】高橋真梨子−グランパ…右上の画像は、異常な寒さの度重なるぶり返しのなか漸く開花した“こぶしの花”(南東北の片田舎にある自宅近く、2010.4.14)


(資本主義の失敗を歴史から学ばず、マスゴミ誘導で再び戦前型の超利己的国家(国家主義)へ漂着しつつある日本の悲惨)


ここで言う、自民党政権時代の総括とは、彼らが傲慢な権力者の行為として行った負の遺産(数限りない背徳・背任行為)を先ず見逃さぬことである。次に、我われ一般国民自身が伝統保守主義と新保守主義の違いを正しく理解して、それらに絡みつつ特に小泉政権時代の偽装的演出の下で起こった新自由主義市場原理主義)の暴走の問題について、それを、我われ一般国民自身が自らが関わった資本主義の失敗の自画像として直視し、深く率直に反省することである(画像は、京都・円山公園の桜、2010.4)


民主党はこれら前政権(自民党時代)の負の遺産を直視しつつマニフェストに上手く纏めた上で、それを掲げつつ昨秋の総選挙で一般国民層の支持を得て大勝した。その後、民主党政権は熱心にマニフェストの実行に取り組んできた訳だが、それから僅か数ヶ月〜半年くらいのところで、「検察=メディアのスクラム(癒着)」による民主党への総攻撃が功を奏し、肝心の鳩山政権は支持率が30%前後のジリ貧となり、今やかなり際どい所まで追い詰められている(画像は京都・祇園白川の桜、2010.4)


他方、まるで戦前の「軍国主義ファシズム国家日本」の亡霊の如き新党、”たち枯れ“ならぬ「たちあがれ日本(この党の時代錯誤ぶりについてはコチラのブログ記事を参照乞う ⇒ http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100411/1270992900)自民党からの分裂・誕生のドラマが、あるいは小泉自民党政権の矛盾をそのまま引き受けたような新党「みんなの党」(これは、極右・清和会とネオリベのご都合主義的、偽装的癒着)、或いはネオ小泉政治型の上っ面で国民を騙すことに徹したような「“桝添・東国春・橋下”…これもネオリベ新党結成?」への期待の高まりなるものが連日大々的に報じられる傍らで、実はその主要メディアが殆ど真剣に報じない、我が国の将来にとって非常に重要な二つの問題(自民党政治の度重なる犯罪が堆積し凝り固まり殆どガン腫瘍化した病巣)がツイッター上に流れている(下記◆)(画像は京都・二尊院の桜、2010.4)


・・・


◆1matsudadoraemon 2010.04.13 04:14 【特別会計の闇”
民主党議員と:どら「2001年から 2009年までに国の債務が300兆円余り(殆どが小泉政権時代に集中…toxandoria捕足)増えたと騒いでますが、250兆円は財投債で50兆円は市場介入のための為券。財投債を禁止すれば、債務は減り、財投機関債を発行できない法人は市場が仕分けてくれます」A議員「結局、特会改革は財投改革なんだよね」


◆2nobuogohara 2010.04.01 06:55 【小泉政権下における“郵政民営化の闇”
日本郵政ガバナンス問題調査専門委員会の 最終報告書は4月中には公表の予定です。昨日は、調査結果の概要を含む「中間とりまとめ」を、記者会見で配布したものです。まだ総務省のHPにアップして いないかもしれません。事務方にはできるだけ早くアップするように言っておきます。


<注記1>


◆1matsudadoraemon
→ 松田光世氏=フリージャーナリスト。鳩山内閣の現職閣僚(菅財務大臣)の元政策秘書http://twitter.com/matsudadoraemon


◆2nobuogohara
→ 郷原信郎氏=元検察官、大学教授・弁護士http://twitter.com/nobuogohara


<注記2>


なお、◆1のフリージャーナリスト松田光世氏は、週刊朝日4/23号で下記のような衝撃的内容の記事を書いている。
…『恐るべし小沢戦略、衆参ダブル選挙で 今夏、自民殲滅』


再三にわたり当ブログでも書いてきたことだが、「検察⇔メディア」の癒着(スクラム)の深層には60年以上にもなんなんとする自民党政権時代からの日本近代史そのものに根ずく、その意味で恐るべきほど固執的で、頑迷固陋に日本に根を張った既得権益を死守しようとする勢力(隠然と闇に潜む政・官・財の癒着連合)が肩を押したものと見なすべきだ(参照、ウオルフレン論文に基づく、その解釈記事→http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20100331


