toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

菅選挙管理内閣へ、「情報の非対称性」の真理を突いた<逆説的B層(毒の試み効果)戦略>の勧め

toxandoria2010-06-05



【プロローグ画像】topologyのイメージ

・・・画像はウイキメディアより。


“やわらかい幾何学”と呼ぶこともある“新しい位相幾何学”には、《連続写像によっても変わらぬ性質=視覚現象の本質》を見つけ出すという目的がある。上の画像で、コー ヒーカップを伸縮させつつ連続的に変形すると、ドーナツ形へ遷移できるが、このような連続的変形をホモトピー(homotopy/トポロジー概念の一つ)と呼ぶ。


・・・以下、本論・・・


●現在の政治環境下(下記引用・転載◆を参照乞う)では、いみじくも田中真紀子が9月までの選挙管理内閣と名付けたようだが、民主党党首・菅直人首相の誕生を<政権交代・第二章のプロローグ>として、一定の条件付きながら一応は評価しておく。


・・・・・


◆2010. 05. 17toxandoriaの日記/[情報の評価]「連続支持率調査・ハロー効果」による民主党叩きのヒトラー的『悪意の勝利』http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20100517より部分転載


『広範な大衆に働きかけ、少数の論点に集中し、同一の事柄をたえずくり返し、反論し得ない主張になるまでテキストを確実に把握し、影響が広がることを望みながら辛抱強く忍耐すること』…これは、ヒトラー著 『わが闘争』の記述の一部である(出典:宮田光雄著『ナチ・ドイツと言語』-岩波新書-)。


しかし、この“ヒトラーの基本的な信念”の一部が最も似つかわしい国は、他ならず現代の我が日本であることに驚かされる。それは、昨秋における、60年にも及ぶ自民党長期政権から民主党への政権交代が漸く実現した直後から現在に至るまで半年以上にもおよび、旧政権に繋がる既得権益を代弁する実効権力(検察ほか)とメディア総掛 りの「民主党叩きマッ チポンプ報道(小沢の政治とカネの問題、ほか)」が怒濤の如く繰り返されている現代日本のことだ。


つまり、そこには明らかに論理による説明よりも一般大衆の情緒的な感受性に訴える戦略が明確に存在しており、論点を黒白の図式(有罪か無罪かの択問形式設問)で単純化することが先ず重視される。次に、その単純な図式を断固とした口調(又は文章)で大胆に繰り返し断定することが優先され、具体的・客観的な証拠に基づく固着論理は推論型の論理に巧みにすり替えられている。


その単純化された図式(択問形式設問)の対象こそが、民主党・小沢幹事 長をめぐる「政治とカネの問題」という訳だが、このような「大衆的デマゴ ギー戦略」(政治的扇動)の手法は、明らかにヒトラーのプ ロパガンダ戦略の援用だ。しかしながら、建前上であるにせよ、一応は日本が民主国家で あることを自覚する無辜の国民を“完璧な 説得”へ導くには、それを「科学的な(と一般に信じられている)手 法」で補完する必要があり、その役割を担うのが「支持率調査」である。


然しながら、元来科学性・客観性を謳うメディアの 「支持率調査」には胡散臭さが付きまとっている。そもそもアンケー ト調査の有意性(信頼性)を高めるには一定の厳しい諸条件の実施が求められるが、そこまで外部の我々がチェックできなくとも設問された質問項目を真剣に 眺めるだけでも、そのいい加減さが感じられるはずだ。ところが、残念なことではあるが、大方の一般国民に とってメディアの「支持率調査」は「選挙の出口調査」と 同程度に客観性があると誤解されているのが現実なのだ。


しかし、ここでの問題はメディア「支持率調査」の信頼性の詮索ではなく、今回の「小沢の政治とカネ」シリーズで見 られるように延々と同じテーマで長 期間にわたり怒濤の如く連続して行われる「支持率調査のハ ロー効果(halo effect)」のことだ。ハローは聖像・聖人像・仏像な どの光背(光輪)のことで後光効果、光背効果とも呼ばれ、脳ミソの中身はともかく美人はみな頭が良さそうに見えるのも一 種のハロー効果である。


