toxandoria:旧「toxandoriaの日記」

W,Ⅴ.O.クワインによれば、地理や歴史から物理学や数学、論理学までに至る知識や信念の総体は周縁部(フリンジ)でのみ経験と接する人工の構築物ないしは「境界条件が経験であるような力(持続的ダイナミズム)の場」とされ、この描像の下で理論(又はイデオローグ)と合致しない観察結果が得られたとき生ずるのは何らかの特定の仮説の撤回ではなく、信念体系内部の各命題に割り当てられていた真理値の再配分であり、そこには多くの選択の余地(つまり無限の可能性が絶えず拓ける状態)がある。中山康雄著『科学哲学』(人文書院)

科学と倫理の距離は近い!/大格差、人間の壁がDX肥大症化!「リーン高度生産性Vs伝統労働力」はAI構造災に非ず重力・変分原理ら科学「知」に関わる根本的な誤謬 or 作為(Pseudo)の人災!(1/2)

f:id:toxandoria:20210503053728j:plain

■科学と倫理の距離は近い!/大格差、人間の壁がDX肥大症化!「リーン高度生産性Vs伝統労働力」はAI構造災に非ず重力・変分原理ら科学に関わる根本的な誤謬 or 作為(Pseudo)の人災!(1/2)

 

[前置]メルロ・ポンティの慧眼

・・・我われの<日常と時間の感覚>を支え続ける「経験」(ここでは広義の歴史経験など、および意識の深層海流をも含む)についてポンティの眼差しを率直に考えてみると、「メルロ・ポンティの経験論」は、身体の現象学フッサールら意識の哲学)を通過したうえ、日々の“生”きた場面で覚醒する共時的な「身体」、いわばミシェル・アンリの共感に生きる“受苦と愛”の肉体の存在論を経て、更にそれはオミクス生命論の意味でミクロ・マクロ両環境とも相互浸透する「身体化された心」(enactivism:エナクティヴィズム/外界の思考・新実存論@マルクス・ガブリエル)へと深化することを予感させてくれた。

・・・画像58

・・・↑カバー画像は、ポール・セザンヌ『サン・ヴィクトワール山』1904 73×91cm/フィラデルフィア美術館・・・

 

・・・当記事の内容は「J.マクダウエル/第二の自然の解釈」を布石としつつ、森田邦久『現在という謎―時間の空間化批判―』(勁草書房)らを併読し、そこで理解し得た<市場原理主義、Pseudo“科学意識”(完全“合理主義・唯物論・還元主義等)、「絶対原理的な自由意思ら諸イデオローグ(強欲資本主義、超然観念化・概念飽和化した“啓蒙主義&共産主義”etc)」>の劣化   およびその古びた視座をリフレッシュする新しい倫理、つまり“オミクス生命論”と“変異の閾値”を前提とする「Fiduciary(リアリズム倫理)」に関わる主な論点を纏めたものである 。・・・

 

 (関連Tw)水のイマージュ2 @tadanoossan2 /「リアリズム倫理」i.e.科学と倫理の距離は近い!の示唆となる[禹歩]の覚醒となるか?そもそも[禹歩]は古層「日中文化」のジャンル↓♨ だが、日本では≪科学、宗教、倫理≫を同一視する穴クロ超然カルト #日本会議 (菅政権・安倍元政権の背後霊)がガン的「元凶」! →米中、気候変動で協力、排出削減に注力 418共同声明:気候変動対策の協力で合意419BBC https://twitter.com/tadanoossan2/status/1386870003555659780

画像45

♨1 「禹歩の技法と思想」/大平 洋一:大平きのこ研究所・代表、
https://square.umin.ac.jp/mayanagi/students/98ohira.htm

画像46

♨2 歴史・文献考証・考古学らの研究で神道“すり足”(反閇の変形ヴァージョン)の元とされる陰陽道の反閇(へんばい)は古代中国の治水神たる夏王朝初代・禹王伝説(空海の治水史跡とも関連)がルーツであること、神社・鳥居のルーツが東南アジア、中国南部、朝鮮南部へ拡がることが解明されつつある。https://toxandoria.hatenablog.com/entry/20150901/p1

(関連Tw)水のイマージュ2 @tadanoossan2/意外にも“科学とリアリズム倫理”の距離は近い!コレに気づかぬ日本の自信のなさが問題!それこそ最大の危機を招く恐れあり!  →米中対立は「新冷戦」か 米エール大学教授、オッド・アルネ・ウェスタッドさん:多極化での取り分争いは、米ソ時代とは違う!420朝日https://twitter.com/tadanoossan2/status/1385707420203196421

(プロローグ) DX時代にこそ重視すべき【AI人間の壁』とAI高度「リーン(lean)」生産性の問題

画像47

・・・イメージ画像↑は、「DX時代に通用する知財情報分析スキルの考え方と…」http://e-patent.co.jp/2020/11/24/dxip2020-epatent/ より転載・・・

(1)AI『人間の壁』とは?

(要必読資料)AIの壁 人間の知性を問いなおす (PHP新書)/読書メーターhttps://bookmeter.com/books/16122425

画像48

・・・「リアル経済稼働態リアル・マネーの再生産システムの役割(伝統生産性/付加価値創造)期待されていたのは、それ自体が地球の自然・文化・生命エトノス環境への開放系と親和するという基本的性質であったがビッグデータ型「AIディープラーニングの予測値」は、閉鎖系(ヒトを初めとするリアル生命と異次元の膨大な形式知世界、電子記号・暗号化された抽象体系)であり、それは<「稼」働態>ならぬリアル・マネー<「可」動態>である

・・・だから、適切な分配が行われない限り、<AI高度「リーン(lean)」生産性(ここでは≪AIの徹底活用で凡ゆるビジネス現場から無駄を完璧に無くす!の意味/委細後述)が如何に華麗に実現しようとも、分配(貰い)が少ない非定期を中心とするルンペン・プロレタリアート層の収入は僅少の儘に止まるどころか、益々、日本社会の格差は拡大するばかりとなるだろう

・・・それは、あくまでも"新自由主義(市場原理主義)"公認"の"見せ金"https://onl.tw/VChRhQxの役割りに止まる存在であるということだ。結局、必然的に日本国内における勝者と敗者の間では大きな断絶が生じ続ける儘となり、それどころかDX化のもたらす亀裂がさらに急拡大し、更に深刻化することになる()。

 

♨ 20210718 BS1【BS1スペシャル】コロナ新時代への提言3:それでも生きてゆける社会へ【M.エンデ『モモ』(白水社)の時間ドロボーは新自由主義(“生の収奪”装置化した資本主義の暴走)に因る大格差の象徴!】:経済思想家・斎藤幸平、医療人類学者・磯野真穂、独立研究者・山口周、
https://www.cr-nexus.co.jp/info/info-1289/ https://jcc.jp/news/17412629/ 

 

f:id:toxandoria:20210720151826g:plain

 

 f:id:toxandoria:20210720151845j:plain

・・・別に言えば、それは、<「AI形式知空間(抽象記号・暗号構成型リーンDXwebワールド)」>Vs<「オミクス生命論が包摂する自然環境の中でヒトを含む凡ゆる生命が歴史を育むリアル暗黙知空間」という二つの異次元空間に跨るDX時代を逞しく生き抜かざるを得ない日本国民の間では、必然的にこのような、ある意味で従来の格差とは全く異質で新しいタイプの、いわば<『AI高度「リーン(lean)」生産性』型の激烈な分断>が生ずる、と考えられることになる

