toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

「現行選挙制度の欠陥」が約6〜7割の反原発意思を封殺した結果が 12/16衆院選「自公維圧勝」の実態である

toxandoria2012-12-17




東福寺の風景2012.11.30


LARA FABIAN - Soleil Soleil


■【約6割強の反原発意思は選挙制度に封殺されている/ツイートに見えるポスト自公維圧勝「衆院選」からネクスト・ステージへの道程/オヴァ―トンの窓と共鳴する田中角栄の名言、投票率と膨大な死に票の問題(現行小選挙区制の弊害)ほか】
・・・(田中角栄)世の中は、白と黒ばかりでは無い。敵と味方ばかりでもない。その真ん中にグレーゾーン(中間地帯)があり、これが一番広い。そこを取り込めなくてどうする。天下というものは、このグレーゾーンを味方につけなれば、決して取れない。真理は常に中間にありだ。このことを知ることが大事だ。http://urx.nu/2MgK


田中角栄の名言に通じる「オヴァートンの窓(Overton Window)」http://urx.nu/4i5d より部分抜粋(詳細は当記事を参照乞う)


●J.P.オヴァートン(Joseph P. Overton/1960-2003/ミシガン州の州都ミッドランド市にある中立系シンクタンク、マキナウ・センター(Mackinac Center for Public Policy)元副所長)が着想した、「現時点における一般世論の中で、ごく自然に受け入れられ得る政策領域の広さ、あるいは担当政権による諸政策の受け入れ易さの度合い」を示す“相対的概念”(⇒絶対的かつ客観的に計測可能な広さを持つ“窓”ではないということ!)で、この「窓」が相対的な意味で広く大きいほど、実現され得る政策の数は多くなる。


●特に注視すべきは、この「オヴァ―トンの窓」から外れたものは一般大衆にとって“常識外”となり、殆ど絶対的に拒絶・排除され、箸にも棒にも掛からぬほど徹底的に一般社会(最大公約的な一般世論)から無視されてしまうという厳しい現実があることだ。例えば、あの「郵便詐欺に関わる村木冤罪事件」で検察の不正が徹底的に暴かれたにも拘わらず、まったく同じ構図の「小沢の政治とかね事件」が一向に一般世論によって正しく理解されず認知されないのは、作為的なメディアスクラム・キャンペーンがもたらした、この「オヴァートンの窓」効果のなせる技(わざ)によるものだ。無論、厳密に言えば、それは「偽オヴァートンの窓」効果であるが。


●また、ポーランドシュラフタ民主主義(ポーランド型自由原理)の現代資本主義社会(グローバル市場原理主義社会)における重要性が殆ど無視され、あるいはそんな面倒でバカげた屁理屈は聴きたくもないと、主要な教条的アカデミズム(共産主義社会主義あるいは極右派などに凝り固まったアカデミズム)からさえ罵倒され無視され続けているのも同じ理由によるものだ。


2 低投票率と膨大な死に票、現行小選挙区制の弊害


投票率は59%前後 戦後最低の可能性も 衆院選 - 朝日新聞デジタル
http://t.asahi.com/936e  hanachancause2012.12.17 05:21・・・投票率が60%未満の場
合、統計学的な意味で有意性が小さくなる。(←只野親父、補足)


@mitsuru_kurodaNHKによると比例代表、開票率92%の現在、自民党の得票率は28%程度。これを480議席に単純にかけると134議席。ところが300近い議席を得ている。<小選挙区制の凄まじさ。三割の得票で憲法改正も可能>に! via Twitter for Android2012.12.17 01:59只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@rocks_31正確な投票率が集計されるのは明日になるだろうが…現時点で、前回の衆院選より1000万票程度の減少。今回初めて投票した人もいるだろう。新たに選挙権を得た人もいる。…前回は投票したが今回は棄権したという有権者は、1000万を超えている。この人達は、どうしたのだろう?と思う。 via web2012.12.17 04:08只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


民主党に前回投票した人が今回は棄権したため、相対的に自公が浮上してしまったということだろう。しかし、三割弱の得票で衆議院の63%の(公明を加算すれば7割を超える)議席を占有する日本の選挙制度は異常。ドイツのように地方議員選挙にまで比例代表選挙制度を視野に入れる「緑の党」の主張の正統性を粘り強く主張すべき!