これを具体的に見ると、例えば企業で人事考課を行う時に留意す べきとされる現象がある。それは効果の直前に高い業績があった人物Aと同程度の業績を10カ月前に上げた人物Bを比べた場合に は、人物Aの方の効果が概ね高くなるというような傾向が観察されることだ。また、ある現象が「長く持続することの影響によるハロー効果」ということも当然 あり得ることになる。そして、後者の方がかなり深刻な影響をもたらす ことがある。


警察庁発表による昨年1年間の全国の自殺者数が3万人超=これで12年連続 3万人超、http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=24974」 の報道に関するフジテレ ビ解説委員・箕 輪氏の発言が問題となっている。それは箕輪氏が“平成21年度の 自殺者数3万人超は、やはりこれも「小沢の政治とカネ」の問題が原因だ”と発言したことを指す。


●その一定の条件とは、主要メディアが『そこには、明らかに論理による説明よりも一般大衆の情緒的な感受性に訴える戦略が明確に存在しており、論点を黒白の図式(有罪か無罪かの択問形式設問)で単純化することが先ず重視される。次に、その単純な図式を断固とした口調(又は文章)で大胆に繰り返し断定することが優先され、具体的・客観的な証拠に基づく固着論理は推論型の論理に巧みにすり替えられている。』という、いわば実効権力側が望む戦略を代行している現実を直視し、その悪意に満ちた危険性を絶対に忘れることなく、基本的に鳩山政権が政権交代・第一幕で示した方向性を“巧妙に継承する”ことだ。


●ゆめゆめも「庇(ひさし)を貸して母屋を取られた」旧民主党グループのリベンジなどというつまらぬ党内闘争劇を見せつけないで欲しい。早くも、読売新聞などはこの路線を強調する印象操作を始めたようだ。


●重要なポイントは、メディアが「連続支持率調査・ハロー効果」で定着させたこと、つまり『民主党の“政治とカネ”の本質が、実は国民がパチンコで負けるのも小沢と鳩山のせいだという如き滑稽極まりないB層向け“非常識プロパガンダ”をメディアが拡散させた結果だ』と言う紛れもない現実を直視し続けることだ。そして、ここにこそ『鳩山=小沢抱き合い辞任劇』の意図が隠れているのだ。


●なぜなら、冒頭で引用した『広範な大衆に働きかけ、少数の論点に集中し、同一の事柄をたえずくり返し、誰もが反論し得ない主張になるまでテキストを確実に把握し、広く社会一般へ影響が広がることを望みながら辛抱強く忍耐すること』というヒトラーの言葉は、逆説的な意味であるが、政治的に有効だという一定の真理を見せつけているからだ。


しかし、この<悪魔的な真理>を活かすか殺すかは権力を手にした者の<確信的理念の中身>しだいなのだ。その意味で、過半の人々はバカにしたようだが、鳩山が遺した“友愛の原点”は重要である。それに、断じて『小泉=竹中式バカの作り方=新自由主義市場原理主義』の方向の流れへ戻ることは許されない。


社会学者の宮台真司(筆者の宮台への評価はともかく…)が「情報の非対称性」について、次『〜、〜』のように面白いことを述べている。


『相手からは見えず、コチラでは相手が見えるのが「情報の非対称性」の効果、これを駆使するのがテオクラシー(Theocracy/神憑り政治)や小泉劇場の如き詐欺師の基本的戦略。』


●つまり、このような観点からすれば、日本のメディアは、世界の常識に反して、積極的に「悪意の勝利への意志=実効権力の民主党政権潰しの意志」が企むテオクラシーの神官の役目を担ってきたことになる。そして、その見事な成果が民主党の『政治とカネの問題』だったという訳だ。