・・・そして、前向きに考えれば、その分断をどのようにして乗り越えるべきかを考えることが重要となる。そのため、両者(AI形式知空間とリアル暗黙知空間)の間では「ヒトの幸せのための本物の科学意識を伴う社会工学」の視点による政治経済の新たな選択、つまり何らかの「展相(Potenz)の工夫」が必須となる。(Cf.『想定上の完全AIアンドロイドはなぜ胡散臭いのか?』、https://toxandoria.hatenablog.com/entry/2019/09/02/125003

(2)AI高度「リーン(lean)」生産性を只の幻想で終わらせぬため必須となる二つの視点

画像34

・・・官野 厚(サービスマネジメントコンサルタント/Cf.↓★)著『DX時代のサービスマネジメント』(技術評論社/↑画像)によれば、「リーン(lean)」はウイエイモ(waymo/先端的な“自動運転技術”開発で知られるグーグル系の会社)のCEOを退いたばかりのクラフチック氏(John Krafcik)の造語である。なお、クラフチック氏がウイエイモのCEOを退いた理由は、『(自動運転関連の?)より創造的な仕事へ挑戦するため』とされているが具体的にそれが何を意味するかは不明!(Cf.↓★1,2)

★0 官野厚 プロフィール、https://www.hmv.co.jp/artist_%E5%AE%98%E9%87%8E%E5%8E%9A_200000000234341/biography/

★1 自動運転の米Waymo、クラフチックCEOが退任 20210403日経、https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN030BF0T00C21A4000000/

★2 Waymo CEO John Krafcik is leaving the self-driving-car company/Tim Levin April 3, 2021·3 https://news.yahoo.com/waymo-ceo-john-krafcik-leaving-175106976.html

・・・そもそも資本主義経済では、一連の生産&流通と市場経済における価値交換プロセスで次から次へ休みなく生成され伝達され続ける価値、言い換えれば生産&流通と市場経済における価値交換プロセスで創造される「新しい価値のバリューストリーム」が最終的には、新たに生み出される「リアルに利用可能な現金として分配されること」が期待されてきた

・・・そして、クラフチック氏が造語したリーンには、その一連の生産&流通と市場経済における価値交換プロセスが創造する「新しいバリューストリームに無駄が微塵もないよう徹底的にAIで設計する」という意味が込められている

・・・しかし、↑「AI『人間の壁』とは?」で書いたことの繰り返しだが、例えば<経済産業省のDXレポート“2025年の崖”↓◆>の如くDXが創造する「バリューストリーム」の流れを手放しで絶賛し“デジタル技術を使って企業が新しいビジネスを生み出し、消費者の生活が向上することが期待されます!”という浅薄な認識のレベルに止まれば(日本政府と主要企業が"ミルトン・フリードマン流、新自由主義"公認"の"公正分配の工夫を放置する、只の見せ金づくり"の役割りに留まる意思であり続ければ!)、リーンでAI『人間の壁』が強靭化・肥大化する一方で、最終的にもたらされる新たな高度生産性(たとえ、それが高度リーン付加価値であっても、その実態が只の“見せ金”づくりに勤しむ)というだけでは、分配レベルでの公平さが実現せぬ限り、DX時代の実像は「バリューストリーム」の名に恥じるべきこととなる。

・・・つまり、そこでは所謂「資本主義トータルが“見せ金づくり”である可動態(不胎化)の水準で永遠に止まり続けることになる、ということだ。

<注>不胎化・・・そもそもは為替介入でマネーサプライの変動(即ち結果的には貨幣価値そのものの変化)を抑制することだが、ここでは「永遠にリアル化が不可能な不毛のネバーランド空間(Neverlandはジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ピーター・パン』に登場する)の中で、不毛で幼児的な只の一炊の夢を見続けるAIリーン(≪完全にムダをなくす≫、又は≪痩せた、or何かに寄りかかり頼り続ける≫)なる両義的な呪文」をかけられた、つまり余りにも哀れな「市場原理主義&AIの軍門に下った資本主義、およびそのことに殆ど無関心であり続ける一般市民(国民)層の悲惨な近未来を暗示する用語として使った。

・・・そのため、一般雇用者層(特に市場原理主義で構造的に増えるばかりの非定期ルンペン・プロレタリアート層/潜性イノヴェーションの視座からすれば、実は大多数の彼らの存在こそが肝心の稼ぎ頭なのだ!)が手にするリアル・マネー(稼働態マネー)は必ず前者より遥かに僅少な水準へと縮小し続けることが必定なので、究極的にはヒトのため有意な資本主義そのものが成り立たなくなるであろう。

・・・現代の主流経済学派新自由主義/自称“科学的”市場原理主義に属する経済学者(及びそれと交尾む政治権力者)らが、もし<AI-IT(DX)シンギュラリティが完結した暁に、ヒトならぬアンドロイド型ロボットだけが“生きる?”オミクス生命論(地球型の自然)が不在の世界でのみ通用する「非常に斬新なゲーム資本主義」を完成させるつもり>なのであれば全く別の話になるが!(オミクス生命論の委細は↓◆(■)を参照乞う)

◆【実験医学的な思考実験】アンチ「重篤エピジェネティック疾患こと、アベシンゾー型トランスオミクス(orオミクス)層リアル反転『リピート異常発現』症」に対する、一つの処方の方向性、https://note.com/toxandoria2/n/nba47ae28eff6?nt=like_2181994

(関連Tw)水のイマージュ2@tadanoossan2/リアリズム倫理の観点からすれば「政治とカネ」重視は少なくとも70%位は欲しいところなのでこの微妙な数字のカップリングは近視眼的な大衆プラグマティズムの“程々の表れだろう。しかし、悪党「自民」にすれば余りにも好都合では?!w   JPN「“お仲間式”強欲政治&見せ金づくり資本主義」の隠蔽で「日本の崩壊リスク拡大@近未来」が見えない悲劇!  →政治とカネ=大いに重視53% 、景気・雇用54% 衆院選の投票時418朝日世調https://www.asahi.com/articles/DA3S14875204.html

画像28

https://twitter.com/tadanoossan2/status/1383613588678475779

・・・そこで、再認識すべきものが後で触れる「変異の閾値/不均衡進化論」(古沢 満)および「リアリズム倫理/社会的共通資本」(宇沢弘文)の問題である。

経済産業省の「2025年の崖」について分かりやすく解説:日立ビジネスコラム/20201125、https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/column/core-system/2025-cliff.html

・・・因みに、leanの原義は「(1)痩せた、(2)何かに寄りかかる、何かに頼る弱々しさ」ということであるが、これらは見事にクラフチック氏の造語「lean」の正体(無論、これは分配レベルでの公平(公正さに基づく)が実現せぬ限りという条件下に止まる限りでのことだが)をズバリ指摘しているようで“実に、言い得て妙なり!”と思われるが(苦W)、どうだろうか?