3 一般国民に対する「反原発の必要性と放射能被害の深刻さ」「フクシマ(特に4号機問題)、もんじゅ、六ヶ所等の超リスク」「原発がなくても経済成長ができる事例」「欧米における原発利用の退潮傾向」などの現実をアピールし浸透させる戦略再構築の必要性


【自・公・維の大勝でも原発関連立地の超リスクと原子村のデタラメが容認されて良い訳ではない!】 @Yamakawakenichiほんとにデタラメだ!RT@tsghoh 敦賀廃炉に猛抗議の日本原電役員の平均年収3千万円超のデタラメhttp://urx.nu/2Mh7… デタラメはそれだけじゃない。役員名簿を見ると東電を辞任した勝俣恒久前会長が天下っている! via Twitter for iPhone2012.12.15 13:19只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@FIFI_Egypt何が一番問題かって?情報が乏しいのを国民が知らない事だよ。先進国だから、まともに情報を受信してると思い込んでる。海外との情報を比較する術や語学力も無い。放送のあり方を疑問視できるほどのメディアリテラシーも持ち合わせてない。完全に流されやすい、洗脳されやすい国民性だって事だよ。 via Teewee2012.12.16 23:33只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@rocks_31選挙結果について、メディアへの批判も数多い。予測報道が選挙結果に影響を与える事も含めて、メディアの姿勢の問題は大きい。それは認めた上で…市民一人一人が、充分なメディア・リテラシーを身につける動きが必要なのだと思う。愛国教育の前に、メディア・リテラシーの教育が必要なのかもしれない。 via web2012.12.17 04:20只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@keitaro703もう一度原発事故が起こらなければ止まらない国。あの時の迫り来る恐怖を忘れちゃった日本人。自分の子や孫が癌になってわかるというのか?RT @iodine4u 【衆院選山本太郎氏、力なくぼやき「原発止まらへん」 http://bit.ly/Y985n1 via ついっぷ/twipple2012.12.17 04:03只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


●残念ながら、今回の総選挙では<記者クラブ演出の維新まつり(原子村系実効・レントシーキング(花見経済を求め続ける)権力層の広報機関たる主要メディアによる一種の一般多数派向けの狡猾な洗脳戦略)http://urx.nu/2Mhy>が見事に功を奏し、自公維の原発推進派が主流の連立交尾「原発推進政権」が誕生してしまった。


●しかし、決して我われ良識派を自負する国民は諦めるべきではない。それは、上で見たとおり、約6〜7割の反原発意思が現行選挙制度の致命的欠陥により強引に封殺されたというのが、今回の総選挙の実態であるからだ。大勝だ、圧勝だという記者クラブメディアの御祝儀チョウチン報道の足元では、約7割の反原発の国民意思のマグマが再び煮えたぎり始めているのだ。


4 関連情報、エトセトラ


@una__10有権者の中で、原発問題・消費税増税・財政方針・地方改革・TPP参加・米軍問題・領土問題・改憲に関する各党の意見を表にして書ける人は何人いるんでしょうか via twicca2012.12.16 21:55只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


デフレ脱却目指す「アベノミクス」に潜む危うさ、安倍政権のこうした拡張財政、金融緩和強化を内容とする「リフレ政策」(及び其の極右的な政治スタンス←只野親父、補足)は長期継続は難しいというのが一般的な見方だhttp://urx.nu/2Mhe hanachancause2012.12.17 05:41


@tsuyo0618この記事最後の2行にも注目やね。安部自民党が新政権つくっても、それがアメリカの国益に反したら潰しにかかるぞ、と言ってるようにも読める。:同盟深化に期待=中韓との関係を不安視も―海外反響・米【12衆院選】(時事通信) - goo ニュース http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji via Tweet Button2012.12.16 22:56只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


