toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

野田が仙谷の恫喝『原発ゼロで国民集団自殺』と連携し再稼働・消費増

toxandoria2012-06-02

[机上の妄想]野田が仙谷の恫喝『原発ゼロで国民集団自殺』と連携し再稼働・消費増税を急ぐ目的は<総括原価原発式>原子村マフィアが実効支配する日本型買弁偽装資本主義の更なる深化


Lara Fabian:Tout



…当画像は、http://xtw.me/XAvGTv8 より


1 <総括原価原発式>原子村盗賊(原発マフィア)支配型の偽装資本主義国ニッポン、其のおぞましき風景エトセトラ



…当画像は、http://xtw.me/XuJMEfZ より


‎事実上の破れかぶれ自爆型核武装国ニッポンの証拠(悪魔的原発マフィアによる無言恫喝の武器) ⇒ [福島第一4号機(核燃料1331体)、同核燃料共用プール(同6375体!)ほか此れに準ずる膨大な核燃料が全国配置、膨大なフクシマ等関連人的被害等の放置、故に野田ブタの大飯再稼働<暴走劇場>]の阿鼻叫喚で<オール思考停止>するニッポン、そして仙谷ゾンビと原子村だけが意気軒昂な原発玉砕への雄叫びを挙げる恐るべき此の異常!http://xtw.me/X53M07B(画像「Picture of Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb」は、http://www.listal.com/viewimage/24909 より。 )


野田政権および国会&地方議会の多くが<原発推進で労使が野合一体化した電力会社>の影響力が大きい傀儡集団の寡占である現実を直視せよ!http://xtw.me/XNm996W


東電値上げ「出来レース」か 経産省が事前にシナリオhttp://xtw.me/XCZZBgY


東電社員年収、来年度46万円アップ 値上げ申請の中 http://t.asahi.com/6rae


東電、今冬以降の賞与計上 値上げ原価に、734億円http://xtw.me/Xu0xGEE


東電値上げ「燃料高の大ウソ」「潜り込ませた原発再稼働準備金」 (1/3) : J-CASTテレビウォッチ http://www.j-cast.com/tv/2012/05/26133345.html


労使一体 原発推進電力会社献金 役員は自民 労組は民主http://bit.ly/JXh0M0


民主党原発推進派の母体、電力総連の解剖 (東京)政権交代で存在感を飛躍的に増大した/東電出身の小林正夫関西電力出身の藤原正司参院議員という二人の組織内議員を筆頭に同党の多数の議員に影響力を及ぼす。http://bit.ly/Kti9Q0


関電社員議員は近畿6府県に24人 議員報酬+関電給与1千万円+関電労組献金原発大推進http://bit.ly/Hkxa5f


労使協調路線で原発賛成の“関電労組” http://bit.ly/Hkxa5f 東電労組は脱原発民主党国会議員をヤクザ的言説で恫喝http://bit.ly/JO0Y92


電事連日本原燃原発事故後に最多寄付 青森に13億円http://xtw.me/Xazh6g3


浜岡原発:中部電子会社、安全審査委員の教授に多額寄付http://xtw.me/XEbtoa9


関電:大阪市に72億5000万円寄付 89〜08年度http://xtw.me/XvSkDEC


寄付:関電関連団体、在任中の県伊方原発委員に300万円 /愛媛http://xtw.me/XpSGC6e


核燃サイクル「秘密会議」:まるでムラの寄り合いhttp://xtw.me/XeXltmc


核燃処分コスト試算 揺らぐ再処理優位http://xtw.me/X9znyQp


leonardo1498東電社員「事故規模をチェルノブイリより小さく見せろ」と指示される(週刊朝日http://goo.gl/FqBRQ  2012.06.03 03:56hanachancauseがリツイート


もんじゅ委員に寄付 5年間、原発業界が1610万円 朝日6/3 hanachancause
2012.06.03 11:52


「裏切った民主議員に報いを」 東電労組トップが不満、組合員約360人からは、どよめきがあがった http://t.asahi.com/6qos ← コヤツラはまさに国民の命を屁とも思わぬ<原発ヤクザ>どもだ!! VT: http://twitvideo.jp/07ayV