1 DXで強靭化する「AI型"人間の壁"」の下でも「Ⅿ.フリードマンの言葉、『真の変革は不安定な危機状況でのみ可能であり実現する!」は、本当か? 

(DXを新種の"科学的"新自由主義のバイオレンスとしないために)

すでに「プロローグ」で見たことだが、DXで強靭化する「AI"人間の壁"」が肥大化する一方の最中で、只管「リーン」化AIで隈なくムダを省き完璧に合理化するというレベルに止まるならば、それでは我われがリーン・バリューストリームなる大義名分の下で新種の"科学的"新自由主義のバイオレンスに曝されることになる。そこで、少しばかり前の時代へ遡って、それは何故かを考えてみることにする。

そもそもDX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、愈々、我われが本格的な「AI高度生産性」の時代に入ることを意味するが、別に言えば、それは些かでも油断(リアル日常で生きるヒトのためのリアリズム倫理観を喪失すること)があれば市場機能の科学的性質を標榜した 「新自由主義」の経済学者、ミルトン・フリードマンが代表する「科学の『真理』知に関わる誤解、又は作為(一定の思惑に満ちた操作意思/Pseudo)に因る、政治経済的な構造災害ジャンルの人災=Pseudo-science型の大惨事」を暗示しているとも理解できよう

なお、詳しくは後で触れるが、いま一般に広まっているDXの意味(それは、我われが本格的な「AI高度生産性」の時代に入る変革の時だ!という理解に止まっている)が、実はこの言葉の創案者であるスウェーデンのストルトマン(科学技術哲学者)、アンナ・クルーン(現象学者)両氏の定義(AI‐ITの有効活用で、多様生態系の保守と"リアル日常の幸せ""ヒトの仕事(リアルな収入を得るのための)の確保"を実現する)から大分逸れてしまっていることに留意すべきである。さもなければ、我々は換骨奪胎で、殆ど逆ベクトルの方向へ歪曲されたDXに踊らされることになりかねないであろう(その歪曲の真犯人が誰かは知らないが!)。

さらに言えば、それは「未だその正体が計り知れぬDX化なる<DL(ディープラーニング)「蜜」結合型の工学・技術“暴走”の意味でのリーン構造災">による「より深刻な分断化=社会構造の亀裂」(それはいわば健全な社会工学の視座による点検・検証の対象と見るべき病理)が更に劇症化する可能性が高まる時代でもある。

因みに、数学・物性物理などにおける数式での証明をリアル(実在)と見る、いわば科学と工学を混同するタイプ(それが本気であれ、作為であれ‼)の数理経済学者で、かつ“小さな政府と数理科学的な市場原理主義の教祖”とされるミルトン・フリードマンは『真の変革は不安定な危機状況でのみ可能だ!https://www.goodreads.com/quotes/110844-only-a-crisis---actual-or-perceived---produces-reals-realという、ある意味で"極めて作為的Pseudo:súːdou)で、かつ傲慢"な信条の持ち主であったとされる(@ナオミ・クライン"ショック・ドクトリン 惨事便乗型資本主義")

画像26

なお、近年は「惨事便乗型資本主義」に加えて、その相棒のカップリング的な存在とでも言うべき、AI‐SNSの利用に因る「監視資本主義」の弊害が登場している。その典型事例は、トランプ元大統領に煽られて米国議会へ暴徒化し乱入したトランプ支持者たちが引き起こした事件だ。これがビジネスで利用されると、AI‐SNSらで殆ど詐欺的に収集した個人情報を悪用するネット・ビジネスの展開ということになる

監視資本主義_R

つまり、監視資本主義(サーベイランスキャピタリズム)とは、個人データが商品となり、このデータの収穫と生産がインターネットの大規模な監視に依存しているプロセスを説明するものであり、この用語は2014年にハーバード大学(ビジネス・スクール名誉教授のショシャナ・ズボフによって造語された(https://courrier.jp/news/archives/160118/

GAFAやSNS、即ちAI-DL(ディープラーニング)技術がその主役となっており、"真の科学的とは何か?"を考える暇もないままで、例えば「Qアノン陰謀論、顔認証データ」らが政治・犯罪ビジネス等の現場で、権力、資本側、または極右“暴力”ないしは犯罪組織らによって、一方的に収集され、再びそれが爆発的に拡散・流通するという形で、多面的悪用されている(参考画像は、https://onl.tw/vCAQaVsより)。

("真の科学的とは何か?"を考えるための重要な視座/事例1)

・・・『宇沢弘文の経済学』の核心はリアリズム倫理の視座がベースの不均衡動学(社会的共通資本)である・・・

画像20

一方、このミルトン・フリードマンの如く不遜で傲慢なタイプとは対極にある、むしろ"「人間性」と「数学ら諸科学」の両者を対等のリアリズム(より正確に言えば、両者はヒトのリアル日常を協働して導く、その生命維持のため有用な存在)と見る宇沢弘文の如くヒューマンな数理経済学者たちも存在するつまり、彼らはそもそも数学を含む諸科学はその「本来性」から必ずヒトの幸せのため役に立つことが可能だという強い信念を持っていることになる。

特に、宇沢弘文はFiduciary(リアリズム倫理)の観点から人間性を重視する立場だ。即ち、宇沢は先ず理想や真理を探求する科学の「本来性」(人間性と基盤を共有すると理解する)と、只管「実用・実利・実便益」目的の動学(可動&稼働両態操作に関わる技術知)である工学(此処では社会工学の謂いでの経済動学も含む)を峻別する。                                                

但し、委細は後述するが宇沢弘文の不均衡動学は只の社会工学技術ではなく、それは言わばリアリズム倫理Fiduciary)の射程内にある「一定の閾値」を視野にしつつ数学的にリアル経済(特に社会的共通資本を介して)をコントロールするものと理解できる。                  

つまり、宇沢弘文らが最も重視するのは<人間の本来性(人間性)の理解、すなわち 科学哲学(または心の哲学)で言うところの1-2人称の意識の対象となる、いわば「リアル空間化された“日常”時間の世界」>ということである。

そして、そこでこそ<真の自由が享受できるし、地球型の自然環境に対し開かれた“ベルグソン(連続)orプリゴジン(散逸)”的に超世代で自己生成しつつリアル空間で生き続ける、人間をはじめとした凡ゆる生命活動(オミクス生命論)の意味が理解可能だ!>ということになる。

・・・因みに、ここで言う「リアル日常の自由」は、ミルトン・フリードマンら新自由(市場原理)主義者らが主張するところの「抽象的な自由原理/@ツベタン・トドロフ/Cf.↓★」とは全く異次元・異質のものである。

★【ハイエクミルトン・フリードマン新自由主義の二つの盲点/市場原理主義リバタリアニズムに因る)なる概念飽和(Concept Saturation)の囚人たち、・・・『効用価値説』をめぐる概念上の混乱、そして「概念飽和」の問題・・・https://toxandoria.hatenablog.com/entry/2020/06/06/162034

いわば、それは言語哲学上の"選言論"にも通じるFiduciary(リアリズム倫理)に関わる覚醒ということでもあり、それは又「Dasein」(ハイデガー哲学の実存)に重なる立場である」とも言えるだろう(Cf.↓★)。

★1ヒエラルキー分業」から対等共食へ転換を急げ!“リアル循環の変異の閾値”の調整弁たる不均衡動学(社会的共通資本のヒュレー)の基本ツール、数学の「本来性と言語性」の活用は「リアリズム倫理」の良循環をもたらす!https://toxandoria.hatenadiary.jp/entry/2021/03/08/233246