RT @egg_rice: 拝見してる場合じゃないんだけど・・ RT @tosamoto: 安部ちゃん、お手並み拝見だな。"@Jiji_newsRSS: 関係改善への転換期待=中国、「右傾化」に根強い懸念−海外反響【12衆院選http://bit.ly/Xvzfzu via ついっぷる/twipple2012.12.17 05:47


@kaori_sakaiドイツのメディアをざっと見た感じでは、「権力の昭和返り」っていうのが共通意見かな。via web2012.12.17 04:59只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@iwakamiyasumiRT @Keikouenji: 海外からそんな目で見られる国に。@naocofr: ベルリンでは明日、日本での危険な政権の誕生に抗議するデモがおこなわれます。15時半、日本大使館前にて。http://www.antiatomberlin.de/de/aktionen.html  via ついっぷる for iPhone2012.12.16 22:17只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


舩田クラーセンさやか @sayakafcドイツの高校で繰返し学ぶ史実。ナチスは突然制圧したのでも、狂った民衆だけが支持でもない。合法的な選挙によって有権者が選んだ所から始まった。つまり国民自ら選び取った責任を骨の髄に沁み込むまで学ぶ。「あの一票がそんなことになるなんて」の後悔と教訓と共に今もドイツ市民は生きています。 via web2012.12.16 15:42只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@NSSGOGO@iwakamiyasumi @senna1994may1 最初から「自民優勢」という変な偏向報道するメディアばかりだった。何故ああいった変な"空気"を流すのだろうか。自民党どうこうより、大手メディアへの不信感が増大した。朝日による個人叩きも見ていて滑稽だった。本当に下らない。viaJanetter2012.12.17 04:03只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@ompfarm自民がどんな改憲草案を作っていたかを知らずに、投票した人がどれほどいたことか…。。自民の候補たちの口から、その中身がどれほど語られていただろうか。。人質民主主義。 via Tween2012.12.17 02:17只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


@hiyochannていうか、放射能汚染や被曝のことはTVだけを見ている人たちにとっては「大丈夫、放射能はレントゲンとか飛行機と一緒」くらいな認識だった。だから脱原発が争点にならなかったと思う。そうなると、景気・経済立て直しを掲げる党になる。それもTVがすり込んだ内容で判断。実はもっと搾取されるのに via web2012.12.17 04:07只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


ipmw @ipmw最悪の仮定として、日本がどっかと戦争するにしたって限定的な地域紛争だから大動員は必要無いはず。徴兵制復活論は戦争の為というより、国威発揚原発作業員確保が目的だと思ってます。チェルノブイリでは延べ60万人動員したって言われてますから。 via Keitai Web2012.12.13 13:20只のオッサン(脱原発への急転向者)さんがリツイート


(関連情報)


【青空学園だより、2012-12-16 選挙結果を受けて/「ポーランド型自由原理、オヴァ‐トンの窓」との共鳴】笑う者には笑わせておけばよい。そして、また、負けるならとことん負ける方が大きな教訓を引き出すことができる。東電核惨事(フクシマ原発過酷事故)の経験をふまえた人々の智慧が勝るのか、全てはこれからである。http://d.hatena.ne.jp/nankai/20121216


・・・以下、青空学園だよりの内容転載・・・


選挙の結果が出つつある.比例区の最終結果はわからないが,自民党単独過半数を占め,自公あわせて320議席未来の党は大幅後退,10議席前後というところか.自公民維新をあわせて戦後自民党の悲願である憲法改定も射程に入る議席である.これで当面,自公民維による,原発再稼働,消費増税,TTP推進,沖縄米軍基地固定,憲法改悪,強権政治の「右翼大連合」が進むことはまちがいない.大官僚と警察司法権力は高笑いということである.しかし,笑う者には笑わせておけばよい.そしてまた,負けるならとことん負ける方が大きな教訓を引き出すことができる.


今回の自民復活は,ファシズムの進行ということで言えば,ちょうどかつてワイマール体制の中でそれを批判したヒトラーが躍進した段階である.この間日本で,反貧困で闘ってきた人々,小沢裁判に反対し闘ってきた人々,そして脱原発行動に参加してきた人々の思いとはまったく異なる結果となった.人々の過半が脱原発に賛成でも,小選挙区制を手段とする支配体制はこのような結果をもたらす.選挙制度としての小選挙区制はこのようなときのためにある.


