toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

続、エーお煎にキャラメル〜!/浪漫派風の放射能汚染ピック東京「イロニー(幻影)劇場」で安倍が取り戻しを謀る軍国ファシズム


[副題]続、そもそも“正統保守とは何か?”を日本国民が真剣に考えていないことが、ブラック擬装極右派の安倍らを此処までのさばらせた諸悪の根源ではないか?


3 日本浪漫派風の放射能汚染「東京五輪イロニー(幻影)劇場」/太平洋戦争を煽り現実逃避(イロニー)へ国民を誘い、その惨禍を賛美した日本浪漫派なる悪の華(Les Fleurs du mal)のデジャヴ(既視感)


イカサマ保守たる偽装極右派・安倍政権の狙いはズバリ『集団的自衛権憲法改正(9条放棄)⇒戦前型ファシズム国防軍&徴兵制の実現』の流れを創ること)



 

Under Construction. Coming Soon!


*コチラに続きの記事が出来ております! ⇒ http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20130924