★2(要参照)森田邦久編著『現在という謎-時間の空間化批判』-勁草書房-・・・自然科学における時間は、私たちが感じる「ありありとした現在」を否定し、結果的に哲学者には時間を「空間化」しているように映る。時間や現在に対するそうした捉え方の違いはどこにあるのか。好評を博したシンポジウム「『現在』という謎」を軸に、物理学と哲学それぞれの立場からのコメントと応答も盛り込む、唯一無二の時間論集https://www.keisoshobo.co.jp/book/?book_no=477659

("真の科学的とは何か?"を考えるための重要な視座/事例2)

・・・近代科学の出発点たるニュートン万有引力の法則に関わる「小さな距離でも、それは正しく成り立つのか?」の疑問については、今も実は実験でよく確認されていない!・・・

画像25

物質のさまざまな巨視的性質を微視的な観点から研究する物理学の分野である「物性物理学の視点」で見れば、ミクロな物質が感じる重力の大きさはとても弱く、かつバラバラである/万有引力の法則は正しくないかもしれない!?(イメージ画像は、http://www.s-graphics.co.jp/cover/wp-content/uploads/2020/05/19A0678.jpg より)

・・・近代科学の出発点に位置するニュートン万有引力の法則は、実は小さな距離では正しく成り立つのかどうか、今でも実験でよく確認されていない。特にミクロン(1micron=1μm:1メートルの100万分の1(10のマイナス6乗)/μmはマイクロメートルと読み10の-3乗mm、1mmの1/1000の大きさと同じ)スケール以下では重力の存在自身すらも、誰も確認できたことがない。因みに、ウイルスの大きさはコンマ以下のμmスケールであり、更にDNAはそれより可成り小さく、分子(2つ以上の原子から構成される電荷的に中性な物質)、および電子らは更に遥かに小さい! 

・・・一方で、その破れは(その超ミクロな世界に重力が存在しないとすれば!)3次元を超える異次元空間、つまり4次元以上の「余剰次元」の空間の存在を示す鍵となる可能性が高く、実験的な検証が注目されている。

ミクロの重力2_R

・・・しかし、ミリメートル(0.001 m = 0.1㎝)以下のミクロ・スケールにおいては重力の法則は精密、かつ十分に実験・検証が行われておらず(非常に弱いものとなるため)、いかなる重力理論も、このミクロ・スケールにおいて今なお検証が必要な仮説の域を出ていない。

・・・これは重力が電磁気力など他の力に比べあまりに弱く、実験的な計測が難しいためである。なお、上のグラフで分かるとおり、銅分子(原子量63.546)とアルミニウム分子(原子量26.98)では、それぞれが感じる重力の大きさが異なってなっている。つまり、分子レベルの世界では物質が感じる重力の大きさはとても弱く、かつ個々の物質(原子量が異なる分子)ごとにバラバラである。

・・・因みに、空間は3次元であるという実験的な証拠は数多くあるが、実験で調べられていない小さな4次元以上の空間が存在するはずだという主張が、今のところ実証が不可能とされる「超弦理論/↓★」等から出されている。一般相対性理論も万有引力の法則も、空間は3次元であることを前提としているので、もし4次元以上の余剰次元が確認されれば重大な修正が必要となる

超弦理論とは?・・・点粒子だと思われている素粒子が実はひもであるという仮説に基づく理論であり、時空構造など、大それた予言ができる可能性がある!/『超弦理論の魅力』京都大学基礎物理学研究所/杉本茂樹(教授)http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~shigeki.sugimoto/YITP50.pdf(↓超弦理論との関連から、数理物理フィールドで注目を浴びているカラビ・ヤウ多様体空間、イメージ画像のサンプルはウイキより)

画像48

・・・

以上は、[小さな物体にはたらく重力の実験で、4次元以上の異次元空間を探す:二宮一史(立教大学・先端計測研究センター研究員), (立教大学理学部准教授) 研究コラム 物理学「小さな物体にはたらく重力の実験で、4次元以上の異次元空間を探す/万有引力の法則は正しくないかもしれない・・・」2017-10-06/academist Journal:すべての人に、学問のよろこびを – 最先端研究を伝える学術系メディアhttps://academist-cf.com/journal/?p=6131 ]より部分転載。・・・

従って、これらのことから<石けん膜を作る極小曲面の「変分原理」の実験(↓画像、https://www.math.kyushu-u.ac.jp/Ext-Course/Open-Lect/zi_liao_files/koiso2011.pdf)からも興味深いことが理解できる。その一つは、(これは、明らかにニュートン万有引力の法則に反することになるが)スケールが極く小さい物体に対する重力の大きさは比較的小さくなることが分かったとも言えるのではないか? ということだ。

つまり、それは極小曲面としての石けん膜は、石けん水の表面張力(物質の界面張力/この場合、石けん膜が水の"分子間力"の"ハミルトンの最小化の作用(委細後述)"に因る?)が、見方を変えれば、それは普通より弱まっている重力と偶たま釣り合ったから出来ていることになるとも思われる>ことだ(因みに素粒子のなかで重力を媒介する重力子、Gravitonは未確認であるが、"重力"周辺の謎は益々深まりつつあるようだ・・・)。Cf.↓★

画像26

・・・

画像26

★界面科学の基礎/表面張力、https://www.fia-sims.com/p40-interface-science.html#surfacetension2 ↑画像説明・・・液体のバルク(内部)に存在する、ある1個の分子Bに着目します。この分子Bと、その周辺に存在するあらゆる分子との間には分子間力がはたらいています。

(関連?)【発表】素粒子物理学の根幹崩れたか、磁気の測定値に未知のずれ http://news.livedoor.com/lite/article_d%E2%80%A6素粒子物理学の基礎である「標準理論」で説明できない現象を捉えたと、米フェルミ国立加速器研究所が7日、発表した。素粒子ミューオンの磁気的な性質が、理論で想定される値から大きくずれていたという。 http://news.livedoor.com/lite/article_d%E2%80%A6  20210410livedoor N.

2 ミルトン・フリードマン社会工学上の誤謬、又は作為(Pseudo)」の典型

・・・"科学的"新自由主義こと"Pseudo(作為)"市場原理主義の教祖ミルトン・フリードマンの正体!・・・

(1)カナダの経済学者、George H. Blackfordのミルトン・フリードマン批判

Economists Should Stop Defending Milton Friedman’s Pseudo-science:George H. Blackford is former Chair of the Department of Economics at the University of Michigan-Flint. He received his Ph.D. in economics from the State University of New York at Buffalo. https://evonomics.com/economists-stop-defending-milton-friedmans-pseudo-science/

画像18

・・・George H. Blackfordの↑画像は、ttps://www.rweconomics.com/Biography.htm より。

・・・カナダの経済学者、George H. Blackfordはミルトン・フリードマンが「科学(物理学)と工学の根本的な違い」を作為で混同していると鋭く批判している。その批判の核心は、フリードマンが「現代の重力理論」を市場経済の動学エルゴンの動因「発現」の論理に援用していることを批判していることである