_kaneko毎日新聞が核燃サイクル技術等小委員会の秘密会合の存在を暴露したが、私も参加している原子力委の「新大綱策定会議」の議案原案も2月16日の秘密会議で事前に配布され、その後内容が追加されていた事をまた暴露。【「日本の原子力政策は業者が決めている…】。 http://goo.gl/xN08v via web2012.06.02 06:14hanachancauseがリツイート


masaru_kaneko大飯原発再稼働でも計画停電準備。原子力ムラは福島原発事故などなかったように、電力不足キャンペーンを強めて、ルールなき、なし崩し原発再稼働を目論んでいます。 http://goo.gl/DKq9i 経産省が狙うのは伊方、川内、泊原発です。 http://goo.gl/Np429 via web2012.06.02 05:18hanachancauseがリツイート


2 【一事が万事ということだ】橋下、大飯再稼働容認の背景


【一事が万事ということだ】橋下、大飯再稼働容認の背景http://bit.ly/L1wUVD ←屁理屈を並るが対野ブタ原発マフィア戦での完敗!それより胡散臭い貸しをつくる何か裏があるのでは?フクシマ⇒脱原発等の国民意思を裏取引政治の道具にする悪しき本性の現れ!これで大阪維新フィーバーも終わりだろう! hanachancause2012.06.01 13:07


御意!神様か魔法使いじゃあるまいし<野田ブタの責任>で万一の原発事故が収束できる訳がない!フクシマはどうする?RT@yamamoto_1934【私の責任】だって笑わせてくれる。滑稽だ!⇒大飯再稼働「私の責任で判断」首相、福井県の同意条件 http://bit.ly/Kcbg7v   hanachancause2012.05.30 23:07


大飯原発再稼働に向け…細野大臣あす(6/2)にも福井県
http://5.tvasahi.jp/220601001?a=news  ←恫喝番長・仙谷の脅しでも足りず、二股番長の細野でダメを押すつもりらしい。 hanachancause2012.06.01 14:27


【<裏取引>の他に、もう一つの可能性として原発マフィア側(特に関電および関西立地メーカー等を主体とする関西県の財界など)から、強力で良く効く、例の恫喝番長・仙谷が好む種類の悪質なPolitical Intiimidationを受けた可能性がある鴨】http://xtw.me/X3sSDlX


ともかくも、野ブタ、仙谷ドラキュラ、前原言うだけ番長、米倉経団連老害怪獣、原発マフィアのドンこと関電八木社長らのコトバ、つまり仙谷が好む『国民集団自殺!』や『原発再稼働しなければ日本経済が終わる!』http://bit.ly/M9pWlQなどの異様メッセージの発信は、『長い目で見たとき、人間を大事にする立ち直り可能な社会は、経済的にも強い社会になるはず/上記・愛媛新聞社説』の対極に位置する、一般国民を徹底的に小ばかにした恫喝あるいは恐喝的言動である。


・・・以下は、みどりの未来MLより転載・・・


再稼働をめぐる容認についてのコメントを飯田哲也さんが書かれています。うーんという感じですが、情報提供まで。


【橋下市長の「事実上の容認」の背景と真相1】昨日5/31の橋下大阪市長の「事実上の容認」発言につ いて、昨夜、MBSラジオ「たね捲きじゃーなる」に電話出演したが、「わかりにくい」ことは確かで、 質問・問合せが相次いでいるため、ここに整理して私見を開陳します。


【事実上の容認真相2】5/30に4大臣会合で大飯再稼働が事実上決まり、翌5/31に橋下市長が「事実上の容認」発言、「橋下市長がぶれた」と報道。この経緯は古賀茂明氏のメルマガ( http://p.tl/lxvg )に整理。有料のため未読の方のためにポイントを反映