我われにとって肝要なのは、このような「既得権益の番犬化」した主要メディアが誘導する各種世論調査、あるいは直近の政権支持率低下や見栄え型の政治動向(小泉劇場の再来を狙いつつタレント、イケメン、ポルノ女優らを担ぎ国民を小馬鹿にした芸能型政治)に右往左往することではない。


むしろ杞憂すべきは、この無責任なメディアの誘導によって、“無責任層・無党派層・無関心層・ノンポリ層・どうでも良い層・我関せず層”などの人々が占める割合が異常に膨れ上がりつつあること、別に言えば一般国民層のほぼ過半超が「作為で演出された政治不信のジレンマ」に再び嵌りつつある(一般国民自身が何を目指し、どう判断し、どう行動すべきかが見えなくなり鬱憤のマグマ(ルサンチマンの感情)だけが溜まり始めた)ことだ。


そもそも、景気回復策と経済構造改革は別次元の問題であった筈で、喩えれば景気回復策は“発熱・悪寒・激痛等に対する対症療法”に相当し、経済構造改革は“個々人が本来持っている基礎体力と免疫力を高める諸器官の機序・能力活性化のための治療”に相当するものだ。この両者の峻別を作為で誤魔化したのが小泉構造改革で、そのマヤカシを象徴するのが郵政民営化だ。挙句の果てに、小泉・竹中ら詐欺師たちは「郵政民営化の実現」こそが凡ゆる問題解決(景気回復&構造改革)の唯一の手段だと大ボラを吹きまくった。


ともかくも、ここで浮上する大きな懸念が、一見分かり易い政治劇を演じて一般大衆を激しく籠絡する、あの小泉自民党政権時代に典型的な形で実現したヒトラー似の「悪しきポピュリズム政治劇場」の再来だ。つまり、いま再び逃げ場のない袋小路か断崖絶壁の如き瀬戸際へ追い詰められつつあるのは、実は民主党・鳩山政権だけではなく、一般の日本国民自身、我われ自身だということになる。


恰もそれは、巧みに唆(そそのか)され、愚かにもニュートンの法則に逆らい“大いに悪たれ”つつ天に向け思いっ切りケッと青痰を吐いたバカ者が、その自らが吐いたオゾマシイ“ばば”をペタリと自分の顔で見事に受け取る悲惨で滑稽な構図だ。あるいは、その「メディア⇔検察」のスクラムに誘導された挙句に、民主党政権の結果(実績)が具体的に見えてくるまでの僅かな時間すらも待てず、まるで家畜かペットの如き存在と化した<悲惨な日本国民の姿>は、“朝三暮四”に怒り狂いホンの少し先も読めないほど愚かな『宋の狙公が飼っていたサル』に似ているようだ。


<注記>朝三暮四の意味http://kotobank.jp/word/%E6%9C%9D%E4%B8%89%E6%9A%AE%E5%9B%9Bより転載)
・・・中国、宋の狙公(そこう)が 飼っている猿にトチの実を与えるのに朝に三 つ暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため朝に四つ暮れに三つやると言うとたいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見える故事から。


一方で、“朝三暮四”のサルならぬ世界の潮流は、酷く難渋したとはいえ「米英型・新保守主義(Neoconservatism)とネオリベラリズム」へのそれなりの反省から一定の学習効果を得つつあり、「ポスト2001.9.11の世界状況」への反省と「2008.9リーマン・ショック(→世界金融危機)」の体験を契機に、新自由主義思想への過剰な期待が結局は「未熟な資本主義の一人相撲」であったことが露呈し、そのことが遍く理解されるとともに、今や「米英型・新保守主義(≒新自由主義市場原理主義)」と「グローバル金融市場原理主義」そのものが全地球的レベルで危機に瀕し、その過剰な存在意義自体が片隅へ追いやられつつある。


具体的に見れば、アメリカ・オバマ政権は綱渡りの如き内政環境ながらも、所期のチェンジへの道筋を着実に歩んでおり、共和党政権時代の過度な新自由主義政策への尋常ならざる肩入れの弊害を克服しつつある。例えば、国民皆保険型への医療保険改革、米ロ核軍縮プラハ宣言の第一歩の踏み出し)、ウオールストリートの強硬な抵抗を退けての金融規制強化実現(金融危機への反省から対銀行高リスク取引制限、規模肥大防止目的のバランスシート外取引規制等についての大幅金融規制)など信用再構築のための重要課題が着実に進捗している。