・・・現代の数理経済学・数理財政学などを一言に括るのは困難だが、ごく大雑把に見ると例えば「世代間の個人消費の傾向、異時点・異地域間での資源配分のあり方、個人消費の決定、経済成長・税財制・年金等に関わる理論的な予測値等を、位相数学(トポロジー)、離離数学(非連続値を扱う)あるいは離散系力学モデルらに対応する様々な関数・方程式、有限差分法など数値解析法、又はゲーム理論や物性物理・同数学・確率論の応用など、非常に多様な動学的分析(静学の理論に時間のファクターを加えたリアルな経済動向(モデル)の分析)」を取り扱う」内容と言うことになるだろう。

・・・また、シュンペーターが提唱したとおり経済学には、静学(科学理論)的な分野(分担)と動学(社会工学)的な分野(分担)を併せ持つという特殊な性格(両義性)があるのは確かだ。しかし、だからといって「現代の重力理論」を前段(静学(科学理論)的な分担)の仮説の中で、その大黒柱(恰も万能の神の奥の手?)として援用したのは不可解(と言うよりPseudo、つまりミエみえの作為であり欺瞞そのもの)である。

画像22

・・・それは、たとえ現代の「落下体の法則」(仮説的な真空を落下する重力"等加速度"の法則)であっても、現実的には、空気抵抗の問題や風速など様々なファクターも考慮する必要があるからだ。いわば、その様々な外部パラメータの存在に因って重力の『時間反転対称性(関連する委細は“結語”で後述する)は破れる可能性があり得る!?更に、上で述べたμm以下の極小スケールにおける重力の"破れ"の問題(大きな可能性)すらがある!

・・・数え切れぬほど多様なファクターが絡み合う自由経済市場(リアル日常の消費と需要がもつれつつ稼働する)はミクロ~マクロに跨るリアル&潜性両生産性の湧出源でもある。そして、そこに介在しつつ生きる"生身のオミクス生命個体内にはμm以下のDNAは無論のこと超極小スケールの未知の物質や“4次元以上の「余剰次元」空間さえも潜むと考えられることに加え、ヒトを含む凡ゆる意味での多種多様な生命活動"に支えられてこそ成り立つリアル日常の場面で、その数理物理学の法則である、ある意味で独善的(or Pseudo)に理解された静的抽象論たる重力理論の援用「仮説」が終始一貫して罷り通るとは、とても考えられないのではないか?(重力加速度gを説明する↑模式図は、https://xatoblog.net/force-and-vectorより)

・・・つまり、その生身のオミクス生命個体の超極小スケールの内部環境は、多種多様な生命活動と超極小スケールの物質や未知の余剰次元空間で満ち溢れていることになるうえ、そこでは重力がほとんど存在しないか、あるいは余り大きな影響を与えていない可能性が高いのである。

・・・余談になるが、量子論・数学論の立場からヒトの思考や意識の特色を探り、それらを前提に「物質から精神が生じるさま」の説明を試みるR.ペンローズ(英国の数理物理学者、科学哲学者)は著書『心は量子で語れるか』(ブルーバックス)の中で、意識の生ずる場所として生体中の微小管(microtubule/真核生物の主要な細胞骨格の一つ、外径は約25 nm)をその候補に挙げている。https://toxandoria.hatenadiary.jp/entry/2019/09/01/165255 (↓微小管の画像はウイキより/1nm(nm:ナノメートル)=10の-9乗=10憶分の1メートル)

スクリーンショット 2021-04-19 164846

・・・言い換えれば、「重力が一般相対性理論(非ユークリッド空間/Cf.↓補足)の主な構成要素の一つであるとしても、経済市場には地球なる惑星球体上の"重力の等加速度"に相当する所与のパワー(一定方向に向かう直線的な牽引力としてのエルゴン・ベクトル)が存在すること」を大前提としたミルトン・フリードマンは、市場経済(市場における経済活動)における「リアル日常の消費と需要がもつれつつ稼働する、そしてリアル&潜性両"生産性"の湧出源でもあるヒトを含む凡ゆる意味での多様な生命の双方向の交流活動(マクロ~ミクロにおよぶ内外の自然エトノス環境での)に支えられてこそ成立する日常リアリズムの実相」ということを、敢えてバッサリと無視していることになる。                    

しかし、いったん<“科学的(自称?)な動学理論たる市場原理主義>としてアカデミー経済学賞(1976)まで受賞してしまえば、こっちのモノ!という次第で、ミルトン・フリードマンは、現代における<主流経済学派のご本尊>として"今も安泰であり続け(DX=AI時代になっても、益々それは有効!と広く崇め奉られており)、只管、我が世の春を優雅に謳う"だけのように見える。

<補足>「特殊相対性理論、一般相対性理論」について・・・特殊相対性理論は、操作的な実験観測である「マクスウェル電磁気理論の対称性に依拠した、アインシュタインの『光の交信による現在”時間”』の測定(1905)」に基づく理論なので、「光の速さに近づくと時間が遅れる(速さは光速を超えることができない)」ことは、科学的事実として無視できない。一方、「リーマン(非ユークリッド)幾何(測地線の方程式)+(古典)力学+重力(重力場のアインシュタイン方程式)」に基づく一般相対性理論(発表/1915~1916)は演繹的な理論なのでそれが科学的事実であることを確定するため様々な観測が続けられている(関連参照↓◆)。

アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論/真貝寿明(大阪工業大学情報科学部教授)https://www.oit.ac.jp/is/shinkai/nishinomiya/2020nishinomiya.pdf

(2)米運用会社GMO創業者ジェレミー・グランサムのミルトン・フリードマン批判

画像19

・・・Robert Jeremy Goltho Granthamの↑画像は、https://www.bloombergquint.com/markets/2018/01/03/gmo-s-grantham-says-stocks-could-be-heading-for-a-melt-up より。

Robert Jeremy Goltho Grantham CBE (born 6 October 1938) is a British investor and co-founder and chief investment strategist of Grantham, Mayo, & van Otterloo (GMO)、 a Boston-based asset management firm. https://onl.tw/J8CNYSd

・・・端的に言えば、ミルトン・フリードマンの言葉「企業の社会的責任は1つだけで、それは利益の最大化あるのみだ!」は、真空中におけるマクロな重力"等加速度"運動のアナロジーを米国主流経済学派の金科玉条に祀り上げたという意味で、実に異常な、そして誤った信念(というより、それは狂った or 作為のある信念)以外の何物でもない!The Financial Pointer⋰@ジェレミー・グランサム:ミルトン・フリードマンの狭量)https://www.financialpointer.com/jp/post-17141/https://www.financialpointer.com/jp/post-17141/

 

画像17

シカゴ大学には2008年7月に、宇沢弘文の同僚にして天敵でもあったミルトン・フリードマン(Milton Friedman/1912 - 2006)の「新自由主義に貢献した市場原理主義」の業績を記念する「ミルトン・フリードマン研究所」が設立されている(当研究所設立の情報源:2009.1.9付・日本経済新聞)。(↑フリードマン画像はウイキより)

ところで、そもそもDX(デジタルトランスフォーメーション)とは、その名付け親にとって何を指す言葉であったのか?(以下は、↓URLより一部をフィーチャーして部分転載するもの)https://monstar-lab.com/dx/about/digital_transformation/