【事実上の容認真相3】大阪府市統合本部特別顧問かつエネルギー戦略会議座長代理である私としては、 政権がなりふり構わず再稼働を強行する事態に対し、率直に自分の力不足を認め、原発無しでこの夏 を乗り切ろうという皆さんの期待を裏切ることになったことをお詫びします。申し訳ありません。


【事実上の容認真相4】飯田の立場は、今でも不変。安全性無し、(電力需給上の)必要性無し、政治手続きの正当性無しの「3無し」の原発再稼働をすべきではない・してはならない。しかし橋下市長や嘉田知事らの考えと判断は理解できるため、今後も積極的に助言する所存(以下、説明)。


【事実上の容認真相5】橋下市長や嘉田知事らが「事実上の容認」をせざるを得なくなった背景?(明らかに経産官僚が用意したと思われる)原発礼賛論まで記された共同声明案が29夜に井戸兵庫県知事からメンバー首長に配布されたこと。


【事実上の容認真相6】背景?関西電力(とおそらく経産省)は関西立地の大手企業に対して「計画停電脅し」を行い、大手企業から各首長を責め立てたこと。しかも計画停電を個別には回避する特例があることを伏せて「脅した」ことで、政治的に首長が持たなくなってきたこと。


【事実上の容認真相7】背景?会議の途中で斉藤官房副長官から「もう決める時期」という最後通牒と当日夜に4大臣会合がセットという「再稼働強行」との観測。こうした「背景」で押された結果、「反対を貫いて手ぶら」か「抵抗ラインを下げて取るものを取る」かの判断を迫られた。


【事実上の容認真相8】この先は、まさに橋下市長や嘉田知事らの「政治判断」。「反対を貫いて手ぶら」とは、政権がなりふり構わず再稼働を強行する中で、反対を貫くとその後の交渉力を失う恐れとの政治判断。


【事実上の容認真相9】一方、「抵抗ラインを下げて取るものを取る」とはこちら(関西広域連合)が少し譲ることで、再稼働の「7~9月の時限」「大飯3・4号のみに限定」や「安全基準が暫定的であることを国に認めさせる」といったことでクギを指すとの判断。


【事実上の容認真相10】結果として橋下市長や嘉田知事らは「後者の政治判断」をした。橋下市長は「ぶれた」のではなく、正直に「限定的とはいえ容認した事実」を伝えるとともに、「安全基準が暫定的であること前提とした時限・限定」は譲らず「次の闘い」が始まったことを宣言したもの。


【事実上の容認真相11】なお現時点では、この「時限・限定」に西川福井県知事が難色を示していることが再稼働難航の要因となっているとのことで、まだ一山二山ありそう。さらにその先には原子力規制庁や新しい安全基準のあり方を巡る議論に移ってゆくので注目下さい。


【事実上の容認真相12】今回の再稼働政局は脱原発という大きな目標の「緒戦」。敗戦というより痛み分け、むしろ得たものが大きい。政権のデタラメぶりが浮き彫り、電力不足のウソと対策も周知、デマンドレスポンスや広域連携など新しい電力市場のツールも導入。


【事実上の容認真相13】大阪府市エネルギー戦略会議としては、次回以降、引き続き節電や安定供給を議論しつつも、「第2ステージ」の闘いに備えて、中長期の脱原発・エネルギー政策の方向性の議論に着手しますので、引き続き注目ください。


3 <総括原価原発式>原子村盗賊(原発マフィア)どもが実効支配する偽装資本主義国ニッポンの意味


<総括原価原発式>原子村盗賊(原発マフィア)どもが日本の政治・経済を実効支配していることについては、既述の[1<総括原価原発式>原子村盗賊(原発マフィア)支配型の偽装資本主義国ニッポン、其のおぞましき風景エトセトラ][2【一事が万事ということだ】橋下、大飯再稼働容認の背景]が十分に傍証していると思われるので、これ以上は触れないことにする。


ただ、一つだけ補足しておきたいことがある。電力会社・原発関連メーカー等によって実効支配される日本経団連等の日本財界「司令部」がTPP等で声高にグローバル市場原理主義新自由主義)を標榜するのは周知のとおりである。しかし、悪辣なのは「彼らが掲げる新自由主義」が<極めてご都合主義的で自分勝手な買弁型の新自由主義>であることだ。