独・仏においても、それぞれ現政権に対する国民一般の評価と批判は健全で冷静なメディア等の支援も得て、アメリカとは異なる意味合いながらも、又アメリカではティーパーティーの如き反動は見られるものの、新保守主義新自由主義思想(ネオリベラリズム)と伝統保守主義の癒着、つまり資本主義そのものの失敗を軌道修正し再び「国民主権の回復」へ意欲的に取り組みつつある。つまり、欧米諸国の市民(国民、選挙民)たちは、経済学(アカデミズム)も、市場も、政府も失敗することがあって当然というシビアな現実を改めて学び直し、中立的メディア情報等を十分に活用して、経済発展と連帯のための新たな方向性を自らの意志で選び直しつつあるのだ。


片や、これは既述のとおりであるが、既得権益勢力の番犬化したメディアの誘導に身を任せつつ自民党政権時代の総括を曖昧のまま放置する日本は、“郵政民営化の闇”と“特別会計の闇”には殆ど手つかずのまま、再び小泉・竹中時代のネオリベラリズム政治(英米市場原理主義の暴走)か、あるいは密かに日本伝統の極右が奥で巧みに糸を引く偽装超国家主義(内向きのナショナリズム)へ急接近しつつある。しかも、労働環境整備、格差問題解消、医療・福祉・年金問題解消など国民主権と国民厚生の根本課題は置き去りにされたままで・・・。


それは他ならず欧米諸国が数多の歴史の試練から、今や再び学びつつあることの逆コースを歩み始めることだ。つまり、それは統治権力側へ必ずモラル・ハザードをもたらすという現実(=資本主義の宿命的弱点)を直視できない故に驕り高ぶった「政・官・財の支配層」が悉く利権を漁り尽くす異様な体制の国家である。恐るべきことだが、今の日本は、例えば戦前・戦中までの「ファシズム国家・日本」あるいはネオコンと旧保守派が相互補完的に野合して一国主義を貫いた、直近までの「ブッシュ政権下のアメリカ」の如き異常な国を目指そうとしているようにさえ見える。


しかも、そこで大いに懸念されるのは、支配層に属する輩が凡ゆる強権的手段で国家主権者たる一般市民を支配し搾取し続けようとする非常に陰湿かつ内向きで国家主義(ナショナリズム)的で、中央官僚制を始めとする凡ゆる統治メカニズムが実質的な既得権力&既得権益側に有利に付き従うと言う意味で「超利己的な国家主義ナショナリズム)による統治」の出現だ。そして、このような国の一般市民たちは須らく世界市民社会との連帯から強制隔離されるはずであり、その究極モデルとしては北朝鮮が想定される。その意味で、現代日本の堕落したメディア(マスゴミ)が、折に触れてタレント、イケメンに次いで再び「国民的人気」なる言葉にかこつけて“小泉orヒトラー型の国家ヒーロー待望論”の如き空気を撒き散らし始めたことも極めて危険な兆候である。


(欧米諸国が、いま再び“資本主義の失敗”を歴史から学びつつあることの意味)


本来であれば、欧米諸国が “資本主義の失敗”を歴史から学びつつあることの意味を正しく理解するには、伝統保守主義と新保守主義の違い、アダム・スミスの古典派経済学から新古典派経済学への流れ、特に米国における“新自由主義のカルト化”へ大きな影響を与えたアイン・ランド哲学(ランディアン・カルト/若き日のグリースパン元FRB議長が嵌った)、あるいはオーストリア学派F.ハイエクの自由原理(至上)主義を高祖としM.フリードマンを始祖とする新自由主義が過剰な規制緩和で終には「資本の論理」と「グローバル金融システム」を「グローバル詐欺システム」へ変えたこと(→リーマン・ショック世界金融危機の発生へ)などを詳細に概観すべきである(画像は京都・醍醐寺の桜、2010.4)


が、そのような暇はないので、やや異なる観点で“資本主義の失敗”の理解を試みる。それは、18世紀後半に英国で始まった自由貿易論が普及する流れの延長線上で、古典的自由貿易がどのような経緯で最初の20世紀前半における資本主義の大失敗をもたらし、同じくどのような経緯で1970年代以降の世界で新保守主義(“国民主権を否定するグローバル市場原理主義”と主権者たる国民・市民を上から統治する外形的民主主義へ接近する保守主義)が急速に台頭し、今や再び何故にその新保守主義型(新自由主義、特にグローバル金融市場原理主義)の統治が、日本以外の欧米諸国で厳しい批判に晒されているのかを歴史的に概観することである。