・・・まず、DX(デジタルトランスフォーメーション)の論文(2004)を発表したスウェーデンのウメオ大学に所属するエリック・ストルトマン教授(Erik Stoltman)は<技術(科学)哲学の研究者>であり、そのDXの共同研究者であるアンナ・クルーン・フォルス(Anna Croon Fors)は同じウメオ大学の<現象学研究者>であることに留意すべきであるhttps://www8.informatik.umu.se/~acroon/Publikationer%20Anna/Stolterman.pdf

画像16

・・・つまり、スウェーデン発のDX(デジタルトランスフォーメーション)論は「ネオ・スウェーデンモデル/↓◆」および「リアリズム(オミクス生命論的倫理https://note.com/toxandoria2/n/nba47ae28eff6)」がベースであることに注意すべきなのだ

◆日常を凝視するスウェーデンモデルへの宇沢弘文の貢献とFiduciary(リアリズム倫理)に無知なスガ「Kook権力」の玩具と化し不幸のどん底に嵌る日本国民! https://toxandoria.hatenablog.com/entry/2021/02/02/011339

そこでは、A「多様生態系の保守」とB「"リアル日常の幸せ""ヒトの仕事(適切な収入)の確保"」が最重視されており、AとBの視点(Fiduciary/リアリズム倫理)が欠けたDXでは「イノベーションの民主化」は進まない!とErik Stoltman、Anna Croon Forsの両氏は主張しているhttps://www8.informatik.umu.se/~acroon/Publikationer%20Anna/Stolterman.pdf)。 →経済全体に「DX」を/デジタル化は経済フレームを変え、イノベーション民主化が進む! 613日経 https://twitter.com/tadanoossan2/status/1372104676221407232

画像15

 https://twitter.com/tadanoossan2/status/1372104676221407232

・・・因みに、経済産業省や各調査会社の資料でも、頻繁にDXという略語が登場しているが、なぜデジタルトランスフォーメーションの略が「DX」なのか?デジタルトランスフォーメーション=DXの理由は、「Trans」を「X」と略すことが一般的な英語圏の表記に準じているためである

・・・つまり、この“進化したデジタル技術を社会の隅々まで隈なく浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること”を含意する「Digital Transformation」を直訳すると「デジタル変換」という言葉になるが、“変換”というよりも“変革(人間社会の革命的な変化)”という言葉が鍵になる

(関連)水のイマージュ2 @tadanoossan2/311フクシマ過酷事故の事実(事実上、311フクシマ原発過酷事故は未だ終息していないという目前の現実)を無視し再稼動(汚染水の海洋放出)ありき!の一本鎗で国民の意思を捩じ伏せる菅自民政府の流儀は科学の真理と工学の違いを作為(Pseudo)で混同させたM・フリードマンの偽装科学的"市場原理主義"以上の<リアリズム倫理(Fiduciary)と人道を全否定する極めて悪辣な人災(政治的構造災)>だ! →政府が汚染水を海洋放出する方針を固めた!汚染処理水処分「近日中に判断」 菅首相表明、関係閣僚会議開催へ407 毎日2021年4月7日·Twitter Web App https://twitter.com/tadanoossan2/status/1379800450363392000

画像21

(関連)望月衣塑子さん @ISOKO_MOCHIZUKI /311事故から何も学ばない政府と電力会社。このツケはまた必ず日本にくるだろう、福井県内にある運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基が再稼働へ、前例ない運転延長は「40年ルール」をなし崩しにし、政府が掲げる「脱炭素社会」の実現を名目に今後当たり前になる可能性  2021年4月26日·Twitter for iPhone https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/1386669200278581249

(関連/要参照)◆市場原理主義ミルトン・フリードマンら)の天敵!宇沢論文「不均衡動学」の理論 https://toxandoria.hatenadiary.jp/entry/2021/03/08/233246

・・・

3 愈々、本格的な「AI‐IOT化、i.e. DX化の時代」であるからこそ再注視すべき『人間の壁』の問題

すでに「プロローグ」でも述べたのだが、DX時代であるからこそ我々が益々重視すべき課題は、『AI『人間の壁』:AI高度「リーン(lean)生産性 VS 伝統労働生産性を一体の問題として、即ち科学・科学技術に潜む本来性から必然的に両者間で生じる大格差の問題を“ヒトのリアル日常において遍く縮小化し、究極的にはそれが如何にすれば解消できるか”を考えるべきだ!ということであった

しかし、現実は未だそのような考え方に追いついていないようだ。例えば2021年4月19日の日本経済新聞は一面で「中途採用10年ぶり伸び 今年度16%増 コロナ下の生き残りに危機感で DX人材底上げhttps://twitter.com/nikkei_business/status/1383880752249462785」と“手放し=全く無批判な姿勢”で報じており、合わせて「きょうのことば/デジタルトランスフォーメーション」では、DXの求人が伸びているため外注で間に合わずデジタル事業をジョブ型雇用で内製化するというユニークな動きが出てきた!ことも報じている。

専門の技術・知識に期待することを謳う「ジョブ型雇用」の実態は必ずしもバラ色とは言えきれず、「DX人材の底上げ」でAI高度「リーン(lean)」生産性のレールが敷かれると」同時に、一歩誤ればトータル日本企業の非正規雇用化(主にミルトン.フリードマンの“科学的”市場原理主義のテーゼに因る)のトレンドと相まって、DX化が更なる大格差拡大のタネを撒くことにもなりかねないと思われる。

(関連Tw)水のイマージュ2 @tadanoossan2/今こそDX化の両義性(リーン高度生産性 Vs 大格差拡大)を視野に入れることが最肝要ではないか!?                      →デジタルトランスフォーメーションとは ITで企業変革/外注で間に合わずデジタル事業をジョブ型雇用(アンチ終身:一歩誤れば使い捨て?!)で内製化する動き! 419日経、午後5:44 · 2021年4月19日·Twitter Web App https://twitter.com/tadanoossan2/status/1384065325063303183

(参考) ジョブ型雇用とは?

だからこそ、プロローグでも述べたとおり<「ビッグデータ型「AIディープラーニングの予測値」が閉鎖系(ヒトを含むリアル生命とは全く異次元の膨大な形式知世界、電子記号・暗号化された抽象体系、リアル・マネー可動態/あくまでも"科学的であることを詐称(or自称)する新自由主義"公認"の"見せ金"づくりの道具的な役割りに止まる存在)であるため、必然的に両者、つまり「AI高度リーン生産性Vs伝統労働付加価値」の間には大きな断絶が生じており、それがDX=AI化で更に急拡大しつつある!>という、実に恐るべきアンチ・ヒューマンな現実を我々は再度直視するべきだと、考えられる。

更に、以下ではこのような視点とは些か異なる角度から、例えばミルトン・フリードマンの如く自らの理論は“紛れもなく真に科学的である”と、いかにも尤もらしい修飾口調で表現される経済理論などの場合、特に十分注意してより疑い深くそれを再点検し良く検討すべきと思われるが、そのため必須と見るべきにもかかわらず、一般的になかなか気付き難い切り口と思われることについて触れてみる

AI‐IOT化、DX化がもたらすパラドクスである<『人間の壁』(『AI高度生産性Vs伝統労働生産性』の対峙がもたらす、生産性の決定的な大格差/CF.↓★)>の核心には、例えば「ハミルトンの原理(最小作用の原理、変分原理)」など<科学「知」の真理>に関わる解釈上の混乱が潜むと考えられる