日本においてはこのような選挙結果である.しかし,アメリカは依然としてドルを刷り続けており,早晩これが破産することは間違いない.安部政権は日銀にも円を刷り続けることを求めている.これは日銀がアメリカ連銀と心中する道である.今後さらにこれを推し進め,こうして「戦後脱却を目指す」といいながら,その実,対米従属・経済至上の戦後自民党政治を行きつくところまですすめるだろう.が,しかし,それは世界の多極化,中国の台頭,米国の覇権崩壊が不可逆的なものであることに気づかない,あるいは見て見ぬふりをする政治である.


これはアメリカ自体にもあてはまる.今後アメリカ経済がさらに破綻したとき,まだ一度もファシズムの経験のないアメリカが,ファシズムに走る.9.11以降のブッシュの時代にすでに実践済みの法を越えた弾圧政治に走る.そして安倍内閣がこれに追従する.日米安保ファシズム同盟となりうる.安倍自民党のこの先は,アメリカに日本国民の金融資産を売りわたしたうえで,ファシズムを経て滅びゆく帝国アメリカと,心中する方向に進む.アメリカ社会と日本社会のさらなる荒廃をもたらし,国破れて山河なしの世になることになる.


もういちどそこまでいかねばならないのかも知れない.歴史は厳格であり非情である.そして人々を鍛える.議会そのものは真の力ではない.議会選挙を操る者こそ真の力であり,そうである以上,それに対抗する人々の力を組織するしか活路はない.これでへこたれる者はへこたれよ.それでも歴史はすすむ.いま必要なものは,植草さんの提起した主権者国民連合のような運動を,日常的な運動に高めることである.そして,反ナチス抵抗運動にあった反ファシズム白バラ運動を,この日本でも組織することが必要なのだろう.そしてさらにその運動が,自分たちの通信手段をさらに大きくもつことである.恐らくこのような段階はどのみち不可避だったのである.歴史は曲がりくねっているが必ず到達すべきとろろに到達する.先日書いた二つの道,


国民の生活を第一とし地方の再建をめざす政治.対米自立.脱原発人間原理確立.富の再配分.


アメリカへ従属しその利益を優先する政治.対米従属.原発維持.経済原理優先.富の偏在増大.


は客観的なものである.紆余曲折を経ても,歴史は必ず1.の道を選択する.その途中で2.を選ぶときがあるなら,それはそれを通してさらに教訓を引き出し,人々がさらに団結するためである.今はまさにその過程の試練である.チェルノブイリから5年で旧ソ連邦は崩壊した.日本の旧体制が崩壊するまで,歴史の試練は続く.


私は愚かなことは二回やらねば人々の智慧としては根づかない,と考えている.それが歴史の現実である.最初の愚かなことはあの戦争と原爆であった.そして東電核惨事は実は2回目の愚かなことなのであるが,そしてそのようにとらえる人々が過半を占めるのであるが,しかし今回の選挙はこれを覆い隠し,なかったことにするという結果である.このままで行けば,もういちどの愚かなこと,かつてドイツが経験したヒトラーナチスの政治を,日本でもやることになるだろう.しかし,選挙は一つのことに過ぎない.本当にそこまでゆくのか,それとも東電核惨事の経験をふまえた人々の智慧が勝るのか,すべてはこれからである.