(関連ツイッター情報=以下は、直近において主に筆者がツイートした内容)


hanachancause 2010.06.04 22:00
RT @geso0602: ありがとうですRT@hana同感 RT@geso0602: 菅さんの首相就任は喜びたいのですが、まだ傷が深くて。これから敵討ち RT @Delp95 初めて自らの手で選べた鳩山総理だっただけに、その辞任には、今までどの総理にも感じたことのなかった喪失感


hanachancause 2010.06.04 17:07
選挙管理内閣は国民一般とメディアの知的水準に合わせたの意? RT @ompfarm: 田中真紀子議員の「選挙管理内閣」発言、つまり、参院選までのリリーフかぁ。と、言われても明るくなれない陣容。でも、同時進行中のアメリカの国内情勢から見て、「時間」はほのかな明かりかもしれない。


hanachancause 2010.06.04 21:17
“連続ハロー効果”によるプロパガンダ政治(佐藤優が有象無象と名付けた一般国民の知的水準に合わせた政治)の実現に加え、我々の“健忘症(忘れっぽさ)効果”をも「悪意の勝利」側(http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20100517) は狙っている。


hanachancause 2010.06.04 18:07
RT@ompfarm: 同感QT@hana: <一般国民(佐藤優が言う有象無象)の知的水準に迎合する政治>が善政だと曲げて評価する支持率調査なる真実隠しのレッテル貼りを逆手に取った一種の“毒の試み効果”?RT@yonjyaru:


hanachancause 2010.06.04 21:06
RT @kinashoukichi: 新内閣に求める沖縄政策に係る要請。1,沖縄担当大臣を他の大臣及び北方対策との兼務を解き、専任させること。2,普天間基地移設を含む米軍再編の取り組 みのための首相補佐官を置き、沖縄県選出出身国会議員ならびに民主党沖縄県連との意思疎通を図ること。


hanachancause 2010.06.04 21:43
@kinashoukichi この矛盾(日本・自民党側からの強い要望を米国側からの圧力へとすり替えた、この子供騙しの如き嘘が何故に定着してしまったのか?←コレこそが普天間問題の本質ではないか!)の徹底究明を乞う⇒【QT】キャンベルは日本側が示した「沖縄の戦略的位置で県外移設不可」を明確に打消し日本側の「沖縄県内」の理屈は移設先が準備できぬ日本側の事情によると明確に指摘。http://bit.ly/9N9MQb


hanachancause 2010.06.04 19:47
【QT】2010年6月2日、中国の英字 紙チャイナデイリー(電子版)は、鳩山由紀夫首相が辞任に追い込まれた原因は日本の親米メディアと米国だとする、中国社会 科学院日本研究所の馮昭奎(フォン・ジャオクイ)研究員の解説を掲載した。http://bit.ly/aBYmkK


hanachancause2010.06.04 19:47
【QT】ダニエル・スナイダーは今の世論 は鳩山と民主党が日米同盟の扱いで失敗と批判してる。日本のマスコミが何カ月もその文脈で主張展開し続けたからだ。そこに一縷の真実はある。が、いずれ日本の国民は気づく。同盟米国が遠隔操作で日本総理大臣の失墜に密接関係した事を、と書いてる。http://bit.ly/bb02l6 Cf. http://bit.ly/9N9MQb


hanachancause 2010.06.04 18:14
【QT】・・・「(鳩山さんを入れた)3人だと必ず漏れますねぇ」と苦笑いしながら小沢さんと電話する姿を何度見たことか。この二人は政局になってもことさら「会談」する必要はない。小沢さんは しばらく政治の表舞台から消えて検察審議会の暴走に備える。http://bit.ly/brJdFz


hanachancause 2010.06.04 18:07
【QT】とうとう抜きましたか @akihikosuzuki Twitterミクシィを利用者数で抜いちゃった。990万人だって。日本人向きのコミュニケーションツールなのかも。http://bit.ly/c58Mk2


【エピローグ画像】Lara Fabian − Quedate