<注記>買弁
・・・原義は、中国の清朝末期から人民共和国の成立まで、外国の商社・銀行などが中国人と取引するときの仲介者となった中国人商人のこと。転じて、外国資本に追従しつつ私利や仲間内の利益を得て自国および自国民の利益から搾取・ピンハネする資本家・経営者あるいは政治権力者らを指す。


それは、彼らが原発再稼働なしでは日本経済が駄目になり日本国民が集団自殺することになりかねないなどと無辜の国民を居丈高に恫喝する一方で、彼らが日本経済の旗艦と位置付ける<原子村独占盗賊型ビジネス>が<原発と総括原価方式>なる、れっきとした経産省絡みの国策護送船団方式でシッカリ護られているからだ。


(関連参考情報/再掲)


東電値上げ「出来レース」か 経産省が事前にシナリオhttp://xtw.me/XCZZBgY


・・・


電力自由化どころか非常に強固な国策談合組織体とでも見なすべき<原子村独占盗賊型ビジネス>を殆ど超法規的に占有・独占する日本経済の此の異常なあり方がどうして<自由主義>などと呼べるのか?


つまり、日本政府と日本経団連等の日本財界「司令部」が掲げるグローバル市場原理主義新自由主義)の旗印は、恰も中国やベトナム共産党独裁体制下で対外開放・新自由主義政策を進める構図に似た、無辜の国民を騙くらかす二重基準ダブルスタンダード)であり、そのまま詐欺に等しい偽装自由主義政策である。


しかも、それは、以下で述べる<私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム)>という実に恐るべき側面も併せ持っている。


加えて、所得税最高税率の不合理(昭和61年(1986)まで70%であった所得(累進)税の最高税率が昭和62年(1987)〜平成6年(1994)は50%に、平成7年(1995)〜現行は、ほぼ40%まで引き下げられてきた)、あるいは輸出型巨大企業の「各種優遇措置等による対課税基準浸食(エロージョン)と税金の隠れ場(シェルター)などにかかわる意図的操作」などを傍目にしながら(これ等による徴税漏れが少なくとも20〜30兆円(年額)に及ぶとの試算もある←歳入庁必要論の根拠)、中小企業への圧力となるとともに対弱者層逆進性の傾向が明らかな消費増税の一本槍だけに命を懸ける日本国総理大臣の姿は余りに異様である。


(関連参考情報)


増税 高額の公務員給与保護が目的】社会保障の影薄い社会保障・税一体改革 ダイヤモンドオンライン http://news.nifty.com/cs/topics/detail/120530539816/1.htm


どうなる野田・谷垣の不倫同棲/世界市場は堪らず小沢応援歌を歌いだした(世相を斬る あいば達也) http://bit.ly/LI2qsk ←これでは<原発マネーを喰らった増税一本槍のユニコ−ン男同士で突つき合うオゾマシクも不気味な不純同性交遊>政治だ(゚ω゚;)。o○(キぇ−ッ!?) hanachancause2012.05.31 12:05 http://xtw.me/XJxozNm(画像はhttp://xtw.me/Xw4LZviより)


(『米国型市場原理主義新自由主義)』の悪しき真相、それは私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム))


・・・以下は、[2012-05-29toxandoriaの日記/『私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム)』と対峙し苦闘するEUの深層にあるもの、見据えるべき二つの歴史的原点、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20120529 』についてのコメント&レス]より転載・・・


【質問】


「米国型市場原理主義新自由主義)は、其の根底に<私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム)>なる悪しき真相を潜める」の意味がわかりません。新自由主義は、ケインズマルクスの否定で、19世紀的経済秩序への回帰を目指すのではないでしょうか?