★今や日本はAIロボ『人間の壁』経済(第4次産業・AI革命)に備えつつ“社会の茎”の発想による新しい形の「マクロ経済&金融」への展相が必須!https://toxandoria.hatenablog.com/entry/2019/09/02/124628

例えば、「ハミルトンの原理」(委細後述)が代表する物理・数学・科学的な諸法則がストレートに「大格差という断絶」(人間の壁)をもたらす訳ではない、もし仮にその可能性が些かでもあると思われる場合には、科学などは殆ど無縁と思いつつリアル日常で生きる一般のヒトであっても、安易に、その<自らの「視座の牢獄=“科学的”を謳う政治的・権力的な作為の空気に無関心である自らの“怠慢”な意識状態」>に留まるべきではないと考えるべきだ

むしろ、「健全な自由意思(精神)」を持つヒト(自然環境内における“選言論の意味で健全でかつ穏健な精神を持つ生物個体でもある!)は、敢然として生命(オミクス生命論)の論理を武器としつつ、その<科学的に過剰で胡散臭い“修飾(例えば、ミルトン・フリードマンが援用した重力理論のケースは只の修飾ではなく、Pseudo(作為)であった!)>と闘うべきだ。同時にそこでは「リアリズム倫理(Fiduciary)=地球上の自然(多様性)の最大限の尊重と殆ど同義」の忘却を許すべきではない 

<注>“選言論”について・・・これは既出だが、重要なので繰り返しておくと、それは「ヒトの周辺にある多様性に満ちた凡ゆるエトノス自然・生命・歴史・文化環境を言葉の意味に先行させて最重視する言語学上の立場」である。

・・・ 

それどころか、重力理論を援用した動学論である「科学的な市場原理主義」こそが「高度機械生産性Vs伝統労働付加価値」で生ずる大格差のジレンマを解消する唯一の方法であると主張したミルトン・フリードマンの如く、自らの狡猾な意図を巧妙に隠蔽しつつ最優先させて、『人間の壁』を、恰もそれこそが新自由主義的な民主主義への貢献の証だ!との倒錯的な論調へさへ狡猾に擦り変えてしまうようなことは、そもそもリアリズム倫理の観点からも許されるべきではない。そして、このことは「自然・人文両科学の垣根を越えた、広義の科学アカデミズムの軍事利用の問題(菅政権下における日本学術会議マターの見え透いた核心!)/Cf.↓◆」にも通底するものと理解すべきであろう。

97歳元会員、ネットで集めた6万人超の署名提出 学術会議任命拒否「不合理の極み」2021年4月19日 20時21分東京新聞https://www.tokyo-np.co.jp/article/99167

◆「科学が政治の召し使いになる」 学術会議問題、学者ら声明
2021年4月20日 20時07分 東京新聞共同通信https://www.tokyo-np.co.jp/article/99371

・・・

そのような観点からすれば、市場原理主義の“科学”的理論でノーベル経済学賞まで受けたミルトン・フリードマンの<主流経済学派の「Pseudoアカデミズム化」>ということへの重大な責任は、偏に、大自然の法則との適切な対峙に必須な何か(科学哲学上のetwas=科学そのもの)を冷静に凝視し、かつそれと共感し得るヒトとしてのDasein(ハイデガーの実存)を捨て去っていることに因るものだと見るべきだろう

それは、<冷静で客観的な知恵、特に“生命の土壌である自然環境と社会環境に広く遍く共鳴しつつ潜むと思われる暗黙知の意義!”と、”ヒトの生命、および内外に拡がるミクロ・マクロ空間という壮大な世界!”の両視座を絶えず忘れることがない、いわば地球の自然環境とヒトの文化の保証人(“変異の閾値”の保証人!/委細後述)たるリアリズム倫理(Fiduciary)の視座>を、いざぎよく皆諸共にゴッソリ葬り去ろうとする、極度に傲慢化した人間側の”誤った態度と心構え”にこそ大きな原因があると考えられるからだ。

従って、「ハミルトンの原理」は、マクロ・ミクロの自然界の「運動」について科学的(数学的・物性物理学的)」に、一応は普遍的・包括的に定式化できるかのように見えるものではあるが、安易にそのことを「伝家の宝刀」視して<善悪>あるいは<有意性の有無>ら諸価値に関わる価値観と直接接続しようとする(換言すれば、Fiduciaryにも勝る万能の価値判断の超然たる座標と見る)なら、それは決定的な誤りであろう(https://onl.tw/gkVrCaL

4 ハミルトンの原理(最小作用の原理、変分原理)を応用するため必須と見るべき「変異の閾値」の問題

(そもそもハミルトンの原理(最小作用の原理)とは?)

ハミルトン(Arthur Cayley:Sir William Rowan Hamilton/1821 - 1895)は19世紀のイギリスの数学者である。ラグランジュ運動方程式は古典力学系を記述するのに便利な運動方程式であるが、その中枢論理である『ラグランジュ関数 L の時間積分(時間当たりの変化量、つまり関数を時間で積分すること/↓*)』が最小になる(作用量という汎関数の時間積分が最小になる)、というのが「最小作用の原理」である力学以外の物理法則もこの形で書かれると考えられており、面白いのは量子物理学でも同じことになるということだ!(Cf.↓◆1)

画像10

・・・↑上の画像、Sir William Rowan Hamiltonはウイキより・・・

画像1

◆1 経路積分による量子力学と物性論における幾何学的位相(総合科目「物理と数学3」)東京大学大学院工学系研究科 物理工学 初貝安弘(現、筑波大学大学院教授) 
http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai/modules/pico/PDF/lectures/Hatsugai-Geom.pdf
・・・(参考)初貝研究室 筑波大学大学院数理物質科学研究科 物理学専攻、
http://rhodia.ph.tsukuba.ac.jp/~hatsugai/modules/pico/

画像7

<補足>経路積分とは・・・量子系で素粒子などの運動の様子を求める方法はいくつか存在するが、その一つとして経路積分(リチャード・P・ファインマンが考案した量子力学の理論手法)による方法。経路積分の数式では始点と終点を結ぶ経路は無数にかつ大域的にトポロジー(位相)分布しているが、それら無数の経路を計算上で合成すると求める結果(極値)となる。https://onl.tw/Xfmw9Zv

・・・以下は。[ハミルトンの原理]についての補足的な説明。・・・

・・・イギリスの数学者・物理学者のW・R・ハミルトンが1834年に与えた力学物理の原理。力学系の実現される運動は、運動の経過全体に関するある量が極値(極小値)になっているという条件によって特徴づけられていることを示した原理。この原理に基づいて運動を決定できるが、それはニュートンの運動方程式によるものと同等である後者は微分形式で時々刻々の運動をその直前の状態から因果的に決定するのに対し、この原理(ハミルトンの原理)は運動全体にわたる積分量に対して条件づけるので、あたかも運動が合目的的に起こっているような表現になっているのが特徴である。例えば、力が重力等ポテンシャルから導かれる場合、運動の始まりと終わりの時刻の間の経路に沿ってラグランジュ関数の値が定まりその時間積分が得られる。経路を仮想的に微少変化させるとこの積分値も変わる。ハミルトンの原理は、これらの積分値が実現される運動に対して極小値をとるということを述べた変分原理である。変分の際、独立な変分量のとり方によってラグランジュやハミルトンの方程式を導くことができ、また力学以外の物理法則もこの形に書かれるものがあり、包括的な定式化と考えられる。[参照/日本大百科全書(ニッポニカ) ]
https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86-116336