・・・以下、関連するテーマに焦点を絞った近・現代史の概観(1776年〜現在)・・・


18世紀後半にアダム・スミスの「国富論」(1776)が出版されて自由貿易論(スミスは個別・特化優位性、その後のリカードは比較優位の学説)が広まり始めたが、1840年代初めに「アイルランド・ジャガ芋飢饉」(餓死、推定で約100万人)が起こったことで、初めてその自由貿易論の現実的な意義(自由貿易による不足資源の相互供給の意味)が認識され、1846年の「(英)穀物法の廃止」で本格的な自由貿易の時代が始まった。


しかし、1870年代に自由貿易史上初の世界的な不況が襲うと食品価格が暴落した、そのため、このような自由貿易が拡大する流れにブレーキがかかる、つまり英国以外の先進諸国は高関税による国内産業の保護主義に走り、「自立と現代アメリカのティーパーティ運動(共和党右派を支持する超伝統保守派)に繋がる自由原理(オランダ型公共意識傾斜の自由原理と異質な)、機会平等を重視するアメリカ」以外の先進諸国は弱者層の救済のため社会保障社会保険制度を整備し始めた。


1929-1932年の世界大恐慌では完全雇用維持の目的でケインズの財政・金融政策が採られ、多くの先進諸国では主要産業の国有化(市場型へ過剰傾斜した資本主義の修正)も行われた。アメリカでもフランクリン・ローズベルトのニューディールで銀行・電力・ガス業界への規制が行われ、欧州諸国に遅ればせながら社会保障制度の導入も始まる。


閉鎖的ブロック経済の深刻な対立で第二次世界大戦(1936-1945)が起こったことへの反省からアメリカがリードしつつ自由貿易市場を拡大して世界経済の発展・安定化を図ることを目指すIMF国際通貨基金/IMF、IBRD、IDA)中心のブレトン・ウッズ体制(その実態はリベラル政策と社会民主主義政策を調和させる一種の修正資本主義の仕組み)が始まった。しかし、このリベラル政策と社会民主主義を調和させる試みは1970年代の「スタグフレーション」(景気が下がり物価が上昇する傾向)と各国の「統治能力喪失」という形で破綻期に入る。


その深層には様々な要因が潜在するが、最も大きな要因は各国の権力側(政・官・財)が知的謙虚さと弱者に対する配慮を失い、ひたすら傲慢となり、政・労の幹部らが談合・癒着して経済社会システムを権力的に上から支配できると錯覚するようになったからと考えられる。特に、日本では1980年代にレーガンサッチャー型の新自由主義へ傾斜し始めた中曽根康弘・政権あたりから、そのような政治権力側の退廃的・背任的傾向が強まった。


世界的に見れば、そのような意味での「象徴的な統治能力の危機」は1970年代の英国で財界への巨額政府補助を理由に労働組合側が賃金抑制を拒絶したことを契機に起こる(いわゆる英国病が頂点の時)、つまり、これを契機に新保守主義(今度は、逆に国民主権・労働権を軽視して市場原理型の国家を目指し始めた政・官・財の権力者たち)は、旧権力側である旧保守主義(ブレトンウッズ体制下の資本主義を理想とする人々)の政・官・財の支配層を“利権漁り、モラルハザード”として猛烈に批判・攻撃した。


結局、旧保守主義(ブレトンウッズ型資本主義を信奉する立場の人々)は、自らを支持する支配層・経営層・金融層トップのモラルハザードを激しく突き上げられた形となり、グローバル市場原理主義新自由主義思想)を支持する新保守主義国民主権を軽視し市場原理主義による国家の実現を理想とする人々)へ席を譲ることになる。しかしこの新保守主義も、それはまことに愚かなことであるが、少し古い時代に市場原理型資本主義の失敗で起こった第二次世界大戦という悲劇の記憶(歴史の教訓)を直ぐに忘れ去った。因みに竹中平蔵などはそのバカ者の仲間の典型である。(画像は京都・嵐山の桜、2010.4)