【回答】


01 2012年5月29日 15:36:34 : FUviF2HWlS さま、コメントありがとうございます。


そもそも、<新自由主義は、ケインズマルクスの否定>だという定説を逆転させる必要があると思っています。端的に言えば、先ず、新自由主義共産主義と同じ設計主義です。ただ、この場合の設計主義は、<市場における情報の対称性を前提とする計算主義(具体的事例は後述)という意味>での計算型設計主義です。また、<市場における情報の対称性なる前提>も一種のドグマですが、此処ではこれ以上触れないことにします。


次に<ケインズへの回帰>ということですが、そもそも<新自由主義ケインズを全否定はしておらず、それどころかケインズが市場における未知のファクターを成長の種(タネ)として重視すべしとしたところを敢えて無視したうえで(あるいは本当に誤解したまま?)、既述の<情報の対称性>を前提とする計算主義へ走ったと見なすことができます。従って、米国の市場原理主義市場原理主義)は「偽(or偽装)バスタード・ケインジアニスム(Bastard Keynesianism)」と呼ばれる訳です。


<注記>バスタード・ケインジアニスム(Bastard Keynesianism)
・・・ヒックスのIS-LM分析(ケインズ有効需要の理論を単純化して示したもの、http://xtw.me/X8nT2Dv )に始まり、均衡分析に極端に偏った、俗にアメリカン・ケインジアニスム(アメリカ式ケインズ経済学)と揶揄されるケインズ経済学の特異な理解の仕方のこと。ただし、現代日米経済学界では主流派となっている。Bastardは“ニセモノ、インチキ”の意。詳細はコチラへ⇒http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20110217


つまり、「偽ケインジアニスム」は、ケインズの逆説的表現(国家財政の一定の役割の重要性)をケインズの最大の特徴であると見做(誤解)しつつ、ケインズがより重視した計算不可能な不確実性(具体的に言えば多数派たる中間層・貧困層らに潜在する成長エネルギーやイノベーション・ファクターのようなもの)を見逃して計算づくのRBC(実物的景気循環理論/Real Business Cycle)やDSGE(動学的確率的一般均衡/Dynamic Stochastic General Equilibliumなどの 数量分析的経済モデル(金融工学への方向)へ過剰傾斜した一派、つまり「市場原理主義」と重なると理解しております。


そして、まことに皮肉なことだと思いますが、この「偽ケインジアニスム/Bastard Keynesianism」なる<計算型設計主義>の成果は、下記★二つのグラフhttp://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20120511より)にとても見事に現れています。これこそが、「偽ケインジアニスム/Bastard Keynesianism」の設計通りに<1%VS99%なる大格差社会、大格差世界>のデストピア(or地獄絵図)が実現しつつあることに他ならないと思われます。


【グラフ1】マネーサプライと国内需要の推移


【グラフ2】1990年以降における「世界の一般企業投資の縮小傾向」と「中間層と雇用機会の一貫した没落傾向」との相関について/仮説的考察


次に<私欲・買弁権力野合型>の問題ですが、これは新自由主義謳歌する(更に、より謳歌しようとする)日本経団連と時の政府(又は既得権益層ないしは勝ち組層)との限りなく怪しい(妖しい?)野合的な癒着関係を想像して頂けばよいのではないかと思います。


無論、この悪しき野合の構図(新自由主義謳歌する私欲と政治・経済権力の癒着)は日本だけのことではなく、そのグローバル市場原理主義の結果が<1%VS99%>の格差ということです。


具体的に見れば、米国では金持ちトップ1%で全金融資産の6割、トップ10%で全金融資産の9割を占めている。同じく世界規模で見ると、トップ1%が4割弱を占めており、日本ではトップ10%が6〜7割を占める構図となっている。つまり、新自由主義によって、全世界で此のように恐るべきほどの格差拡大傾向が益々助長されつつあるのはご承知のとおりです。


そして、このような観点から批判的に内外の経済動向を観察すれば、米国型市場原理主義新自由主義)と其のお先棒を担ぐ日本経団連等に追従するばかりの、現下の野田ドジョウ政権が<其の根底に私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム/Bastard Keynesianism)>なる悪しき真相を潜める>ということは明らかではないでしょうか。