(“変分法最小作用の原理”の応用)

・・・外部環境条件等しだいで極値(一般的には最小値・最大値・プラトーを意味する)の有意性が変化する「最小作用の原理」(変分法)を工業技術(応用工学・情報工学/最適制御・電子デバイス・生体機能素子・etc)・社会工学(経済動学)等へストレートに応用するのは短絡!・・・

<事例と留意点>【外部環境条件等しだいで極値(最小値・最大値、停留値)の有意性が変化する最小作用の原理を工業技術(応用工学・情報工学/最適制御・電子デバイス・生体機能素子・etc)・社会工学(経済動学)等へストレートに応用するのは短絡!最小作用の原理では、力学系の運動は作用積分を最小にするような軌道に沿って実現されると主張する。しかし、この最小という言葉使いは誤解を招きやすく、例えば「調和振動子(単振動は調和振動ともよばれ調和振動をする質点やその他の力学系が調和振動子/https://onl.tw/Mw6ADav)の場合には時間範囲を半周期よりも大きくとると運動方程式が与える軌道は作用積分の極値となるものの最小ではない」ことが行列の固有値理論(自由度系の運動方程式)から容易に示せる。/日本応用数理学会 2020年研究部会連合発表会 2020年3月4日、https://na.cs.tsukuba.ac.jp/mepa/?page_id=1734

(変分原理/数学における最小作用の原理

変分原理(変分法/変分解析学)は「汎関数」(定義域が関数の集合であって、値域が実数または複素数の集合である)に対する微分(関数による関数の微分)のことである。例えば、関数(x)の実数値関数I(φ)を最小にする(x)を求めよ、という形の問題を解くのが変分法である。因みに、汎関数 は「関数(関数の集合)の関数」のことであるが、それは定義域が関数の集合であって、値域が実数または複素数の集合である。なお、値域とは、関数[数式]で[数式]が定義域内のすべての値をとるときの、[数式]の値全体のことを指す。

汎関数の値はそれが引数(外部パラメータ)としてとる関数によって変化する。事例を挙げると「フェルマーの定理」では、「光は目的地まで最短時間で到達できる進路を選ぶが、その光学的長さは間にある物質によって決まる」ことを述べており、これは力学系(『重力等のを影響を受ける)における最小作用の原理に対応する。(委細は、http://hooktail.sub.jp/mathInPhys/variations1/、https://onl.tw/VtgQkkgなどを参照乞う)。

以上から理解できるのは次のようなことではないか?と考えられる。

つまり、変分法(数学という抽象空間における最小作用の原理)そのものがニュートン力学系の重力の影響を受けることはあり得ないが、例えばそれが「プロローグ:"真の科学的とは何か?"を考えるための重要な視座/事例2」で取り上げた<極小曲面としての石けん膜>のケースのように、観察の対象が置かれたリアルな日常空間においては「変分原理(最小作用の法則)」といえども、周辺環境ないしは媒介物質(このケースでは水)ないしは重力などから何らか(様々な外部パラメータ)の影響を受けており、その結果として<一定の「変異の閾値」内での釣り合い>を表現するイメージや物理的な観測数値(リアル認識可能な)となって出現する、ということであろう

この点が分かれば、既にそのあり方に大いに疑義をはさみ、再三批判しつつ取り上げてきた「ミルトン・フリードマンの“重力理論(物理数学の論理)を援用した市場原理主義”なるもの」が如何に傲慢で高を括り(全人類を見くびり)、かつ人を食った代物たるPseudo(作為的)な経済理論であるか!がスッキリ理解できるのではないか。

余談になるが、フリードリヒ・ハイエクの核心にあるカタラクシー(自生的秩序論/Catalaxy)は、自然環境に内在する暗黙知(自然計算/委細後述)と市場原理を同一視するという誤謬に嵌ったのでは?と思われるが(そもそもはオーストリアン伝統のオミクス生命論的な発想だったと思われるが!/Cf.↓注)、究極的にはリバタリアニズム(完全自由原理)に因る「市場」万能主義、いわば流石のアダム・スミスも想定しなかった完全「市場原理=虚構の完全合理主義」なる<非リアル完全(超然?)抽象の世界(アプローチは異なるがミルトン・フリードマン同然の非現実的・非人間的世界!)>に回収されたと考えられる。

<注>市場には「自生的秩序」(spontaneous order)があると見て、ハイエクはそれをカタラクシー(Catalaxy)と名付けた(ハイエクの造語)。が、この「市場で何かが自生する」という見方はミーゼス(Ludwig H. E. von Mises/1881-1973/オーストリア=ハンガリー帝国出身の経済学者で現代の自由主義思想に大きな影響を及ぼした人物、ハイエクはその弟子の一人)の頃からオーストリアンの核心に明確な姿を現した伝統的な考え方であった。

・・・

しかも、もしそうだとすれば、「DXによるAI高度リーン生産性の時代」を喧伝し始めた今に至っても、未だにこれ(Pseudo(作為的)な経済理論(ミルトン・フリードマン、またはハイエクら)に因る市場原理主義と新自由主義/ネオリベラリズム)をまるで世界に吹き渡る神風の如く信奉し続ける現代の主流経済学派、およびそれを篤く支持する主流の政治権力者(民主主義か、独裁か?の体制の如何を問わず)たち、そして世界を主導する肝心の「今や時代遅れとさえ見える現下の“市場原理主義(新自由主義)”に取り憑かれた資本主義経済」の正体とは、一体、何なのだろうか?

その「現下の資本主義経済の正体」の全体像を更により精緻に見定めるのは当記事の手に余る問題であるが、全世界的な新コロナに関わる予想外の深刻化もなんのその!という有様で、今や「DX(デジタル・トランスフォーメーション)さえも貪欲に飲み込みつつあるミルトン・フリードマン流の新自由主義(市場原理主義/科学知に関わる、超然とした社会工学的な作為(Pseudo)の人災!)に感染し、その症状が激化した資本主義の暴走は止まることを知らずとなっており、ついには「民主主義そのもの」の危機が叫ばれるまでに至っている(↓★)。

★民主主義の危機(上)コロナ禍、弱み浮き彫りに:ヤシャ・モンク ジョンズ・ホプキンス大学准教授20210419日経/二極化(大格差・政治的分断)や停滞(弱者問題!?)放置すれば国家存続の危機!2021年4月19日 2:00 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71071890W1A410C2KE8000/

かくして、愈々、[(プロローグ)DX時代にこそ重視すべき【AI『人間の壁』とAI高度「リーン(lean)」生産性】の問題‐(2)AI高度「リーン(lean)」生産性を只の幻想で終わらせぬため必須となる二つの視点]でも触れた、【「変異の閾値/不均衡進化論」(古沢 満)と「リアリズム倫理/社会的共通資本」(宇沢弘文)の問題】が重用な課題であることになる。

 ・・・↓(2/2)へ続く・・・

https://toxandoria.hatenablog.com/entry/2021/05/03/103231

toxandoria.hatenablog.com