ともかくも、それ以来、急速に勢いを得た新保守主義を支える新しい経済学(新自由主義思想)はケインズ主義を捨て去り、IT技術を使った高度な数学(金融工学)を駆使しつつ、完全に放任された市場でさえあれば、それは予定調和的な最適状態への自動調整機能を必ず発揮するというF.ハイエクの古典派経済学(オーストリア学派)を「市場原理主義型の資本主義」(新自由主義思想に基づく資本主義)という形で再発見した。


それまで度重なる大戦争と巨額の浪費を絶えず繰り返してきた国民国家を統治するための「大きな政府」の権威が、その方向性を支えてきた旧保守主義の凋落とともに消え失せてしまった。そして、それに代わり新自由主義思想に依る「小さな政府」の国家が、「完全民営化」路線へ急傾斜しつつ市場原理主義による「自由貿易と金融資本主義」を推進することになった。つまり、そのような新しい方向性こそが、グローバル市場を統合して、この世界により大きな繁栄と民主主義そして平和をもたらすという期待が高まった訳だ。


しかしながら、「ポスト2001.9.11の混迷した世界状況」と「2008.9リーマン・ショック(→世界金融危機へ発展)」を契機に、新自由主義思想(ネオリベラリズム、特にグローバル金融市場資本主義)への過剰な期待は、やはり「未熟な資本主義の一人相撲」であったことが再び露呈することとなり、今や「新保守主義新自由主義、グローバル金融市場資本主義)」は、世界中の一般国民・市民から厳しい批判を浴びて存亡の危機に瀕している。


ところが、日本では、自民党から民主党への画期的政権交代が昨秋(2009年9月)に起こり、小泉政権で頂点に達したネオリベラリズム政策が否定されたのも束の間で、既得権益勢力に与する「主要メディアと中央官僚制(その代表が検察特捜部)」の大抵抗によって、このような「新たな世界潮流=ネオリベラリズムの抑制・修正傾向」から再び取り残されようとしている。


超高給を食み続けるセレブな金融業界と中央高級官僚らの天下りシステムの温存、同じく様々なモラルハザードと歳出にかかわる浪費習慣、あまねく拡大するばかりの賃金格差・地域間格差・企業間格差の悲惨な現況、中間層没落傾向の激化、中小企業経営環境の激しい劣化、労働・雇用・医療・福祉環境の劣化・崩壊…、それらに対する民主党政権の果敢な努力(マニフェスト)の成果は未だ端緒についたばかりであるというのに。


(エピローグ…究極の敗者は“昨秋以降の政権交代の関連プロセスで最も驕り高ぶったか、あるいは最も無責任な者”になるだろう)


少しだけ既に触れたことだが、週刊朝日(4/23号)でフリージャーナリスト松田光世氏(現職閣僚・菅財務大臣の元政策秘書)が書いた記事『恐るべし小沢戦略、衆参ダブル選挙で今夏、自民殲滅』を読むと、文字通り恐るべきほどの超リアリスト政治家である小沢一郎民主党幹事長の高等選挙戦術が布石されつつあるので、昨秋(9月)の政権交代劇を第一幕とすれば今夏(5月〜7月頃)にはその第二幕を目撃させられることは確実のようだ(画像は京都・知恩院の桜、2010.4)


その『恐るべし小沢戦略、衆参ダブル選挙で今夏、自民殲滅』の<要訳>については、下のブログ★を参照頂くこととするが、そのオリジナル記事を読むと、まるで複雑極まりない事象についての精緻な多次元方程式を立てるか、あるいは複雑で難解な碁の布石を見事に打ち続けるように財界・労組・医師会など諸団体の票固め、公明党対策、諸政策関連票の着実な取り込み、巨額債務状態・自民党へのとどめの兵糧攻め一発etc…、実にきめ細かく見事な戦術が組み立てられつつあることが分かり興味が尽きない。超リアリスト、天才政治家・小沢一郎の面目躍如たるところだ(画像は奈良・東大寺の桜、2010.4)


★日々坦々/衆参ダブル選挙が確かに現実味を帯びてきた!(週刊朝日4/23 号/要訳)、http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-406.html


ただ、これも既に少し書いたことだが、今の日本でヒチコック映画の主人公のように恐怖にひきつった顔で断崖絶壁へ追い詰められつつあるのは、実は、民主党でも小沢一郎でも鳩山総理でもないことを我われ一般国民は肝に銘ずるべきだろう。では、誰が断崖絶壁へ追い詰められつつあるのか?