・・・以下は、参考記述と見てください・・・


さて、欧州では様々な歴史的背景もあって、このような考え方(つまり過剰な設計主義へ傾いた米国型ケインズ解釈は誤りであるという立場)は、米国型市場原理主義と拮抗しつつも、潜在的意味でやや優勢であり続けてきたため、サルコジの米国型市場原理主義への肩入れを失敗と見たフランス国民は、「偽ケインジアニスム(≒市場原理主義)」批判の立場から発想したオランドが掲げた「資本主義モデル変革」の支持へ回ったと理解しております。


ひらたく言ってしまえば、オランドのフランスはアングロ・サクソン型資本主義への過剰傾斜から、独仏の強固な伝統ともいえるジャーマン・フランコ型資本主義(規制・財政・投資・成長の均衡を最重視する)への回帰を図っていると見なすこともできます。それが、これも独仏伝統の社会民主主義的な、言い換えれば<経済を社会の下に位置付ける伝統>への回帰ということだと思います。


また、このような観点からの理解を深めるには自由主義そのものの歴史をたどる必要があると思われ、自分なりに辿った結果としてポーランド自由主義(バーク流の古典的な意味での保守的・漸進的な自由主義に近い/現代英米流の新保守主義とは対極になる立場)に関心を持ち続けております。そして、ポーランド・アカデミズムでは共産主義VS資本主義の対立問題は、オスカル・ランゲ(ポーランドの経済学者/新古典派経済学そのものに付随する致命的な欠陥を明らかにしたとされる)によって一応の決着が着いたとされているようです。


ただ、現在のポーランド政治の現場では、これら自由主義に関わる様々な立場から常に激しい経済論争が闘わされており、ポーランド流のやり方(ポーリッシュ・モデラティズムの伝統)で中間層の充実を企図しつつグローバリズム経済へかなり上手く対処しているようです。


しかも、これは余り日本で話題になりませんが、ポーランド経済は自由化後の10年目あたりから今に至るまで順調な成長実績を見せており、今でも欧州で随一の成績を達成しているはずです。ついでながら、世界の名目GDP・ランキングで21位(ほぼスウェーデン、ベルギーに匹敵)のポーランド(人口約4千万人)は、無論、中東欧ではトップクラスです。


・・・以上です。できるだけ短くと思いましたが、長くなってしまいましたこと、お詫びします。


(補足)


このグローバル市場原理主義(偽装資本主義/偽ケインジアニスム)の暴走に歯止めをかけるべきと考えるのがEUの理念の重要部分の一つであり、その観点からすれば渦中のギリシャを見捨てる選択肢はあり得ないと思われる(関連参照、下記★)。


★2012-05-29toxandoriaの日記/『私欲・買弁権力野合型の偽自由主義=偽装資本主義(偽ケインジアニスム)』と対峙し苦闘するEUの深層にあるもの、見据えるべき二つの歴史的原点、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20120529


というより、今のギリシャはグローバル市場原理主義との闘いの橋頭保である。一方、グローバル市場原理主義の立場からすれば、市場原理の競争で敗けたギリシャは即刻退場すべきということになる。そして其の先にあるのは通貨統合ユーロの失敗、つまりEUそのものの崩壊ということになる。参考まで、市場原理主義の立場からEU崩壊説を主張する記事があるので、以下◆に紹介しておく。無論、仏オランド新大統領が掲げる「資本主義の改革=米国型市場原理主義(株主利益至上主義←投機型金融/通貨キャリー取引、デリバティブCDS等シャドウ・バンキング暴走の元凶)へ傾斜し過ぎた現行マネー・ヒトラー型資本主義のモデルチェンジ」はEU理念への回帰ということであり、目指すのはEU崩壊の真逆であるべきだ(画像はhttp://xtw.me/XskAr9kより)。


◆オピニオン:ユーロ崩壊と円高の終焉は近い=藤巻健史氏(ロイタ−)http://xtw.me/Xco2rhU


(関連参考情報)