(本文の要点/再録)


1 決して我われ良識派を自負する国民は諦めるべきではない。それは、上(該当記事の既述部分)で見たとおり、約6〜7割の反原発意思が現行選挙制度の致命的欠陥により強引に封殺されたというのが、今回の総選挙の実態であるからだ。。


2 大勝だ、圧勝だという記者クラブメディアの御祝儀チョウチン報道の足元では、非条理な選挙制度とメディアプロパガンダで封殺されて約7割の反原発の国民意思のマグマが再び煮えたぎり始めているのだ。


(参考情報)緑の党MLより、某会員の声の転載


今回の衆院選挙結果には、本当に大きな失望と不安を感じていますが、緑の党事務局や会員の結果分析だけでなく、さまざまな角度から客観的に判断した方が良いと思っています。


メルマガを購読している、株式会社船井総合研究所執行役員で、環境コンサルタント菊池功さんの配信記事を紹介します。http://www.eco-webnet.com/kikuchi/


VOL.342「衆院選自民党圧勝!」 
すでに周知の通り、今回の衆院選自民党の圧勝だった。


今回の結果についての多くの方々の感想は以下の通りだろう。
1.自民が勝ったわけではない・・・
2.民主が負けたのである・・・
3.いわゆる、消去法・・・
4.とにかく、民主には裏切られた・・・
5.そして、その敗因は内部のゴタゴタ・・・
6.自民はおごらないで欲しい・・・
7.第三極乱立も良くなかった・・・
8.投票率が低かったのが残念・・・
9.一党大勝してしまう小選挙区制、このシステムは恐い・・・
10.これで日本再生!となる気はしない・・・


特に、今回、上記9の思いを抱いた方が大半なのではないか。選ぶ方の国民以上に、選ばれる候補者の方が恐さを感じたのではないか。そして、上記10。


結局、失敗に終わった前回の政権交代ほどの期待感がないのである。もっと言うと、不安・・・な方が多いような気がする。


さて、今回の結果を見て私が現時点で感じることは以下の通りである。(もちろん、上記1〜10については私も同意見であるが、 それら以外に感じていることをお伝えする)


11.結局、国民の本当の思いは伝わっていないようだ
12.政治の膿は残ったままで、より膨れ上がるだろう
13.中央政治は一般民間人からより乖離してくる
14.資本主義的な思想(強国論の安倍氏の思想)は延命化する
15.しかし、これで(安倍政権で)その思想は最期になりそうである
16.既成概念で言う経済の活性化は達せられない
17.やはり、政治の混乱・混迷(政治と一般人の乖離)は続く
18.第三極に見たような新しい価値観がドンドン増える
19.むしろ、第三極的な思想が今後整理されてまとまってくる
20.新しい時代に向けてのスタートが切られた


今回、北朝鮮のミサイル発射問題や中国船の尖閣諸島への侵入等、選挙直前の海外の動きはいつものようにアメリカ主導だったろうから、それも強国論者の安倍氏をフォローしたのだろう。


上記11〜20で何を伝えたいのかと言うと、今回の結果は次に向けてのプロセスであるということである。


上記18・19のことである。


これまで長い間、数十年間以上、第三極的な思想、ましてや、“脱”原発や“卒”原発のような言葉が公言されたことはなかった。


今回、それが公言された。


“脱”官僚
地域主権
生活者重視
“脱”原発


・・・・・


民主党政権以降やっと、このようなキーワードが世間に溢れるようになった。“普通に”溢れるようになった。今回、急に溢れたので、選ぶ方も良く分からないのである。


今後、第三極的な新しい価値観が整理されてまとまることによって、時代は次に向けてのステップに進むのだろう。


〜・〜・〜・〜


私自身、今回の衆院選挙では地元の日本未来の党候補を支援し


脱原発、反TPP、反消費税の議員勢力を国会で形成して、それを来年の参院選挙に繋げていけば、緑の党の議員誕生の下地になると思っていました。


その3条件全てを満たしている党は多くありませんが、脱原発だけに絞れば、他政党間の連携はできると思います。


そして、今回の選挙戦で痛感したのは、公職選挙法が自由な選挙活動を阻んでいることと、
マスメディアの公正な報道がなされないことです。


今度の衆院選挙でも日本未来の党は、マスメディア報道によって第三極から外されていました。


岩手県の熱海さんが指摘されているように、IWJや日本報道協会との連携を積極的に構築して、緑の党が市民メディアを支え、市民メディアも緑の党を好意的に報道するという関係性を作れたらと思います。


そして、公職選挙法でネット選挙運動ができるように若者の既成保守勢力にも働きかけて行くことではないかと思っています。