それは、先ず選挙民(国家の主権者)たる我われ一般国民であることは間違いがなさそうだ。その意味でも、今の政治状況は市井の一人ひとりにとり無関係なことではないし、この“ドラマ”の顛末は、それこそ貴方がた一人ひとりの自己選択の賜物なのだ。


そして、このような恐怖の断崖絶壁へ我われ主権者を情け容赦もなく追い詰めた“反授権規範的(憲法違反)、反民主主義的、反国民主権的な意味での凶悪犯人”は、ほかでもなく「マスメディア⇔検察」のスクラムを組んで一般国民を、作為的に、偽装的で「異常なヴァーチャル政治の空気」の中へ煽りたて追い込んだマスメディアと一部の検察<関係者>および、その背後に潜む「旧政権と既得権益連合=アンシャンレジーム」に連なる輩(政・官・財・学etc)だ。


その中でも、特にジャーナリズムを担う立場として中立・公正の姿勢を維持すべきマスメディアの責任は非常に重いことを、彼らは厳粛な覚悟をもって自覚すべきだ。なぜなら、この反主権的・反授権規範的(憲法違反)・反民主主義的・反国民主権的な行為は、もしこれがフランス革命のプロセスであれば、まさにギロチンものと思われるからだ(画像は奈良・依水園の風景1、2010.4)


この一連の壮絶な闘い(日本の近・現代史上で初めての無血民主革命)での究極の敗者は、我われ一人ひとりの一般国民(選挙民)も含めて、この革命の戦列に加わったメンバーの中で最も驕り高ぶっている輩か、あるいは最も無責任な意識の持ち主者らになるであろうことも間違いがない。


相も変わらず過半の一般国民が、このような意味での現代日本における政権交代の厳格な意味でのリアリズムが理解できず、政権交代の第二幕を経ても、未だにひたすら烏合の衆の集まりの如き無意味で野合的な連立政権(極右とネオリベラリズムが談合・癒着するような国民を小馬鹿にした政権)が誕生することにでもなれば、爾後の日本は世界の新たな潮流への参加が今度は三周回以上の出遅れとなり、その暁に我われは「失われた三十年」どころか「失われた五十年〜失われた百年」を覚悟すべきであろう。それは、自業自得といえば、それまでのことだが・・・(画像は奈良・依水園の風景2、2010.4)



(参考、関連ツイッター情報)


hanachancause 2010.04.12 20:42
RT @yamebun: 国連の人種差別撤廃委員会は3月16日、日本政府に対し「沖縄における不均衡な軍事基地の集中が住民の経済・社会・文化的権利の享受を妨げる」と勧告した。(http://bit.ly/bmYcF4)RT @Keloring  #futenma


hanachancause 2010.04.12 15:59
【1/3】素人目には経済学者とその同類の方々の頭が固すぎると見えて仕方がない、何故にケインズ派のシステムは一つしかないと断じるのか?同様に市場主義にも色々なバージョンがあって良いではないか?唯一の真実は何処を選ぶにせよ、政治権力・金融・経営側はモラルハザードの誘惑に弱いことだ。


hanachancause 2010.04.12 16:00
【2/3】故に、完璧な経済理論があり得 ないと同様に完璧な政府もあり得ないのだから、今の日本の如く政権交代毎にマスゴミが率先するマッチポンプで政権の足を引っ張ると言う悪癖が定着してしまえば、そんな国は世界の潮流から落ち零れて必然的に大没落へ向かう。


hanachancause 2010.04.12 16:01
【3/3】東欧諸国の復興が市場原理主義 のお陰とする誤解も頂けない。これらの国々は市場原理主義に嵌ってる訳ではなく社会主義から市場経済へ移行しただけだ。素人目故かも知れぬが、「市場経済市場原理主義」の筈であり市場経済にも多様なバージョンがあって当然だ、竹中平蔵らはこの点を誤魔化している。


hanachancause 2010.04.12 12:27:15
ポーランド大統領、無言の帰国http://bit.ly/a4XRHF「機は異常なく操縦ミス(悪天候下強行?)」と、カチンスキ大統領(親米、同機搭乗)とトゥスク首相(親露、リベラル)、それ故の二重追悼式開催等(4/7露主催追悼 式典は露プーチン首相、トゥスク首相が出席)の事情がナゼか気になる。