マハティール元首相、日本の政治にもの申す「消費増税原発再稼働をやめ研究開発投資を」IMFや米国当局関係者は日本の消費増税を歓迎しているが、世界の殆どのエコノミストは「クレージー」だと評している、日々雑感http://bit.ly/M74MaH ←全同感!! hanachancause2012.05.30 22:39


そうだ、つまり<資本主義のモデルチェンジへの意識改革>こそが喫緊の課題だ!
生活保護の利用者数の増加ではなく<貧困の拡大や自殺者数増加の異常な維持傾向=『1%vs99%』を放置する偽装資本主義>こそが問題なノダ/野田総理大臣・日本経団連および小宮山厚生労働大臣、貴方たちは一体なぜ<何も根本的に考えようとしない>のだ?http://xtw.me/XjvKKPP 


(エピローグ1)<無脳・野田ブタ、仙谷・原発ゾンビら魑魅魍魎政治家を担ぐ日本原発マフィア>への投資(投機)が、結局は<自爆型自滅への道程>であることに投資家も早く気づくべきである、それは原発が過酷に事故ればCDSもシャドウ・バンキングもへったくれもない死のグローバル世界になるからだ


初公開、情報公開で入手した予測図/大飯原発が事故を起​こしたら、京都に広範囲の放射能汚染が広がるというデー​タが公表された。グリーンピースや京都の住民らが、京都​府に情報公開請求をし、独自に入手した放射性拡散物質の​予測図が示した結果だ。


<注記>画像ともにグリーンピースhttp://xtw.me/XCnCmIu より転載。


この放射性物質拡散予測図は、昨年京都府の隣にある滋賀​県が、独自に行ったシミュレーションによるもの。滋賀県​はこの結果を昨年すでに公表したが、他府県に関連する部​分は非公開としていた。


その後、滋賀県が他府県にもデータを送付していたことを​知ったグリーンピースが、周辺の住民らに呼び掛けて、近​隣府県に情報公開請求を行った。福井県兵庫県らは、県​民に混乱を生じさせる(福井県)ことや、他県の調査であ​ること(兵庫県)を理由に非公開としたが、今回、京都府​が公開に応じたという経緯だ。大阪府はすでに滋賀県から​データ提供を受け、公表している。


京都府グリーンピース京都府民に公開した資料によると、京都府の大部分が国際原子力機関IAEA)の基準で「ヨウ素剤の服用」が必要となる、甲状腺被ばく等価線量50mSv(ミリシーベルト)を超える地域となります。


データ提供を受けながら、福井県兵庫県三重県の回答は事実上非公開でした。福井県も国も、そもそも「大飯原発で、福島第一原発事故と同規模の事故が起きたら被害はどうなるのだろうか?」という率直な質問に答えるSPEEDIなどの放射性物質拡散シミュレーションを、まったく作成しておらず、また、作成も拒み続けています。


公開された予測の詳細はこちらのブログでご覧になれます。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/dblog/speedi/blog/40637/


そして事故が起きた時、どのような被害を受けるかを住民に知らせようともせず、野田首相は、来週にも再稼働をすすめようとしています。大飯原発の再稼働をゆるさないため、福井での緊急集会にご参加ください。


◆6月3日(日)
『いのちが大事 今なぜ再稼働? ふくいでつながろう』
場所:福井市中央公園(福井県庁横)
時間:12:00〜15:30頃
主催:ふくいでつながろう実行委員会(グリーンピースも参加します)

*********

お知らせ

*********


◆6月13日(水)
グリーンピース経済セミナー
原発の投資リスクと自然エネルギー市場の可能性』


場所:衆議院第二議員会館 1F 多目的会議室
日時:6月13日(水)14:00〜16:30 資料代:500円


世界的なコンサルティング会社「ボストン・コンサルティンググループ」、WFP国連食糧計画のシニアエコノミストを経て、グリーンピース・インターナショナルのエネルギー投資シニアアドバイザーを務めるギョルギー・ダロスが来日。


福島第一原発事故で、東京電力がどれほど損失を出したのか?証券アナリスト格付け機関は、どのような早期警告を見逃したのか?投資家が原発でこれ以上の損失を防ぐには?について講演させて頂きます。


詳細と参加お申し込み用紙はこちらです。(PDF)
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20120613.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グリーンピースの活動をご支援ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


グリーンピースは、政府や企業からの資金援助は、活動に影響を及ぼす可能性があるため、一切受けていません。


わたしたちの活動を支えるのは、みなさまお1人お1人の力です。ぜひ、温かいご支援をお願いいたします。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/support/supporter_form_html#form



(エピローグ2)<野ブタ総理大臣=無脳>であることを上品に論じた愛媛新聞社の優れた社説。・・・http://xtw.me/XC0CUBm より転載・・・


(関連参考情報)


masaru_kanekoこれはあくまでも世界金融危機の第2ラウンドです。原発推進、消費税増税、TPPといった政策を掲げる野田め政権は完全にトンチンカンな方向に走っています。原発動かすより、節電・省エネ市場の爆発的拡大で需要喚起の方がずっと効果的。単なる財政緊縮でなく、何より社会保障改革との一体化が重要。 via web hanachancauseがリツイート2012.06.02 04:32


・・・


愛媛新聞社・社説2012年06月02日(土)


生活保護切り下げ論】貧困をなくす政策こそ必要/長い目で見たとき、人間を大事にする立ち直り可能な社会は、経済的にも強い社会になるはずだ


 人気お笑い芸能人が母親の生活保護受給を理由に袋だたきにあっている。そのさなかの国会審議で、小宮山洋子厚労相生活保護費の支給水準引き下げについて検討する考えを表明した。


 ことし2月時点の生活保護受給者209万人、2012年度は3兆7千億円の給付を見込む。いずれも過去最多を更新し、国の財政を圧迫している。厚労相の諮問機関である社会保障審議会は支給水準の妥当性を検討中だ。


 だが、ちょっと待ってほしい。生活保護制度は憲法25条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」に基づき、資産や働く能力をすべて活用しても生活に困った人を公的に支える「最後のセーフティーネット(安全網)」だ。生命に関わる場合もある。


 有名人の「不適切」とされる事例をスケープゴートにして、公的扶助を求めにくい空気をつくり、財源論ありきの切り下げを加速させてはならない。生活保護水準は、最低賃金地方税の非課税基準などと連動しており、引き下げは国民生活全体に影響することにも注意が必要だ。


 暮らしのセーフティーネットは、まず雇用があり、失業したり病気になれば社会保険で受け止め、それでも苦しいときは最終的に生活保護で支える、重層的な仕組みを備えているはずだった。


 だが、その機能は既に破綻している。経済界の求めに応じた労働分野の規制緩和で、労働者の3割超が非正規雇用となり、所得格差が拡大。失業リスクの高い非正規労働者ほど保険に加入しておらず、失業給付を受けられない。不況続きで賃金は低下し就職難が続く。国民年金保険料の納付率は下がり、無年金や低年金になる人も多い。こうして貧困状態に陥る人が増え、給付額が急増している。


 働く貧困層の所得より生活保護費が高いから引き下げて平準化しようという意見がある。そうではなく、働いても「最低限度の水準」に達しない労働環境こそ改善すべきではないか。不正受給者が増えているとも言う。これも、保護対象となりうる貧困層のうち受給できている人が2〜3割ともいわれる低さの方がより深刻ではないだろうか。


 現行の生活保護制度の問題点を言う前に、政府がまずなすべきは、異常に広がった貧困や格差をなくす総合的政策であるはずだ。


 自治体の現場では、受給対象者一人一人の生活を丁寧に見守るため担当職員の増員が必要だ。申請を断る「水際作戦」のためでなく、きめ細かな生活・就労支援のための権限拡大も検討すべきだろう。


 長い目で見たとき、人間を大事にする立ち直り可能な社会は、経済的にも強い社会になるはずだ。



消費税増税一本槍と原発推進だけでは日本経済が持たなくなるんだよノダ・ぶー君!(toxandoria補筆)