hanachancause 2010.04.12 13:40:24
@hanachancause 歴史的な意味で「欧州の心臓」と呼ばれるポーランドは90年代初頭の劇的な旧体制崩壊後も残る社会主義構造を安全解除するため急速な市場開放と民営化を図りつつも弱者・貧困層の救済にも十分配慮する経済運営へ取り組み中だ。Cf. http://bit.ly/bDFWPS


hanachancause 2010.04.12 13:43
@hanachancause 故にポーランドの経済政策は所謂「市場原理主義」とは異質だ。またコレは程度の差こそあれチェコハンガリー等旧東欧諸国に共通する性格だが、リーマン・ショック後でもポーランドの経済は安定しており、そのバランス力が注目されている。Cf. http://bit.ly/bDFWPS


hanachancause 2010.04.12 12:29
震源地は共同?RT @sasakitoshinao:2 ちゃんねるで語られているらしい新聞業界の給与と業界の未来、退職話。とてもリアルな雰囲気。「宝くじが当たったので、新聞記者辞めます」: 天漢日乗 http://bit.ly/9tIU8R


hanachancause 2010.04.12 05:54
共鳴 RT @kazzuta06: 漸くマスコミの一部から新政権に対する冷静な記事が登場した気がする。記事の趣旨はネット上では当たり前のことなのだが新聞社の記事と言う事であえて評価したい。【毎日新聞、コップの水はまだ半分もある=専門編集委員重篤郎 】 http://onc.li/iY3bdJ


hanachancause 2010.04.12 05:24:23
反戦・平和・国民主権を歌うベルギー出身・カナダ国籍のララ・ファビアン、 ベルギー憲法30条は『ベルギー国民が何語を使うかは一切自由』と謳う、歴史に学ぶこの寛容宣言(徹底した公共責任と対の自由原理宣言)に驚く⇒http://bit.ly/9ssEdVたちあがれ日本」の狙いはこの様な国民主権的な価値観の破壊である!


hanachancause 2010.04.12 05:31:23
@hanachancause その“たちあがれ日本”の衣には“日本を戦前型の上からの民主国へ復帰させる”という危険な刃が隠れている、小沢民主党政権が照準と定める国家像は戦前型官僚制の破壊による下からの民主主義の実現。


hanachancause 2010.04.12 05:21
知的で好奇心旺盛な鳩山総理の話は真に立派故に世界へ向かって日本を誇り胸を張れる内容。このような意図的に捻じれさせた取り扱い(誤訳?)が産経以外のメディアでも同様だとすれば、結局、今の日本の実像を歪めている犯人はマスゴミであることが証明されたも同然。Cf. http://bit.ly/9jBPDk


hanachancause 2010.04.12 05:37
@hanachancause そして、鳩山総理の話(http://bit.ly/9jBPDk) は、その民主党政権が照準と定める新たな国家像、つまり戦前型官僚制の破壊による下からの民主主義の実現(日本民主主義⇔世界市民意識との共鳴)と見事に調和している。


hanachancause2010.04.11 15:50
RT @e_presence: Twitterは才能の宝庫。出会ったつぶやきに何かを感じリンク先のブログやサイトを拝見。そこで今までのネットサーフィンでは出会えなかった素敵な感 性と知性に出会う。その人達の才能に触れるだけで自分のパワーに変え生きていけそうな気がする程。・・・


hanachancause 2010.04.10 14:15
@hanachancause 今やオバマ医療保険改革、米ロ核軍縮プラハ宣言の実践)、金融規制強化(金融危機反省⇒対銀行高リスク取引制限、金融暴走防止の為のバランスシート外取引規制等大幅金融規制)などの重要課題を着実に進捗させつつある。Cf. http://bit.ly/9ssEdV


hanachancause 2010.04.10 14:22
@hanachancause が、残念ながらオバマ政策の進捗が今後の世界に与える重要な影響につき一般国民向けに詳説する意志が日本のマスゴミには見られず、聞こえるのは只「小泉・ 自民&竹中・市場原理主義」恋しや!の声ばかり。Cf.http://twitter.com/teruo_nagasato


hanachancause 2010.04.10 14:45
@hanachancause その小泉・竹中らの信仰はミルトン・フリードマンショック・ドクトリン(真の変革は危機状況でのみ可能とする、いわばヤラセ行為承認の経済学!)、このような市場原理主義の悪辣とつるむ自民党の悪事を隠蔽し、民主党のイメージダウン情報は大きく扱うマスゴミの卑劣。⇒http://bit.ly/9zXXnk


【エピローグ動画】高橋真梨子無伴奏